BTCCへ入金・送金する方法 | 手数料や反映時間も解説【パソコン・スマホアプリ】

BTCCへ入金・送金する方法 | 手数料や反映時間も解説【パソコン・スマホアプリ】
  • URLをコピーしました!

この記事には広告・プロモーションが含まれています。

初心者さん

・BTCCへ入金するにはどうすればいいですか?
・海外取引所からも送金できるの?
・入金手数料やおすすめの送金方法を教えて欲しい。

このような疑問にお答えします。

今回は海外取引所のBTCCへ入金・送金する方法について解説していきます。

BTCCで仮想通貨取引を始めるためには、口座へ資金(仮想通貨)を入金しておく必要があります。

そこで今回は、「BTCCへの入金手数料」や「おすすめの入金方法」を紹介します。

本記事を読めば、今すぐBTCCへ入金して取引を始められますよ。

ぜひ最後までお読みください。

なお、BTCCの特徴やメリット・デメリットについて知りたい方は、こちらの記事をお読みください。

あわせて読みたい
仮想通貨取引所BTCCとは?特徴や流動性とメリット・デメリットについて解説 ・BTCCってどんな特徴がある取引所なの?・デリバティブ(先物)取引とはどのような取引ですか?・BTCCを利用するメリットやデメリットを教えて欲しい。 このような疑問...

もし、まだBTCCの口座を持っていないという方は、こちらのボタンから先に口座の開設をしておきましょう。

\新規口座開設で10USDTのボーナスGET

BTCCで口座を開設する手順は、こちらの記事で詳しく解説しています。

あわせて読みたい
【スマホで3分】BTCCの口座開設・本人確認手順を解説【お得なキャンペーン情報あり】 ・BTCCの口座開設って難しいのかな?・スマホから口座を開設できますか?・口座開設後にやっておくことを教えて欲しい。 今回は、海外の仮想通貨取引所「BTCC」の口座を...

本記事の内容

  • BTCCへの入金方法
  • BTCCの入金手数料とおすすめの送金方法
  • 国内・海外取引所からBTCCへ仮想通貨を入金する手順
  • 入金した仮想通貨をテザー(USDT)に交換する方法
プロフィール
ダイチ

プロフィール

こんな人が書いています

  • 300万円以上の仮想通貨を運用中
  • 運用利回りやBCGで月10万円以上の副収入を継続中
  • 複数ブログを運営し最高月収6桁を達成
目次

BTCCへの入金方法

まずは、BTCCへの入金方法について解説します。

BTCCでは以下の入金方法に対応しており、どちらかお好きな方法で入金することができます。

BTCCへの入金方法
  1. 仮想通貨での入金
  2. クレジットカード・Apple payでの入金

1つずつ順番に解説します。

①仮想通貨での入金

1つ目の入金方法は、仮想通貨で入金する方法です。

外部の「仮想通貨取引所」や「Webウォレット」からBTCCの口座へ仮想通貨を送金することで入金できます。

現在、BTCCでは以下の仮想通貨の預け入れに対応しています。

BTCETHUSDT
USDTUSDCADA
LTC

これらの仮想通貨をお持ちの方であれば、BTCCへ送金するだけですぐに取引を始めることができます。

なお、本記事では「仮想通貨取引所」から送金する手順を紹介します。

Webウォレット(MetaMask)からの送金手順は別の記事で詳しく解説します。現在執筆中ですので、今しばらくお待ちください。

②クレジットカード・Apple payでの入金

2つ目の入金方法は、クレジットカード・Apple payで入金する方法です。

現在、BTCCでは以下の決済サービスによる入金に対応しています。

対応の決済サービス
  • クレジットカード(Visa・Master Card / JCBカード)
  • Apple pay(※スマホアプリのみ)

これらの決済サービスを使って「USDT」を購入し、購入した「USDT」がBTCCの口座に反映されます。

最低購入額は200USDTからとなっていますが、現在BTCCでは「口座開設30日限定入金ボーナスキャンペーン」を実施しており、口座開設後30日以内に限り、200USDTの購入(=入金)で10USDTのボーナスを獲得できます。

なお、購入の際にBTCC側の手数料はかかりませんが、外部プロバイダーの手数料は発生するので注意してください。

BTCCの入金手数料とおすすめの送金方法

ここからはBTCCの入金手数料とおすすめの送金方法について解説します。

先に結論からお伝えすると、BTCCへ入金するおすすめの方法は「ビットフライヤーから仮想通貨のリップル(XRP)を送金する方法」です。

また、仮想通貨での送金であれば口座へ即時反映されるので、すぐに取引を開始できるというメリットがあります。

BTCCへの入金手数料は無料

BTCCでは、仮想通貨を口座へ入金する際の手数料は「無料」に設定されています。

そのため、国内や海外の取引所からBTCCへ仮想通貨を送金することで、入金時の手数料を安く抑えることができます。

現時点で、BTCCへ入金可能な仮想通貨と手数料は以下のとおりです。

スクロールできます
シンボルコイン入金手数料最低入金額
BTC00.0001 BTC
ETH00.005 ETH
XRP02 XRP
USDT-ERC2002 USDT
USDT-OMNI02 USDT
USDT-TRC2002 USDT
USDC-ERC2002 USDC
USDC-TRC2002 USDC
ADA02 ADA
LTC00.01 LTC
BTCCへ入金可能な仮想通貨と手数料

この中でもできるだけ送金手数料が安い仮想通貨を選ぶことが、お得にBTCCへ入金するポイントです。

BTCCへ送金する際におすすめの方法

先ほどもお伝えしたように、BTCCへ送金する際におすすめの仮想通貨は「リップル(XRP)」です。

理由としては、リップル(XRP)には「送金の反映時間が速く、送金時の手数料も安い」という特徴があるからですね。

送金手数料の安さは、ビットフライヤーで他の通貨を送金する際の手数料と比較しても一目瞭然です。

スクロールできます
通貨名送金手数料円換算参考価格(2022年11月2日時点)
ビットコイン(BTC)0.0004 BTC約1,200円約3,000,000円 / 1BTC
イーサリアム(ETH)0.005 ETH約1,170円約234,000円 / 1ETH
リップル(XRP)無料無料約68円 / 1XRP
ビットフライヤーの送金手数料(一部抜粋)

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)を送金する場合1,000円以上の手数料が必要ですが、リップル(XRP)であれば送金手数料は「無料」です。

つまり、「入金・送金のどちらも手数料無料」なので、この方法であれば、一切手数料を取られることなくBTCCへ送金できるというわけです。

また、ビットフライヤーでは「bitFlyer Lightning」という売買ツールでリップル(XRP)を購入できるため、一般的な販売所で購入するよりも取引時の手数料が安くなります。

そのため、BTCCへ入金する際は「ビットフライヤーからリップル(XRP)を送金」する方法をおすすめします。

国内取引所からBTCCに送金する準備

具体的なBTCCへの入金手順を解説する前に、事前に準備することを確認しておきましょう。

ビットフライヤーからBTCCへリップル(XRP)を送金する準備は以下のとおりです。

ビットフライヤーからBTCCへ送金する準備
  1. ビットフライヤーで口座を開設する
  2. ビットフライヤーで「XRP」を購入する

1つずつ順番に解説していきます。

なお、既に上記の準備ができているという方は、以下のリンクから送金方法へジャンプしてください。

>> ビットフライヤーのスマホアプリからBTCCに入金する方法を確認する

>> パソコン版のビットフライヤーからBTCCに入金する方法を確認する

①ビットフライヤーで口座を開設する

まずは国内取引所の「ビットフライヤー」で口座を開設しましょう。

仮想通貨取引所の口座開設には「半日~1日程度の審査時間」があるため、先に申込みしておくと余計な待ち時間を減らせます。

ビットフライヤーの口座開設は、以下のボタンから全てオンライン完結・最短20分ほどで申し込みできます。

\ 無料で最短10分!スマホでもOK /

\ 口座開設前に読んでください /

今なら口座開設時に招待コード「psy0xuqf」を入力するだけで、

ビットコイン1,000円分がもらえるキャンペーン中です。

24時間以内にもらえるので、忘れずに入力してサクッと受け取りましょう。
※上記のボタンからのみ有効なので、お間違いないようにご注意ください。

ビットフライヤーの口座開設手順は、こちらの記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
【画像で分かる】ビットフライヤーの口座開設手順を詳しく解説(PC版) ・ビットフライヤーの口座開設って簡単にできるのかな?・事前に準備しておくものがあれば教えて欲しい。 このような疑問にお答えします。 今回は、ビットフライヤーの...

②ビットフライヤーで「XRP」を購入する

ビットフライヤーで口座を開設できたら、仮想通貨のリップル(XRP)を購入しましょう。

購入した「XRP」をBTCCへ送金して、基軸通貨の「USDT」と交換します。

「XRP」の購入には資金として日本円が必要になるので、まずは以下の記事を参考にしてビットフライヤーに日本円(JPY)を入金しておきましょう。

あわせて読みたい
【スマホで簡単】ビットフライヤーへの入金方法と出金のやり方を解説(PayPay銀行版) ・ビットフライヤーへの入金方法が分かりません。・日本円を出金するにはどうすればいいの? このような疑問にお答えします。 今回は、ビットフライヤーへの「日本円の...

日本円を入金できたら、ビットフライヤーでリップル(XRP)を購入します。

ビットフライヤーでは「販売所」と「取引所」でリップル(XPR)を購入できますが、取引所(bitFlyer Lightning)で購入する方が取引手数料が安くなります。

取引所(bitFlyer Lightning)を使った購入手順は以下の記事で解説していますので、参考にしつつ「XRP」を購入しましょう。

ビットフライヤーで仮想通貨を購入する方法は、こちらの記事をお読みください。

あわせて読みたい
ビットフライヤーで仮想通貨のおすすめの買い方を解説【bitFlyer Lightning】 ・ビットフライヤーで仮想通貨を購入するにはどうしたらいいの?・おすすめの買い方があれば教えて欲しい。 このような疑問にお答えします。 仮想通貨を購入する際は「...

それでは、ここからは実際にビットフライヤーからBTCCに入金する手順について解説していきます。

今回は例としてリップル(XRP)を送金する手順を紹介しますが、ビットコイン(BTC)など他の仮想通貨を送金する場合も全体の流れは同じになります。

まずは「スマホ」での手順を紹介するので、「パソコン(Webブラウザ)」から操作したい方は、以下のリンクからパソコン版の手順にジャンプしてください。

>> パソコン版のビットフライヤーからBTCCに入金する方法を確認する

ビットフライヤーからBTCCへ送金する手順は以下のとおりです。

ビットフライヤーからBTCCに「XRP」を入金する手順
  1. BTCCで入金アドレスとタグを確認
  2. ビットフライヤーにBTCCの入金アドレスを登録
  3. ビットフライヤーで送金手続き

1つずつ順番に解説していきます。

手順①:BTCCで入金アドレスとタグを確認

まずはBTCCの「入金アドレス」を確認しましょう。

BTCCのスマホアプリにログインし、「仮想通貨預入」をタップします。

「XRP」をタップします。

「Ripple」をタップします。

「確認する」をタップします。

XLMの「入金アドレス」が表示されます。

入金アドレスの下に「タグ」も表示されています。

これでBTCCの「入金アドレス」と「タグ」を確認できました。

XLMの送金には「入金アドレス」と「タグ」が必要になるので、この画面を開いたまま次の手順に進んでください。

手順②:ビットフライヤーにBTCCの入金アドレスを登録

次は、ビットフライヤーにBTCCの入金アドレスを登録します。

ビットフライヤーのアプリにログインし、画面の下にある「入出金」をタップします。

「仮想通貨」をタップします。

仮想通貨の一覧から「リップル(XRP)」をタップします。

「出金」をタップします。

「外部リップル(XRP)アドレス登録」をタップします。

登録しているアドレス宛に確認メールが送信されるので、メーラーを開いて確認してください。(Gmailをご利用の方方は「Gmailを起動する」をタップします)

以下のようなメールが届くので、本文中にある「URL」をタップします。

ビットフライヤーのアプリが立ち上がるので、まずは「ラベル」を入力します。

ラベルは登録したアドレスを管理するための名前なので、お好きな名前を付けてください。(今回は「BTCC」と入力しました)

次に「リップル(XRP)アドレス」を入力します。

一度、BTCCのアプリに戻り「アドレスをコピーする」をタップします。

「入金アドレス」がコピーされるので、先ほどのアドレス欄にペーストしてください。(手打ちすると間違える可能性があるため、必ずコピペしてください)

続いて「宛先タグ」を入力します。

再度、BTCCのアプリに戻り「タグをコピー」をタップします。

「タグ」がコピーされるので、先ほどの宛先タグ欄にペーストしてください。(手打ちすると間違える可能性があるため、必ずコピペしてください)

アドレスとタグを入力できたら「次へ」をタップします。

「お客様本人以外」をタップします。

「法人」をタップします。

受取人の法人名を入力します。以下の内容をそのまま各項目にコピペしてください。

受取人の法人名:BTCC
受取人の法人名(フリガナ):ビーティーシーシー
受取人の法人名(アルファベット):BTCC

受取人の法人名を入力できたら「次へ」をタップします。

「投資先」をタップします。

「海外取引所」をタップします。

取引所の一覧から「その他」をタップします。

取引所名の入力画面が表示されるので「BTCC」と入力します。

入力できたら「保存」をタップします。

続いて、「国地域」をタップします。

国地域の一覧から「リトアニア」をタップします。

画像では「イギリス」を選択していますが、カスタマーサポートに確認したところ、正式には「リトアニア」が正しいとのことです。

「次へ」をタップします。

入力内容を確認し、画面を下にスクロールします。

「プライバシーポリシー・利用規約」の同意にチェックを入れます。

「保存」をタップします。

赤枠で囲んだ箇所にGoogle認証アプリで生成された「6桁の認証コード」を入力します。

Google認証アプリを起動して、ビットフライヤーの認証コードをタップします。

認証コードがコピーされます。

ビットフライヤーのアプリに戻って認証コードをペーストし、「完了」をタップします。

画面上部に「保存しました」と表示されたらOKです。

これでビットフライヤーにBTCCの入金アドレスを登録できました。

手順③:ビットフライヤーで送金手続き

入金アドレスの登録ができたら、最後にビットフライヤーから送金手続きをしましょう。

先ほど登録した「BTCCの送金アドレス」をタップします。

出金するリップル(XRP)の数量を入力します。

数量を入力できたら、右上にある「出金」をタップします。

出金内容を確認し、画面を下にスクロールします。

「出金」をタップします。

赤枠で囲んだ箇所にGoogle認証アプリで生成された「6桁の認証コード」を入力します。

認証コードを入力できたら、右上にある「完了」をタップします。

これで送金手続きは完了です。「閉じる」をタップして画面を閉じます。

しばらく待つと、ビットフライヤーから以下のようなメールが届きます。

入金が完了すると、BTCCからも入金のお知らせメールが届きます。

BTCCのアプリで残高を確認すると、先ほど送金したリップル(XRP)が入金されているのを確認できます。

これでビットフライヤーからBTCCへ入金することができました。

続いて、パソコン版(Webブラウザ)のビットフライヤーからBTCCに入金する手順について解説していきます。

今回は例としてリップル(XRP)を送金する手順を紹介しますが、イーサリアム(ETH)など他の仮想通貨を送金する場合も全体の流れは同じになります。

ビットフライヤーからBTCCへ送金する手順は以下のとおりです。

ビットフライヤーからBTCCに「XRP」を入金する手順
  1. BTCCで入金アドレスとタグを確認
  2. ビットフライヤーにBTCCの入金アドレスを登録
  3. ビットフライヤーで送金手続き

1つずつ順番に解説していきます。

手順①:BTCCで入金アドレスとタグを確認

まずはBTCCの「入金アドレス」を確認しましょう。

BTCCにログインし、上部メニューの「入金」から「コイン預入」をクリックします。

預け入れる仮想通貨を選択するので、赤枠で囲んだ箇所をクリックします。

「XRP」をクリックします。

「わかりました」をクリックします。

XRPの「入金アドレス」と「アドレスタグ」が表示されます。

これでBTCCの「入金アドレス」と「アドレスタグ」を確認できました。

XRPの送金には「入金アドレス」と「アドレスタグ」が必要になるので、この画面を開いたまま次の手順に進んでください。

手順②:ビットフライヤーにBTCCの入金アドレスを登録

次は、ビットフライヤーにBTCCの入金アドレスを登録します。

ビットフライヤーにログインし、左側のメニューから「入出金」をクリックします。

「リップル(XRP)」をクリックします。

「送付」をクリックします。

「アドレスを登録する」をクリックします。

登録しているアドレス宛に確認メールが送信されるので、メーラーを開いて確認してください。

以下のようなメールが届くので、本文中にある「URL」をクリックします。

新規ウィンドウでビットフライヤーが開くので、赤枠で囲んだ箇所にGoogle認証アプリで生成された「認証コード」を入力します。

「次へ」をクリックします。

外部アドレスの登録画面が開くので、まずは「ラベル」を入力します。

ラベルは登録したアドレスを管理するための名前なので、お好きな名前を付けてください。(今回は「BTCC」と入力しました)

次に「リップル(XRP)アドレス」を入力します。

一度、BTCCのページに戻り、入金アドレスの横にある「コピー」をクリックします。

「入金アドレス」がコピーされるので、先ほどのアドレス欄にペーストしてください。(手打ちすると間違える可能性があるため、必ずコピペしてください)

続いて「宛先タグ」を入力します。

再度、BTCCのページに戻り、アドレスタグの横にある「コピー」をクリックします。

「アドレスタグ」がコピーされるので、先ほどの宛先タグ欄にペーストしてください。(手打ちすると間違える可能性があるため、必ずコピペしてください)

アドレスと宛先タグを入力できたら「次へ」をクリックします。

「お客様本人以外」をクリックします。

「法人」をクリックします。

受取人の法人名を入力します。以下の内容をそのまま各項目にコピペしてください。

受取人の法人名:BTCC
受取人の法人名(フリガナ):ビーティーシーシー
受取人の法人名(アルファベット):BTCC Inc.

続いて、赤枠で囲んだ箇所をクリックし、「受取人との関係性」を選択します。

「投資先」を選択します。

「海外取引所」をクリックします。

赤枠で囲んだ箇所をクリックし、「送付先取引所名」を選択します。

取引所の一覧から「その他」を選択します。

取引所名の入力欄が表示されるので「BTCC」と入力します。

続いて、赤枠で囲んだ箇所をクリックし、「送付先の国地域」を選択します。

国地域の一覧から「リトアニア」をタップします。

画像では「イギリス」を選択していますが、カスタマーサポートに確認したところ、正式には「リトアニア」が正しいとのことです。

「プライバシーポリシー・利用規約」の同意にチェックを入れます。

「追加する」をクリックします。

ビットフライヤーから以下のようなメールが届き、新規外部アドレスが登録されます。

これでビットフライヤーにBTCCの入金アドレスを登録できました。

手順③:ビットフライヤーで送金手続き

入金アドレスの登録ができたら、最後にビットフライヤーから送金手続きをしましょう。

先ほど登録した「BTCCの送金アドレス」をクリックします。

出金するリップル(XRP)の数量を入力します。

数量を入力できたら、「送付する」をクリックします。

内容を確認し、「送付を確定する」をクリックします。

赤枠で囲んだ箇所にGoogle認証アプリで生成された「認証コード」を入力します。

認証コードを入力できたら、「認証する」をクリックします。

これで送金手続きは完了です。

しばらく待つとBTCCからメールで入金のお知らせが届くので、実際に反映されているか確認しましょう。

BTCCにログインし、上部メニューの「マイページ」から「残高」をクリックします。

先ほど送金したリップル(XRP)が入金されているのを確認できます。

これでビットフライヤーからBTCCへの入金は完了です。

海外取引所からBTCCへ入金する方法

続いて、海外取引所からBTCCへ入金する方法について解説していきます。

今回は例として「Bybit(バイビット)からBTCCへ送金する手順」を紹介しますが、BINANCE(バイナンス)など他の海外取引所から送金する場合も全体の流れは同じになります。

なお、既に海外取引所を利用されている方は初心者ではないと思いますので、仮想通貨の購入手順などは省かせていただきます。

また、バイビットはテザー(USDT)の取り扱いがある取引所なので、今回は「USDT」をBTCCへ入金する手順を紹介します。

バイビットからBTCCへの送金手順は以下の2ステップです。

バイビットからBTCCに「USDT」を入金する手順
  1. BTCCで入金アドレスを確認
  2. Bybit(バイビット)で送金手続き

それでは、順番に1つずつ解説していきます。

手順①:BTCCで入金アドレスを確認

まずはBTCCの「入金アドレス」を確認しましょう。

BTCCのスマホアプリにログインし、「仮想通貨預入」をタップします。

「USDT」をタップします。

「USDT-TRC20」をタップします。(「USDT-ERC20」でも送金は可能ですが、今回は手数料が安い「USDT-TRC20」で送金します)

USDT-TRC20の「入金アドレス」が表示されます。

これでBTCCの入金アドレスを確認できました。

こちらの「入金アドレス」は後ほど使用するので、この画面を開いたまま次の手順に進んでください。(USDTの送金には「タグ」は必要ありません)

手順②:Bybit(バイビット)で送金手続き

続いて、Bybit(バイビット)から送金手続きをしていきます。

バイビットのスマホアプリを立ち上げたら、右下にある「資産」をタップします。

「現物」をタップします。

仮想通貨の一覧から「USDT」をタップします。

「出金」をタップします。

以下のような画面になるので、赤枠で囲んだ箇所にBTCCの「入金アドレス」を入力します。

一度、BTCCのアプリに戻り「アドレスをコピーする」をタップします。

「入金アドレス」がコピーされるので、先ほどのアドレス欄にペーストしてください。(手打ちすると間違える可能性があるため、必ずコピペしてください)

続いて「ネットワーク」をタップします。

「TRC20」を選択します。(入金側と同じネットワークを選択しないと資金を失う可能性があるので注意してください)

続いて、送金する金額を入力します。(全額を送金する場合は「すべて」をタップしてください)

送金する金額を入力できたら「出金」をタップします。

以下のような画面になるので、赤枠で囲んだ「コードを取得」をタップします。

以下の画面が表示されるので、スライダーを右に動かしてパズルを完成させてください。

「認証コード」が発信されます。

バイビットから以下のメールが送られてくるので、赤枠で囲んだ箇所にある「6桁の数字」をコピーします。

コピーした「認証コード」をEメール認証コード欄にペーストします。

続いて、Google認証アプリで生成された「6桁の認証コード」を入力します。

2つの認証コードを入力できたら「同意する」をタップします。

画面上部に「提出完了」と表示されたらOKです。

以下の画面が表示されるので「出金履歴」をタップして確認しましょう。

以下のように履歴に反映されていればOKです。

また、タップすると履歴の詳細を確認できます。

しばらく待つと、バイビットから出金完了のお知らせメールが届きます。

入金が完了すると、BTCCからも入金のお知らせメールが届きます。

BTCCのアプリを立ち上げて、右下にある「資産」をタップします。

先ほど送金した「USDT」が入金されているのを確認できます。

これでバイビットからBTCCへ入金することができました。

BTCCへ入金した仮想通貨をUSDTへ交換する方法

BTCCで先物取引を行う際は、基本的に「USDT」を使用します。

そのため、USDT以外の仮想通貨でBTCCへ入金した場合、まずはUSDTと交換しておきましょう。

BTCCでは「トレード機能」という仮想通貨の交換サービスがあり、手数料無料で仮想通貨を交換することができます。

今回は「リップル(XRP)」を「USDT」に交換する手順をスマホ・パソコンの両方で解説します。

スマホアプリからUSDTに交換する方法

まずはスマホアプリからUSDTに交換する方法を紹介します。

BTCCのアプリを立ち上げて「交換する」をタップします。

赤枠で囲んだ箇所をタップし、「両替前の仮想通貨」を選択します。

「XRP」を選択します。

両替後の仮想通貨が「USDT」になっていることを確認し、交換金額を入力します。(直接数値を入力するか、下にある「25%~100%」を選択します)

交換金額を入力できたら、「見積もりを取得」をタップします。

両替後の枚数が表示されるので、問題なければ「交換を確認する」をタップします。

「交換成功」と表示されたら交換は完了です。

「履歴を見る」をタップすると、交換履歴を確認できます。

以下のように交換履歴に反映されているのを確認できます。

これで「XRP」を「USDT」に交換できました。

パソコンからUSDTに交換する方法

続いて、パソコン(Webブラウザ)からUSDTに交換する方法を紹介します。

BTCCにログインし、上部メニューの「入金」から「コイン交換」をクリックします。

赤枠で囲んだ箇所をタップし、「両替前の仮想通貨」を選択します。

「XRP」を選択します。

両替後の仮想通貨が「USDT」になっていることを確認し、交換金額を入力します。(直接数値を入力するか、下にある「25%~100%」を選択します)

交換金額を入力できたら、「見積もりを取得」をクリックします。

両替後の枚数が表示されるので、問題なければ「交換を確認します」をクリックします。

「コイン交換が完了しました!」と表示されたら交換は完了です。

「交換履歴を見る」をクリックして確認してみましょう。

以下のように交換履歴に反映されているのを確認できます。

これで「XRP」を「USDT」に交換できました。

BTCCへの入金に関するよくある質問

それでは最後に、BTCCへの入金に関するよくある質問にお答えします。

BTCCを日本から利用しても大丈夫ですか?

現時点では日本人によるBTCCの利用は法律違反ではなく、日本人の新規登録も停止していません。

ですが、今後法律が変わり利用できなくなる可能性はあります。

BTCCへの入金が反映されるまでの時間はどれくらいですか?

送金時点でのネットワークの混雑状況にもよりますが、約5分程度で入金は反映されます。

今回のケースでは約3分ほどで入金されました。

ただし、リップル(XRP)は送金に特化した仮想通貨なので、それ以外の仮想通貨を送金する場合は、もう少し時間がかかることもあります。

MetaMask(メタマスク)から送金できますか?

はい。MetaMask(メタマスク)からBTCCの口座へ入金することも可能です。

メタマスクからBTCCへ入金(送金)する方法については、こちらの記事をお読みください。

あわせて読みたい
BTCCとMetaMask(メタマスク)間で仮想通貨を送金する方法を解説 ・メタマスクからBTCCへ送金する方法が分かりません。・BTCCからメタマスクへの送金方法が知りたい。・送金手数料やお得に送金する方法を教えて欲しい。 このような疑問...
USDTを送金する際はどのネットワークを使えばいいですか?

海外取引所からテザー(USDT)を送金する場合は、手数料の安い「USDT-TRC20」を利用するのがおすすめです。

ただし、手数料は常に変動しているので、送金する前に必ずご自身で手数料を確認するようにしてください。

BTCCから出金する際におすすめの通貨はどれですか?

BTCCは日本円(JPY)での出金には対応していないため、一度国内の取引所へ仮想通貨を送金し、国内取引所で日本円に換金する必要があります。

送金に使用する仮想通貨はリップル(XRP)がおすすめです。

理由としては「送金コストが安い」こと加えて「主要な国内取引所で取扱いがある通貨」だからです。

ただし、相場が不安定な時は、送金中に値動きの影響を受ける場合があるので注意してください。

まとめ:BTCCへは国内・海外どちらの取引所からも入金できる

今回は、BTCCへの入金・送金方法について解説しました。

最後に本記事の内容をおさらいしておきます。

本記事の要点

  • BTCCへは「仮想通貨の送金」と「クレジットカードでの購入」で入金できる
  • 国内取引所から送金する際は「XRP」を利用するのがおすすめ
  • 海外取引所からは直接「USDT」を入金できる
  • 入金後の仮想通貨は無料で「USDT」に交換できる

はじめて海外取引所へ送金する際は不安もあるかと思いますが、実際にやってみると、それほど難しい作業ではありません。

仮想通貨投資は「買い時を逃さない」ことが大事なので、本記事で紹介した方法を参考にして、いつでもBTCCへ入金できるようにしておきましょう。

もし、まだBTCCの口座を持っていないという方は、こちらのボタンから約3分ですぐに口座を開設できます。

\新規口座開設で10USDTのボーナスGET

また、お得にBTCCへ仮想通貨を送金できるビットフライヤーは、こちらのボタンから申し込みできます。

\ 無料で最短10分!スマホでもOK /

\ 口座開設前に読んでください /

今なら口座開設時に招待コード「psy0xuqf」を入力するだけで、

ビットコイン1,000円分がもらえるキャンペーン中です。

24時間以内にもらえるので、忘れずに入力してサクッと受け取りましょう。
※上記のボタンからのみ有効なので、お間違いないようにご注意ください。

また、BTCCでは2022年11月18日より新たに「ファントークン」や「トークン化株式・コモディティ取引」の提供を開始しました。

これによって、より一層取引の幅が広がり、仮想通貨市場だけに投資するリスクを軽減できます。

BTCCのファントークンやトークン化株式・コモディティ取引については、こちらの記事をお読みください。

あわせて読みたい
【W杯で高騰】BTCCのファントークンやトークン化株式・コモディティ取引を解説【安全な取引所】 ・BTCCに上場するファントークンってなんですか?・トークン化株式・コモディティ取引について教えて欲しい。・そもそもBTCCって安全な取引所なの? このような疑問にお...

今回は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

仮想通貨のミカタでは、「仮想通貨やDeFiに関する情報を初心者の方にも分かりやすく」発信しています。

これからも有益な情報をお届けできるように頑張っていきますので、応援していただけると嬉しいです。

この記事が参考になったら、ぜひシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次