キャプテン翼RIVALSのNFTをお得に購入する方法|選手カードの買い方・選び方を解説!

キャプテン翼RIVALSのNFTをお得に購入する方法|選手の買い方・選び方を解説!
  • URLをコピーしました!

この記事には広告・プロモーションが含まれています。

初心者さん

・キャプテン翼RIVALSを始めたいです。
・NFT(選手カード)をお得に購入できないかな?
・どんなNFT(選手カード)を選んだらいいの?

このような疑問にお答えします。

本記事の内容

  • キャプテン翼RIVALSのNFT(選手カード)をお得に買う方法
  • キャプテン翼RIVALSのNFT(選手カード)を購入する手順
  • キャプテン翼RIVALSのNFT(選手カード)の選び方

今回は、キャプテン翼RIVALSのNFT(選手カード)をお得に購入する方法について解説していきます。

この記事を読めば、「仮想通貨を触ったことがない」という初心者の方でも、迷うことなくキャプテン翼RIVALSのNFT(選手カード)を購入できますよ。

当記事では、他のサイトやブログで推奨している方法よりもお得にNFT(選手カード)を購入できる方法を紹介しています。

また、記事の後半では選手カードの選び方」も解説しているので、ぜひ最後までお読みください。

なお、キャプテン翼RIVALSでNFTを購入したり、稼いだ仮想通貨TSUBASAUTを換金するためには「仮想通貨取引所の口座」が必須になります。

口座開設には半日~1日程度の審査時間がかかるので、先に申し込みを済ませておきましょう。

\手数料に関する大事なお知らせ /

仮想通貨を『販売所』で購入すると最大で5%ほど手数料で損してしまいます。

(たとえば…5万円分を購入すると手数料だけで2,500円の損になる)

有名なコインチェックでは、ほとんどの仮想通貨を『販売所』でしか購入できません。

損せずに仮想通貨を買うなら『取引所』で購入できるビットフライヤーがおすすめです。

\無料で最短10分!スマホでもOK /

\ 口座開設前に読んでください /

今なら口座開設時に招待コード「psy0xuqf」を入力するだけで、

ビットコイン1,000円分がもらえるキャンペーン中です。

24時間以内にもらえるので、忘れずに入力してサクッと受け取りましょう。
※上記リンクまたはボタンからのみ有効なので、お間違いないようにご注意ください。

プロフィール
ダイチ

プロフィール

こんな人が書いています

  • 300万円以上の仮想通貨を運用中
  • 運用利回りやBCGで月10万円以上の副収入を継続中
  • 複数ブログを運営し最高月収6桁を達成
目次

キャプテン翼RIVALSの遊び方・稼ぎ方

キャプテン翼RIVALSは、プレイすることで仮想通貨を稼げるBCG(ブロックチェーンゲーム)です。

ゲーム自体の戦略性の高さと「稼げる」という評判から新規ユーザーがどんどん増えています。

ダイチ

「歩かないSTEPN」とも呼ばれていますね。

日本の有名マンガを題材にしているため日本人ユーザーも多く、TwitterやDiscodeなどで日々攻略法が議論され盛り上がりを見せていますよ。

キャプテン翼RIVALSで稼ぐにはNFT(選手カード)が必要

キャプテン翼RIVALSで稼ぐためには「選手カード」のNFTが最低1枚以上は必要になります。

NFTはゲーム内のマーケットプレイスで取引されているので、そこで好きな選手カードを購入できますよ。

そして、選手カードを保有すると「ライバルモード」というモードで遊べるようになります。

ライバルモードは挑戦するステージを選択して原作に登場するライバルたちと対決し、報酬として仮想通貨のTSUBASAUTを獲得できるモードです。

このライバルモードをプレイして、TSUBASAUTを獲得するのがキャプテン翼RIVALSでの主な稼ぎ方ですね。

※2023年3月中には「PvPモード(他のユーザーと対戦するモード)」も実装される予定です。

NFT(選手カード)の枚数とEnergy最大値の関係

キャプテン翼RIVALSには「Energy」という要素があります。

ライバルモードをプレイする際は、選んだステージに応じてユーザーのEnergyが消費され、Energyが不足している状態ではゲームをプレイできません。

ユーザーの持つEnergyは、以下のように保有する選手の数に応じて最大値が決まります。

保有選手の数Energy最大値
1~22
3~84
9~149
15~2915
3021
NFT(選手カード)の枚数とEnergy最大値

なお、Energyは6時間ごとに最大値の25%ずつ回復し、24時間で最大値まで回復します。

ダイチ

Energy最大値が「4」の場合は、6時間ごとに1ずつ回復するイメージです。

つまり、Energyの最大値が多いほど1日にプレイできる回数が増えるため、より多くのTSUBASAUTを獲得できるというわけですね。

NFT(選手カード)のフィジカルコンディションに注意

ライバルモードで対戦に使用した選手カードは「フィジカルコンディション」が低下します。

フィジカルコンディションが一定以上に低下すると獲得できるTSUBASAUTの量が減ってしまうので、定期的にTSUBASAUTを支払ってリフレッシュする必要があります。

ただ、リフレッシュに必要なコストはリフレッシュ回数が多いほど高くなってしまいます。

選手のレアリティリフレッシュに必要なコスト
Common130TSUBASAUT × リフレッシュ回数
Uncommon160TSUBASAUT × リフレッシュ回数
Rare220TSUBASAUT × リフレッシュ回数
選手カードのリフレッシュコスト

なので、どれだけ稼げる選手カードでも、いずれは獲得できるTSUBASAUTよりもリフレッシュコストの方が高くなってしまうため、ずっと稼ぎ続けることはできません。

そこで、継続してゲームをプレイするためには以下の選択肢があります。

  • 新しいNFT(選手カード)を購入する
  • ミントして新しいNFT(選手カード)を生み出す

前者の「新しいNFT(選手カード)を購入する場合」は、当然ですが追加投資になってしまいます。

ですが、後者の選手カード同士をミントすることで新しい選手カードを生み出す方法であれば、TSUBASAUTを使ってミントするので追加投資は必要ありません。

そのため、長期的にキャプテン翼RIVALSをプレイして稼ぎたいという方は、選手カード3枚以上でスタートすることがおすすめですよ。

キャプテン翼RIVALSのNFT(選手カード)をお得に購入するには?

キャプテン翼RIVALSのプレイには選手カードが必要だと分かったところで、ここからはNFTのお得な買い方について解説していきます。

他のサイトやブログで紹介している方法よりもお得に購入できるので、選手カード3枚以上で始めようと思っている方には特におすすめの方法です。

それでは、早速やり方を解説していきますね。

NFT購入にはPolygonチェーンのMATICが必要

まず、キャプテン翼RIVALSでは2つの仮想通貨を使用します。

  • MATIC:NFT(選手カード)の購入に使用する
  • TSUBASAUT:選手カードのレベルアップやリフレッシュに使用する

このうちNFT(選手カード)の購入に使用するのは「MATIC」の方になります。

このMATICですが、実は複数のブロックチェーンネットワークに対応している仮想通貨で、キャプテン翼RIVALSで使用できるのは「PolygonチェーンのMATIC」のみです。

ダイチ

他のチェーンでMATICを送金すると消滅してしまうので注意してくださいね。

国内の仮想通貨取引所でPolygonチェーンのMATICを購入できるのは「BITPoint」と「SBI VCトレード」の2社だけで、だいたい他のサイトやブログでは、どちらかで購入することを推奨していると思います。

ただし、どちらの取引所もMATICを「販売所」でしか購入できないので、かなり手数料が高額になってしまいます。

仮想通貨取引には「販売所」と「取引所」があり、一般的に「販売所」の方が手数料が高くなります。

では、具体的にどれぐらい手数料が高いのかを見てみましょう。

販売所は手数料が高額になるので要注意

こちらは僕が実際にBITPointでMATICを購入しようとした際の画像です。

選手カード3枚体制でスタートしようと思ったので、NFTの購入予算として100,000円をBITPointに入金しました。

当時MATICの市場価格は1枚あたり約165円(※画像1枚目)なので、100,000円あれば約606枚は購入できる計算になりますよね。

ですが、BITPointの販売所で提示されたMATICのレートは1枚あたり約172.8円だったため、そのまま購入すると約578枚しか購入することができません。

その差をまとめると以下のとおり。

(606枚-578枚=28枚)× 165円 = 4,620円の差額

このように、100,000円分のMATICを購入するために約4,600円もの手数料が引かれてしまうわけです。

ダイチ

正直、高過ぎてBITPointで買うのをやめました。笑

これは販売所で売買する際に取引所が設定している「スプレッド」が含まれているためで、もう1社のSBI VCトレードにも同じく適用されています。

SBI VCトレードの銘柄別価格一覧

MATICの「売り」と「買い」で約16円の価格差がありますが、これがスプレッドです。

つまり、販売所でしかMATICを購入できない場合、このスプレッドによって手数料で大幅に損してしまうわけですね。

では、少しでも手数料を抑えてPolygonチェーンのMATICを入手するにはどうすればいいのか?

その方法を次の章で詳しく解説します。

PolygonチェーンのMATICをお得に入手する方法

PolygonチェーンのMATICをお得に入手する方法を説明する前に、ここまでの内容を一旦まとめておきますね。

  • NFT(選手カード)の購入にはPolygonチェーンのMATICが必要
  • 国内でPolygonチェーンのMATICを購入できるのは2つの取引所のみ
  • どちらも販売所でしかMATICを購入できないため手数料が高額になる

BITPointSBI VCトレードを利用すれば簡単にPolygonチェーンのMATICを入手できますが、その代わり「スプレッドにより購入できる枚数は大幅に少なくなりますよ」という内容でした。

つまり、この手数料さえ抑えることができれば、それだけでお得にPolygonチェーンのMATICを入手できるというわけですね。

そして、その方法とは以下のとおりです。

国内取引所から海外取引所のBybitへ送金し、Bybitで購入したMATICをPolygonチェーンで入金する

上記の方法であればスプレッドを気にすることなく、ほとんど資金を減らさずにキャプテン翼RIVALSのウォレットに入金することができますよ。

なぜならば、海外取引所のBybitはMATICを「取引所」で購入することができるからですね。

実際に僕は上記の方法でMATICを入手したので、ほぼ資金を減らさずに済みました。

当時の市場価格(約165円)どおり、100,000円の資金で約606枚のMATICを購入できています。

海外取引所を経由するので少しだけ手順は増えますが、それでも決して安くないスプレッドを考えれば、やる価値は大きいと言えるでしょう。

それでは、実際の購入手順について次の章で詳しく解説していきますね。

キャプテン翼RIVALSのNFT(選手カード)の買い方・購入方法

ここからはキャプテン翼RIVALSのNFT(選手カード)の買い方・購入方法を解説していきます。

NFT(選手カード)の購入手順は以下のとおりです

NFT(選手カード)の購入手順
  1. ビットフライヤーで口座を開設する
  2. ビットフライヤーでXRPを購入する
  3. Bybit(バイビット)で口座を開設する
  4. Bybit(バイビット)にXRPを送金する
  5. XRPをUSDTに交換(両替)する
  6. USDTをMATICに交換(両替)する
  7. キャプテン翼RIVALSのアカウントを作成する
  8. ゲーム内ウォレットを作成する
  9. ゲーム内ウォレットへMATICを送金する
  10. スペンディングへMATICを転送する
  11. NFT(選手カード)を購入する

初心者の方には手順が多いと感じるかもしれませんが、細かく分けているだけなので安心してくださいね。

1つずつ丁寧に解説していきますので、一緒にやってみましょう!

手順①:【無料】ビットフライヤーで口座開設する

まずは、ビットフライヤーで口座開設しましょう。

仮想通貨初心者の方にビットフライヤーをおすすめする理由は以下のとおり。

\無料で最短10分!スマホでもOK /

\ 口座開設前に読んでください /

今なら口座開設時に招待コード「psy0xuqf」を入力するだけで、

ビットコイン1,000円分がもらえるキャンペーン中です。

24時間以内にもらえるので、忘れずに入力してサクッと受け取りましょう。
※上記のボタンからのみ有効なので、お間違いないようにご注意ください。

手数料の安い『取引所』が使えるビットフライヤーなら、仮想通貨を少額から安く購入できますよ。

ビットフライヤーの口座開設に不安があるという方は、こちらの口座開設手順をお読みください。

あわせて読みたい
【画像で分かる】ビットフライヤーの口座開設手順を詳しく解説(PC版) ・ビットフライヤーの口座開設って簡単にできるのかな?・事前に準備しておくものがあれば教えて欲しい。 このような疑問にお答えします。 今回は、ビットフライヤーの...

手順②:ビットフライヤーでXRPを購入する

ビットフライヤーで口座を開設できたら、次に仮想通貨のリップル(XRP)を購入します。

なぜ「XRP」を購入するのかというと、「送金スピードが速く、送金時の手数料も安い」という特徴があるからですね。

他の通貨を送金する際の手数料と比較しても、その差は一目瞭然です。

スクロールできます
通貨名送金手数料円換算参考価格(2022年12月30日時点)
ビットコイン(BTC)0.0004 BTC約880円約2,200,000円 / 1BTC
イーサリアム(ETH)0.005 ETH約795円約159,000円 / 1ETH
リップル(XRP)無料無料約44.5円 / 1XRP
ビットフライヤーの送金手数料(一部抜粋)

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)を送金する際は1,000円近くの手数料が必要ですが、リップル(XRP)なら「無料」で送金できます。

また、ビットフライヤーでは「bitFlyer Lightning」という売買ツールでXRPを購入できるので、一般的な「販売所」で購入するよりも手数料が安くなりますよ。

そのため、ビットフライヤーの口座に日本円を入金して、まずはXRPを購入しましょう。

ビットフライヤーに日本円を入金する手順については、こちらの記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
【スマホで簡単】ビットフライヤーへの入金方法と出金のやり方を解説(PayPay銀行版) ・ビットフライヤーへの入金方法が分かりません。・日本円を出金するにはどうすればいいの? このような疑問にお答えします。 今回は、ビットフライヤーへの「日本円の...

また、「bitFlyer Lightning」でXRPを購入する手順については、こちらの記事をお読みください。

あわせて読みたい
ビットフライヤーで仮想通貨のおすすめの買い方を解説【bitFlyer Lightning】 ・ビットフライヤーで仮想通貨を購入するにはどうしたらいいの?・おすすめの買い方があれば教えて欲しい。 このような疑問にお答えします。 仮想通貨を購入する際は「...

手順③:Bybit(バイビット)で口座を開設する

続いて、海外取引所のBybit(バイビット)で口座を開設します。

海外取引所は他にも選択肢がありますが、バイビットをおすすめする理由は以下のとおり。

  • メールアドレスだけで登録できる(本人確認は不要)
  • 日本語対応なので初心者でも使いやすい

バイビットはメールアドレスの登録だけですぐに利用でき、アプリも日本語対応しているので、国内の取引所と同じ感覚で利用できます。

なお、以下のボタンからバイビットに登録すると、キャンペーン終了後も取引手数料が永久10%OFFとお得に利用できますので、よければご活用ください。

\取引手数料が永久10%OFF

Bybit(バイビット)で口座を開設する手順は、こちらの記事で詳しく解説しています。

あわせて読みたい
スマホからBybit(バイビット)の口座開設・本人確認手順を解説 ・Bybit(バイビット)の口座開設って難しいのかな?・海外取引所の口座開設に必要なものを教えてほしい。・スマホからも口座開設できますか? このような疑問にお答え...

手順④:Bybit(バイビット)にXRPを送金する

バイビットで口座を開設できたら、先ほどビットフライヤーで購入したXRPを送金します。

XRPをバイビットの口座に入金することで、バイビットでの取引を始められます。

バイビットへ仮想通貨を送金する手順は以下の3ステップです。

Bybit(バイビット)へ仮想通貨を送金する手順
  1. Bybit(バイビット)で入金アドレスを確認する
  2. ビットフライヤーにBybit(バイビット)の入金アドレスを登録する
  3. ビットフライヤーから送金手続きし、Bybit(バイビット)で入金を確認する

ビットフライヤーからBybit(バイビット)へ送金する方法については、こちらの記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

あわせて読みたい
【おすすめ入金方法】ビットフライヤーからBybit(バイビット)へのリップル送金手順 ・Bybit(バイビット)へ入金するにはどうすればいいですか?・おすすめの入金方法があれば教えて欲しい。・ビットフライヤーからBybit(バイビット)への送金手順を詳...

手順⑤:XRPをUSDTに交換(両替)する

バイビットへXRPを入金できたら、次はテザー(USDT)という仮想通貨と交換します。

テザー(USDT)というのは米ドルと価格が連動した仮想通貨で、1枚の価格が1ドルと同じになるように設計されています。ちなみに、このような仮想通貨を総称して「ステーブルコイン」と呼びます。

バイビットではUSDTを「基軸通貨」として採用しているため、他の通貨を購入する際にもUSDTを使用します。

そのため、まずはUSDTを用意しましょう。

売却する通貨:リップル(XRP)
購入する通貨:テザー(USDT)

まずはバイビットアプリを起動して、下部にある「取引」をタップします。

赤枠で囲んだ箇所をタップし「取引する通貨ペア」を選択します。

取引ペアの一覧から「XRP/USDT」を選択します。(見つからない場合は、上部にある「検索窓」から検索してください)

左上の通貨ペアが「XRP/USDT」になっていることを確認します。

デフォルトの発注画面は「買い」になっているので「売り」をタップします。(今回はXRPを売却してUSDTを購入するので「売り」になります)

今回は簡単な「成行注文」で購入するので、赤枠で囲んだ箇所をタップします。

「成行注文」をタップします。

続いて「注文数量」を入力します。(下のスライダーを動かして入力もできます)

注文数量が入力できたら、「XRPを売り」をタップします。

注文が発注されました。

成行注文の場合は、すぐに取引が約定(取引成立)します。

現物ウォレットを確認すると購入した「USDT」が反映されています。

これで「XRP」を「USDT」に交換できました。

手順⑥:USDTをMATICに交換(両替)する

続いて、先ほど入手したUSDTをMATICと交換します。

売却する通貨:テザー(USDT)
購入する通貨:MATIC

バイビットアプリを起動して、下部にある「取引」をタップします。

赤枠で囲んだ箇所をタップし「取引する通貨ペア」を選択します。

上部の検索窓に「MATIC」と入力して検索します。

検索結果から「MATIC/USDT」を選択します。

元の画面に戻ったら、通貨ペアが「MATIC/USDT」になっていることを確認してください。

「指値注文」を選択し、右側にある取引板の価格を参考にして「注文価格」を入力します。

取引板に出ている注文価格と開きがある場合、注文が約定(成立)し辛くなるので注意してください。

注文価格が決まったら「注文数量」を入力してください。(下のスライダーを動かして入力もできます)

注文数量が入力できたら、「MATICを買い」をタップします。

注文が完了したら、画面下の「注文」に現在の注文内容が表示されるので、このまま取引が約定(成立)するまで待ちましょう。

しばらく待っても約定(取引成立)しない場合は、一度注文をキャンセルし注文価格を見直すか、「成行注文」で注文を出し直してください。

注文の約定後、現物ウォレットを確認すると購入した「MATIC」が反映されています。

これで「USDT」を「MATIC」に交換できました。

手順⑦:キャプテン翼RIVALSのアカウントを作成する

続いて、キャプテン翼RIVALSのアカウントを作成しましょう。

まずは以下のリンクから、キャプテン翼RIVALSの公式ページを開きます。

>> キャプテン翼RIVALS公式ページ

以下の画面が表示されたら、画面を下にスクロールします。

「PLAY」をタップします。

「TAP TO START」をタップします。

「ユーザー作成」をタップします。

「私はロボットではありません」にチェックを入れます。

画像認証が表示されるので、指定されたとおりに画像を選択し「確認」をタップします。

続いて、任意の「メールアドレス」と「パスワード」を入力します。

パスワードは確認用に再度同じものを入力してください。

「Emailをブラウザに保存」にチェックを入れ「NEXT」をタップします。

先ほど登録したメールアドレス宛に「認証コード」が送信されるので、赤枠の箇所に入力します。

以下のようなメールが届くので、赤枠で囲んだ「6桁の数字」を入力します。

認証コードを入力できたら「NEXT」をタップします。

続いて、「招待コード」を入力します。

早い者勝ちにはなってしまいますが、僕が入手したアクティベーションコードを共有させていただきますので、ご自由にお使いください。

クリックして「招待コード」を確認する
  • 0iBZSJLn
  • 2mkpC1hn
  • 5TFywsn4
  • 6nXMgcLy
  • 8IEyKHdh
  • aceqMxFz
  • apxD1Tbp
  • br1HZcEs
  • EA6joigb
  • EhiDrZVA
  • ejrylaum
  • FahtY2kJ
  • FoYmwEfe
  • gqOTKHEK
  • HIjZlCwt
  • K3EhJF0G
  • k8toUxZn
  • KxxHdGDH
  • nLEnikuq
  • nTYCcAHp
  • PDJibxWp
  • RegowRfc
  • Sn3mFxLi
  • tCiMBQsu
  • tH9fCjCg
  • uBvubu1G
  • vzs3jacJ
  • wsBpnhId
  • xggL5nLT
  • ZbepotEl

招待コードは今後も不定期で更新させていただきます。

招待コードを入力できたら「NEXT」をタップします。

これでアカウント登録は完了です。

最後にニックネームを決めるので「NEXT」をタップします。

お好きなニックネームを入力します。

ニックネームを入力できたら「NEXT」をタップします。

これでキャプテン翼RIVALSのアカウントを作成できました。

手順⑧:ゲーム内ウォレットを作成する

アカウントができたら、MATICを入金するための「ゲーム内ウォレット」を作成しましょう。

まずは以下の画面で「NEXT」をタップします。

「新しいウォレットの作成」をタップします。

6桁のお好きなパスワードを入力してください。

すると、「シークレットフレーズ」という12個の英単語が表示されます。

シークレットフレーズは、機種変や別の端末でプレイしたりするときに使用するもので、紛失すると二度と元に戻せないので、取り扱いには十分注意しましょう。

シークレットフレーズを1から順にメモしてから、「シークレットフレーズを記録しました」をタップします。

先ほどメモしたシークレットフレーズを1から順番にタップし、12個すべてを順番どおりに並べます。

シークレットフレーズを順番どおりに選択できたら「確認」をタップします。

先ほど設定した6桁のパスワードを再度入力します。

すると、ウォレットの作成が完了し以下のような画面が表示されます。

「トークンを受け取る」をタップして入金用のアドレスを確認してみましょう。

赤枠で囲んだ箇所に表示されている文字列が、入金用のウォレットアドレスです。

少し下にスクロールすると、現在のNFT(選手カード)の最安値が表示されているので、入金の際は参考にしてみてくださいね。

これでゲーム内ウォレットを作成できました。

手順⑨:ゲーム内ウォレットへMATICを送金する

ゲーム内ウォレットを作成できたら、BybitからMATICを送金しましょう。

まずはキャプテン翼RIVALSのウォレットを開き、「トークンを受け取る」をタップします。

「アドレスをコピー」をタップしてコピーします。

次にBybitのアプリを起動し、現物一覧から「MATIC」をタップします。

「出金」をタップします。

以下のような画面になるので、アドレス欄に先ほどコピーしたキャプテン翼RIVALSの「ウォレットアドレス」をペーストします。(手打ちすると入力ミスする可能性があるので、必ずコピペしてください

続いて、ネットワークをタップして「MATIC」を選択します。(他のネットワークで送金するとMATICが消滅してしまうので、必ずMATICを選んでください)

続いて、送金する金額を入力します。(全額を送金する場合は「すべて」をタップしてください)

「出金」をタップします。

セキュリティ認証の画面が表示されます。

次回以降の認証を省く場合は、「次回、認証を行う必要はありません」にチェックを入れて「はい」をタップします。

以下のような画面になるので、「コードを取得」をタップします。

バイビットから以下のメールが送られてくるので、赤枠で囲んだ「6桁の認証コード」をコピーして、先程の枠にペーストします。

続いて、Google認証コードを入力します。

Google認証アプリを起動し「Bybitの認証コード」をタップしてコピーしたら、先ほどの入力欄にペーストしてください。

2つの認証コードを入力できたら「はい」をタップします。

出金依頼が完了するので「OK」をタップして画面を閉じます。

少し待ってからゲーム内ウォレットを開くと、先ほど送金したMATICが入金できているのを確認できます。

これでBybitからキャプテン翼RIVALSのゲーム内ウォレットへMATICを送金できました。

手順⑩:スペンディングへMATICを転送する

ゲーム内ウォレットへMATICを送金できたら、そのままMATICを「スペンディング」へ転送しましょう。

スペンディングとは「支出」という意味で、キャプテン翼RIVALSには「ウォレット」と「スペンディング」の2つが存在します。

2つの違いを簡単に説明すると、ウォレットは「通貨を保管しておく場所」なのに対して、スペンディングは「通貨を使う場所」になります。

そのため、キャプテン翼RIVALSのゲーム内でMATICを利用するためには、ウォレットからスペンディングへ移動させてあげる必要があります。

まずはゲーム内ウォレットを開いて「トークンを送付する」をタップします。

「MATIC」をタップします。(TSUBASAUTを送る場合は、そちらを選択してください)

スペンディングへ送付するMATICの数量を入力します。

数量を入力できたら画面を下にスクロールします。

ガス代として少額のMATICが必要になるので、問題なければ「トークンを送る」をタップします。

スペンディングに切り替えると、処理中になっているのを確認できます。

しばらく待つと、スペンディングにMATICが反映されます。

スペンディングにMATICを送付すると、マーケットプレイスを閲覧できるようになります。

これでMATICをスペンディングに転送できました。

手順⑪:NFT(選手カード)を購入する

ゲーム内でMAICが使えるようになったら、あとNFT(選手カード)を購入するだけです。

マーケットプレイスで欲しいNFT(選手カード)が見つかったら、「購入」をタップして詳細画面を開きます。

以下のような画面になるので、右下にある「購入」をタップします。

購入価格が表示されるので、問題なければ「OK」をタップし、確認画面で再度「OK」をタップします。

購入が完了するとHOME画面に購入したNFT(選手カード)が表示されます。(2枚目以降は「INVENTORY」から確認できます)

これでNFT(選手カード)を購入できました。

なお、選手カードには「ステータス」や「ランク」など、選ぶ上で見るべきポイントがいくつかあります。

そこで次の章では「選手カードの具体的な選び方」を解説していきますね。

ここまでキャプテン翼RIVALSのNFT(選手カード)をお得に買う方法を解説してきましたが、選手カードを選ぶ際にはいくつかのポイントがあるので、ここからは具体的な選び方を解説していきます。

はじめてキャプテン翼RIVALSでNFT(選手カード)を購入する際に「抑えておくべきポイント」は以下の5つです。

NFT(選手カード)を選ぶ際のポイント
  1. NFT(選手カード)のレアリティ
  2. NFT(選手カード)のパラメータ
  3. NFT(選手カード)のリフレッシュ回数
  4. NFT(選手カード)のミント回数
  5. NFT(選手カード)の価格

1つずつ順番に解説していきますね。

①NFT(選手カード)のレアリティ

キャプテン翼RIVALSでは、以下の順で選手カードのレアリティが高くなります。

CommonUncommonRareEpicLegendary

レアリティは、選手カードの「ベースパラメータ」「レベルアップ時に獲得できるポイント数」などに関係します。

もちろんレアリティの高い選手カードを選んだ方が稼ぎやすくはなりますが、その分価格も高くなっています。

ちなみに、本記事執筆時点での「各レアリティごとの最低価格」は以下のとおりです。

レアリティ最低価格日本円換算
Common164MATIC約25,000円
Uncommon1,100MATIC約170,000円
Rare3,921MATIC約608,000円
Epic確認できず確認できず
Legendary確認できず確認できず
選手カードのレアリティと最低価格

本記事の執筆時点で1MATICあたりの価格が約155円なので、下から2番目の「Uncommon」でも約17万円ほどの価格になります。

ダイチ

まずはCommonの選手カードを購入するのがいいかと思います。

なお、マーケットプレイスには選手カードの他に「未開封選手」というパックも売られています。

未開封選手は選手カード同士をミントした際に生成されるパックで、開封するまでどんな選手カードが入っているのか分かりません。

また、未開封選手にもレアリティがあり、Commonの未開封選手からは3%の確率でUncommonの選手カードが出現するので、自分の運に自信のある方は未開封選手を購入してみるのもアリですね。

②NFT(選手カード)のパラメータ

選手カードには、2種類のパラメータが設定されています。

パラメータ

ライバルモードで使用されるパラメータで、対戦に勝利した際のTSUBASAUTの獲得効率や、宝箱(MB)のドロップ率などに影響します。

各パラメータの内容については以下のとおり。

スクロールできます
項目内容
Efficiency数値が高いほどライバルモードで獲得できるTSUBASAUTが多くなる
Resilience数値が高いほどフィジカルコンディションが低下しづらくなる
Luckライバルモードで獲得できる宝箱(MB)のドロップ率に影響する

選手カードのレアリティに応じてあらかじめベースのパラメータが決まっており、レベルアップした際に「追加ポイント」が付与される仕組みです。

追加ポイントは自由に振り分けることができるので、戦略に合わせて好きなパラメータを伸ばしていくことが可能ですよ。

VSパラメータ

こちらは「PvPモード(対人モード)」で使用されるパラメータで、ゲームの勝敗を左右する選手の能力値です。

VSパラメータには以下の3種類があり、 初期値はそれぞれの選手カードで異なります。

項目概要
PvPモードにて、主に「シュート」のコマンドに影響がある
PvPモードにて、主に「守備」のコマンドに影響がある
PvPモードにて、主に「ドリブル」のコマンドに影響がある

なお、VSパラメータは「熟練度」を消費することで、任意の値を上昇させることができます。

「熟練度」は主にライバルモード・宝箱(MB)・ガチャなどで獲得可能です。

PvPモードは対人戦なので、熟練度を稼いで選手カードを強化し、対戦で勝てるように育てましょう。

③NFT(選手カード)のリフレッシュ回数

選手カードを選ぶ際は「リフレッシュ回数」にも注意しましょう。

記事の前半でも説明したとおり、キャプテン翼RIVALSではライバルモードをプレイする度に選手カードの「フィジカルコンディション」が悪化します。

フィジカルコンディションが一定以上に悪化すると、獲得できるTSUBASAUTの量が減ってしまいます。

フィジカルコンディションを回復させるにはTSUBASAUTを支払って「リフレッシュ」させる必要がありますが、リフレッシュ回数が多くなるほど必要なコストも高くなります。

Commonのリフレッシュ1回目:130 × 1 = 130TSUBASAUT
Commonのリフレッシュ3回目:130 × 3 = 390TSUBASAUT

なので、購入する選手カードのレベルや価格にもよりますが、なるべく「リフレッシュ0回」の選手カードを購入しておくことをおすすめします。

④NFT(選手カード)のミント回数

キャプテン翼RIVALSでは、選手カード同士を掛け合わせて「新しい選手カード」をミント(生成)できます。

選手カードをミントする際は、ミント費用としてTSUBASAUTを支払います。

1体の選手カードで最大7回までミントできますが、ミントの回数が増えるたびにミント費用も高額になっていきます。

なので、選手カードを選ぶ際は「将来的にミントする予定があるかどうか」で選ぶのがいいでしょう。

具体的には以下のようなイメージですね。

  • ミント予定ありの場合:ミント回数0の選手カードを購入
  • ミント予定なしの場合:ミント回数は気にしなくてもOK

ミント回数0同士であれば350TSUBASAUTでミントできるので、稼いだTSUBASAUTを使って追加投資なしで新たな選手カードを入手できるでしょう。

一方、ミントせずに使い切る場合や、Energyの最大値を増やす目的で購入する場合は、ミント回数を特に気にする必要はありません。

⑤NFT(選手カード)の価格

最後のポイントは「選手カードの価格」です。

これまで解説したポイントを抑えつつ、なるべく価格が安いものを選んだ方が原資回収も早くなります。

安く買うための攻略法というのは正直ないので、あらかじめ「予算」や「ミントの有無」などを決めておき、こまめにマーケットプレイスで価格をチェックしましょう。

ちなみにですが、基本的な攻略法として「先に選手カードのレベルを上げてからライバルモードをプレイする」という方法がおすすめです。

ダイチ

なぜならば、選手カードのレベルに関係なくフィジカルコンディションは悪化するからですね。

それならば先にレベルを上げて、「より多くTSUBASAUTを稼げる状態」にしてからプレイする方がお得ですよね。

ですので、あらかじめ「選手カードの購入費用+レベル上げの費用」を用意しておくと、効率よく稼ぐことができますよ。

キャプテン翼RIVALSのNFT(選手カード)購入についてよくある質問

それでは最後に、キャプテン翼RIVALSのNFT(選手カード)購入についてよくある質問にお答えします。

どんなNFT(選手カード)がおすすめですか?

どのような戦略を取るかによって変わってくるので一概には言えませんが、基本的には「ベースのパラメータが高い選手カード」がおすすめです。

既に追加ポイントが振り分けられている場合は、パラメータの上にある「BASE」をタップすることで、ベースのパラメータを確認できます。

また、PvPモードの実装に備えるなら「VSパラメータ」の合計値が高い選手カードもおすすめです。

安さ重視で選んでも大丈夫ですか?

選手カードを選ぶ際は、価格だけでなく「パラメータ」や「リフレッシュ・ミント回数」を見て選ぶことをおすすめします。

また、同じ価格帯であれば少しでもレベルの高い選手カードを購入する方がお買い得と言えます。

無料でNFT(選手カード)を入手する方法はありますか?

現時点では無料で選手カードを入手する方法はありません。

ただ、これから実装される「PvPモード」の報酬としてNFT(選手カード)が抽選で当たる場合があるようです。

NFT(選手カード)は何枚購入すればいいですか?

選手カードを増やすことで1日に稼げるTSUBASAUTは増えますが、原資回収が約束されているわけではないので、あくまでも投資になります。

そのため、まずは1枚から始められることをおすすめします。

もし予算に余裕がある場合は、3枚体制にしておくとミントできるため追加投資が不要になります。

なお、追加で選手カードを購入する際は、Energyの最大値が増える「3枚・9枚・15枚・30枚」になるように購入しましょう。

キャプテン翼RIVALSの初期費用や原資回収までの目安期間については、こちらの記事をお読みください。

あわせて読みたい
キャプテン翼RIVALSの初期費用はいくら?原資回収までの日数や効率的な稼ぎ方も解説! ・キャプテン翼RIVALSの初期費用はいくらぐらい必要ですか?・原資回収までにどれぐらいの期間がかかるんだろう?・効率よく原資回収できる方法を教えて欲しい。 このよ...
未開封選手を購入するメリットはありますか?

未開封選手からは一定の確率で上位レアリティの選手カードが出現する可能性があります。

例えば、Commonの未開封パックからは3%の確率でUncommonの選手カードが出現します。

上位レアリティの選手カードが欲しい場合は、未開封選手を購入してみるのもおすすめです。

キャプテン翼RIVALSで1日いくら稼げますか?

選手カードのレアリティやレベル、Energyの最大値にもよりますが、最も回収効率が良いとされるレベル14でプレイする場合、1日あたり約22TSUBASAUT(約2,000円)ほど稼げます。

リフレッシュのタイミングなどもありますが、原資回収までは平均して60~70日ほど必要になる計算です。

キャプテン翼RIVALSでどれぐらい稼げるのかは、こちらの記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
キャプテン翼RIVALSはどれぐらい稼げる?NFT1枚と3枚運用でいくら収益が違うのか解説! ・キャプテン翼RIVALSはどれぐらい稼げますか?・NFTは何個ぐらい保有した方がいいの?・早めに収益を出す方法があれば教えて欲しい。 このような疑問にお答えします。 ...

まとめ:NFT(選手カード)を購入してキャプテン翼RIVALSで稼ごう!

今回はキャプテン翼RIVALSでNFT(選手カード)をお得に購入する方法について解説しました。

最後に本記事の内容をおさらいしておきます。

本記事の要点

  • NFT(選手カード)の購入にはPolygonチェーンのMATICが必要
  • 国内の取引所でMATICを買うと購入枚数が大幅に減る
  • 国内取引所からBybit経由にすると資金を減らさずに購入できる
  • 選手カードを購入する際はリフレッシュやミント回数も確認する

はじめての方にとっては手順が少し多いですが、それほど難しい作業ではないので、ぜひ本記事を参考にしてチャレンジしてみてください。

また、NFT(選手カード)選びも稼ぎに直結する大事な部分なので、本記事で紹介したポイントを抑えつつ、自分の相棒になる選手を選んでみてくださいね。

キャプテン翼RIVALSの始め方は、こちらの記事をお読みください。

あわせて読みたい
ブロックチェーンゲーム「キャプテン翼RIVALS」の始め方と稼ぎ方を徹底解説! ・毎日短時間ゲームするだけで稼げるって本当ですか?・キャプテン翼RIVALSが人気らしいけど、どうやって始めるの?・キャプテン翼RIVALSの遊び方や稼ぎ方を詳しく知り...

キャプテン翼RIVALSは1日数分のプレイで簡単に稼ぐことができるので、忙しい方でも月に数万円のお小遣いをゲットできます。

いつまで稼ぎやすい状況が続くか分かりませんので、迷っている方は今すぐにキャプテン翼RIVALSを始めましょう!

そのために「やるべきこと」は以下の2つだけです。

なお、MATICをお得に購入できるBybit(バイビット)は、以下のボタンから口座開設すると取引手数料が永久10%OFFとお得に利用できるので、よければご活用ください。

\取引手数料が永久10%OFF

Bybit(バイビット)で口座を開設する手順は、以下の記事で詳しく解説しています。

あわせて読みたい
スマホからBybit(バイビット)の口座開設・本人確認手順を解説 ・Bybit(バイビット)の口座開設って難しいのかな?・海外取引所の口座開設に必要なものを教えてほしい。・スマホからも口座開設できますか? このような疑問にお答え...

また、国内取引所のビットフライヤーは以下のボタンから無料で口座開設できます。

\無料で最短10分!スマホでもOK /

\ 口座開設前に読んでください /

今なら口座開設時に招待コード「psy0xuqf」を入力するだけで、

ビットコイン1,000円分がもらえるキャンペーン中です。

24時間以内にもらえるので、忘れずに入力してサクッと受け取りましょう。
※上記のボタンからのみ有効なので、お間違いないようにご注意ください。

今回は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

仮想通貨のミカタでは、「仮想通貨やDeFiに関する情報を初心者の方にも分かりやすく」発信しています。

これからも有益な情報をお届けできるように頑張っていきますので、応援していただけると嬉しいです。

この記事が参考になったら、ぜひシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次