仮想通貨を始めたい人の”味方”として暗号資産時代の”見方”を発信するブログ

【誰でも簡単取引】コインチェックNFT(β版)はじめ方とNFTの買い方を解説

【誰でも簡単取引】コインチェックNFT(β版)はじめ方とNFTの買い方を解説
  • URLをコピーしました!
初心者さん

・コインチェックNFT(β版)ってどうやって使うの?
・NFTの買い方を教えて欲しい。

このような疑問にお答えします。

本記事の内容

  • コインチェックNFT(β版)の特徴
  • コインチェックNFT(β版)の取り扱い商品
  • コインチェックNFT(β版)のはじめ方と買い方

2021年は「NFT元年」と言われるほど、NFTに大きな注目が集まりました。

NFT(Non Fungible Token)はブロックチェーンの仕組みを使って、デジタルデータを「偽造不可能な鑑定書・所有証明書付き」にする技術ですが、デジタルデータを「1点モノ」として扱えることから、デジタルアートやゲームのアイテムなど、様々なデータが価値を持って取引されています。

現在、NFTが活発に取引されているのは主に海外ですが、日本語で安全に取引できるNFTマーケットプレイスを利用したいという方も多いかと思います。

そこで今回は、国内の大手仮想通貨取引所Coincheck(コインチェック)が運営する「コインチェックNFT(β版)」について解説していきます。

本記事を読めば、コインチェックNFT(β版)の利便性やNFTの買い方が分かります。

ぜひ最後までお読みください。

目次

コインチェックNFT(β版)とは

引用:コインチェック公式サイト

はじめに、コインチェックNFT(β版)について説明します。

コインチェックNFT(β版)は、国内初の暗号資産交換業者が運営する「NFTマーケットプレイス」として、2021年3月からサービスを開始しました。

NFTマーケットプレイスとは、クリエイターが作成したNFTアートを購入したり、ユーザー同士でNFTを売買できるプラットフォームです。

運営しているのは、国内の大手仮想通貨取引所「Coincheck(コインチェック)」です。

コインチェックは取り扱っている仮想通貨の種類(銘柄)も豊富で、アプリも使いやすいと定評があることから、初心者の方でも安心して仮想通貨取引ができる取引所です。

コインチェックに口座さえ持っていれば、誰でも「コインチェックNFT(β版)」を利用できるようになるので、コインチェックNFTに興味がある方は、まずはじめにコインチェックの公式ページから無料の口座開設をしておきましょう。

\9/30まで1,500円分のビットコインがもらえる /

コインチェックの口座開設手順は以下の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
スマホでコインチェック(Coincheck)の口座を開設する方法 ・スマホからコインチェックの口座を開設したい。・口座開設する前に何を準備すればいいの?・はじめて口座を開設するので上手くできるか不安です。 このような疑問にお...

パソコンからコインチェックの口座を開設される場合は、以下の記事で手順を確認できます。

あわせて読みたい
パソコンでコインチェック(Coincheck)の口座を開設する方法を解説 ・コインチェックの口座開設って難しいのかな?・口座開設する前に何を準備すればいいの?・はじめて口座を開設するので上手くできるか不安です。 このような疑問にお答...

コインチェックNFT(β版)の特徴

引用:コインチェック公式サイト

コインチェックNFT(β版)には4つの大きな特徴があります。

いずれも他のNFTマーケットプレイスにはない、コインチェックNFT(β版)ならではの利便性の高い特徴ばかりです。

  1. ワンストップで簡単にNFTを購入できる
  2. オフチェーン取引なのでネットワーク手数料(ガス代)不要
  3. コインチェックの取り扱い銘柄でNFTを取引できる
  4. NFT専用ウォレットでセキュリティが高い

それでは、1つずつ順番に解説していきます。

ワンストップで簡単にNFTを購入できる

1つ目にしてコインチェックNFT(β版)最大の特徴とも言えるのが、ワンストップで簡単にNFTを購入できることです。

これまで海外のNFTマーケットプレイスでNFTを購入しようとした場合、どれだけ最短ルートで考えても以下の工程が必要でした。

海外のNFTマーケットプレイスでNFTを購入する際の工程
  1. 国内取引所の口座を開設
  2. 日本円でイーサリアム(ETH)を購入
  3. Webウォレットを用意
  4. イーサリアム(ETH)をWebウォレットに送金
  5. NFTマーケットプレイスにアカウントを作成
  6. NFTマーケットプレイスとWebウォレットを接続
  7. NFTを購入(基本的に英語表記)
ダイチ

だいぶ省略してますが、正直かなり「めんどくさい」です…

この工程の多さと複雑さが、せっかくNFTに興味を持った日本人ユーザーを参加から遠ざけてきたのは間違いないと思います。

ですが、この課題を見事に解決したのがコインチェックNFT(β版)です。

コインチェックNFT(β版)を利用する場合、NFTの売買だけであれば、すべてコインチェックのサービス内でワンストップに完了できます。

引用:コインチェック公式サイト

当然ながら、購入したNFTを外部のブロックチェーンゲーム内などで使う場合は、MetaMask(メタマスク)などのWebウォレットへ送る必要はありますが、これまでの工程を考えると圧倒的なほど簡単にNFTを購入できるようになりました。

>> コインチェックで「無料口座開設」してNFT取引をはじめる

コインチェックのアカウントさえあれば、すぐにNFTを購入することができるので、今後国内のNFT市場がさらに盛り上がるきっかけになることが期待されています。

オフチェーン取引なのでネットワーク手数料(ガス代)不要

2つ目の特徴は、オフチェーン取引なのでネットワーク手数料(ガス代)が不要なことです。

ガス代とはブロックチェーンを使用するための手数料のことですが、コインチェックNFT(β版)では、マーケットプレイス内での取引にブロックチェーンを利用していないため、購入・出品の際にガス代がかかりません。

一般的なNFTマーケットプレイスで広く使われてる仮想通貨はイーサリアム(ETH)ですが、近年はイーサリアム(ETH)のガス代が高騰していることが問題視されています。

このガス代不要という特徴は、我々ユーザーにとってはもちろんのこと、仮想通貨業界全体のことを考えても、とても意味が大きいと言えます。

ただし、外部のWebウォレットにNFTを「出庫・入庫」する際は、通常どおりガス代が必要になるので注意してください。

コインチェックの取り扱い銘柄でNFTを取引できる

3つ目の特徴は、コインチェックの取り扱い銘柄でNFTを取引できることです。

先ほども説明したとおり、一般的なNFTマーケットプレイスではイーサリアム(ETH)を使って取引を行われる場合がほとんどで、言い換えるとイーサリアム(ETH)を持っていなければNFTを購入できないというプラットフォームが多いです。

その点、コインチェックNFT(β版)では、コインチェックで取り扱いのある17種類の仮想通貨のうち、以下の16銘柄でNFTの取引ができます。

コインチェックNFT(β版)で利用できる仮想通貨の銘柄

ビットコイン(BTC)/ イーサリアム(ETH)/ モナコイン(MONA)/ リスク(LSK)/ リップル(XRP)/ ネム(XEM)/ ライトコイン(LTC)/ ビットコインキャッシュ(BCH)/ ステラルーメン(XLM)/ クアンタム(QTUM)/ ベーシックアテンショントークン(BAT)/ アイエスオーティー(IOST)/ エンジンコイン(ENJ)/ オーエムジー(OMG)/ パレットトークン(PLT)/ サンド(SAND)

これならNFT購入のためだけに、わざわざイーサリアム(ETH)を保有する必要もありませんし、既に別の取引所やウォレットに対応した仮想通貨を持っている方であれば、コインチェックの口座に移すだけですぐにNFTの取引を開始できるので大変便利です。

ダイチ

上手く運用できていない通貨をNFT購入用に回すのもアリですね。

NFT専用ウォレットでセキュリティが高い

最後の特徴は、NFT専用ウォレットでセキュリティが高いことです。

コインチェックNFT(β版)では、「NFT専用ウォレット」によって登録ユーザーの資産(NFT)を厳重に管理しているので、ユーザーが「秘密鍵」を保管しておく必要がなく、安全に取引できるようになっています。

また、コインチェック自体も定期的にメンテナンスされており、常にハッキング等の対外的な脅威に対する対策を強化しています。

ダイチ

仮想通貨取引所が運営しているNFTマーケットプレイスなので、当然ながらセキュリティも高いです。

コインチェックNFT(β版)の取扱い商品

引用:コインチェック公式サイト

それでは、ここからは実際にコインチェックNFT(β版)で取り扱われている商品について紹介していきます。

現在、コインチェックNFT(β版)では、こちらの11タイトルのNFTが出品されています。(2022年6月30日現在)

コインチェックNFT(β版)で取扱い中のNFTタイトル
  • CryptoSpells(クリプトスペルズ)
  • The Sandbox(サンドボックス)
  • NFTトレカ
  • Sorare(ソラーレ)
  • Meebits(ミービッツ)
  • TOMO KOIZUMI(トモ コイズミ)
  • Decentraland(ディセントラランド)
  • Art Blocks(アートブロックス)
  • Generativemasks(ジェネラティブマスクス)
  • Joyfa(ジョイファ)
  • Otherside(アザーサイド)

今回は、この中から6つのタイトルに絞って紹介していきたいと思います。

CryptoSpells(クリプトスペルズ)

引用:CryptoSpells

クリプトスペルズ(Crypto Spells)は、2019年に正式リリースされた人気のトレーディングカードゲームです。

遊び方は一般的なカードゲームと同じで、所有しているカードでデッキを組み、ターン交代制でカードを出し合って先に対戦相手のライフを0にすれば勝ちとなります。

クリプトスペルズ(Crypto Spells)はブロックチェーンゲームであり、すべてのカードがNFT化されています。

そのため、コレクターアイテムとしても人気があり、カードのレアリティが高いほど発行枚数も限られているので、資産価値も高くなります。

引用:Coincheck NFT(β版)

コインチェックNFT(β版)では、クリプトスペルズで使用するデジタルカードを自由に取引することができます。

The Sandbox(サンドボックス)

引用:The Sandbox

The Sandbox(サンドボックス)は、メタバースの代表格とも言える人気のブロックチェーンゲームです。

プレイヤーはメタバース内に「LAND」という土地を所有し、オリジナルのアイテムやキャラクターを作成したり、自作したゲームを有料で開放して稼ぐなど、自由にプレイ楽しむことができます。

LAND(土地)は大手企業も所有しており、今後はサンドボックス内で様々なサービスやイベントなどが展開されることが期待されています。また、ゲーム内の基軸通貨である「SAND」も、コインチェックで取り扱いのある銘柄です。

コインチェックNFT(β版)では、主に「LAND」が取引されています。

引用:Coincheck NFT(β版)
ダイチ

「SOLD(売切れ)」も多く、人気ぶりがうかがえますね。

The Sandbox(サンドボックス)について詳しく知りたい方は、以下の記事をお読みください。

あわせて読みたい
稼げるNFTゲーム「The Sandbox」とは?仮想通貨「SAND」の買い方も解説 ・仮想通貨の「SAND」ってどこで買えばいいの?・「The Sandbox」ってどんなゲームなのか教えてほしい。 このような疑問にお答えします。 本記事の内容 仮想通貨「SAND...

NFTトレカ

引用:NFTトレカ

NFTトレカは、日本発のブロックチェーン企業である「株式会社coinbook」が提供しているブロックチェーン上で発行されたデジタルトレーディングカードです。

これまでもアイドルグループの「SKE48」や、先ほど紹介した「クリプトスペルズ」などと積極的にコラボレーションを行い、大きな話題を集めています。

コレクターズアイテムとして鑑賞するのがメインの楽しみ方ですが、NFT化されたカードは1枚1枚が固有の価値を持っているため、今後は他のゲームで利用するといった使い方も考えれます。

引用:Coincheck NFT(β版)

コインチェックNFT(β版)では、主に「SKE48」のNFTトレカが取引されています。

Decentraland(ディセントラランド)

引用:Decentraland

Decentraland(ディセントラランド)は、2017年にスタートした歴史の長いメタバースプロジェクトで、先ほど紹介したThe Sandbox(サンドボックス)と並び3大メタバースとも呼ばれています。

Decentraland(ディセントラランド)はメタバース空間の中で、同時に多数のプレイヤーと交流したり、アバター用のアイテムやLAND(土地)を売買することができます。

もちろんアイテムやLAND(土地)はNFT化されているので、売買することで基軸通貨である「MANA」を稼ぐこともでき、近年ではLAND(土地)が億単位で取引されたケースもあります。

引用:Coincheck NFT(β版)

コインチェックNFT(β版)では、主に「LAND」が取引されています。

Art Blocks(アートブロックス)

引用:Art Blocks

Art Blocks(アートブロックス)は、イーサリアムブロックチェーンを利用して「ジェネラティブアート」と呼ばれるジャンルのデジタルアートの発行・販売を行うNFTプラットフォームです。

ジェネラティブアートとは、アーティストが直接アートを描くのではなく、それぞれのアーティストが作成したプログラムやアルゴリズムを基にして自律的に生成されるアート作品のことです。

このため、アーティストが作品を作成する時点では、どのようなアートが生まれるか分からない点が特徴です。ランダムで生成されるとはいえ、同じアルゴリズムを基にしているので、コレクションごとに統一的なスタイルは守られています。

ダイチ

自動生成ですが、「この人の作品」だというのが分かるイメージですね。

引用:Coincheck NFT(β版)

コインチェックNFT(β版)では、様々なアーティストの作品が取引されています。

Otherside(アザーサイド)

引用:Otherside

Otherside(アザーサイド)は、2022年6月15日からコインチェックNFT(β版)で取扱いが始まったばかりのタイトルです。

世界で最も有名なNFTコレクションの1つである「BAYC(Bored Ape Yacht Club)」を手掛ける「Yuga Labs」と、先ほど紹介したThe Sandbox(サンドボックス)など複数のプロジェクトを傘下に持つ「Animoca Brands」が主導するメタバースプロジェクトです。

ダイチ

世界的に見ても「かなり注目度の高い」メタバースプロジェクトです。

引用:Coincheck NFT(β版)

コインチェックNFT(β版)では、主にOtherside(アザーサイド)内の土地である「Otherdeed(アザーディード)」が取引されています。

コインチェックNFT(β版)のはじめ方・買い方

ここまでお読みいただいてNFTの世界に興味を持たれた方は、ぜひコインチェックNFT(β版)でNFTの取引にチャレンジしてみてください。

ここからは、実際にコインチェックNFT(β版)を利用する際の事前準備やはじめ方、NFTの買い方について解説していきます。

事前に準備しておくもの

まずはじめに、コインチェックNFT(β版)を利用するために準備しておく内容について説明します。

コインチェックの口座開設

コインチェックNFT(β版)を利用するためには、運営元であるコインチェックの口座開設をしておく必要があります。

コインチェックで取り扱いのある仮想通貨であれば、ほとんどがコインチェックNFT(β版)内で利用できますし、アカウントは30分ほどで無料登録できるので、以下の記事を参考にして口座を開設しておきましょう。

\9/30まで1,500円分のビットコインがもらえる /

コインチェックの口座開設手順は以下の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
スマホでコインチェック(Coincheck)の口座を開設する方法 ・スマホからコインチェックの口座を開設したい。・口座開設する前に何を準備すればいいの?・はじめて口座を開設するので上手くできるか不安です。 このような疑問にお...

パソコンからコインチェックの口座を開設される場合は、以下の記事で手順を確認できます。

あわせて読みたい
パソコンでコインチェック(Coincheck)の口座を開設する方法を解説 ・コインチェックの口座開設って難しいのかな?・口座開設する前に何を準備すればいいの?・はじめて口座を開設するので上手くできるか不安です。 このような疑問にお答...

また、口座開設後は日本円を入金することで仮想通貨を購入できるようになります。

コインチェックに入金する手順は以下の記事で詳しく解説していますので、参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【アプリで簡単】コインチェックへのおすすめの入金方法と出金のやり方を解説 ・コインチェックへの入金方法が分かりません。・日本円を出金したい時はどうすればいいの? このような疑問にお答えします。 本記事の内容 コインチェックへの日本円の...

日本円の入金後は、以下の記事を参考にしてコインチェックで仮想通貨を購入してみてください。

あわせて読みたい
【PC・スマホ】コインチェックでの仮想通貨リップル(XRP)の買い方・購入方法 ・コインチェックで仮想通貨を買う方法が分かりません。・リップル(XRP)を購入するにはどうすればいいの?・購入前の入金方法も併せて教えて欲しい。 このような疑問...

Webウォレット(MetaMask)のインストール

コインチェックの口座開設ができたら、NFTの管理や入庫・出庫するために利用するWebウォレットをインストールしましょう。

Webウォレットとは、インターネット上に仮想通貨やNFTを保管する「財布」のことで、このウォレットを接続することで様々なブロックチェーンプラットフォームを利用できます。

Webウォレットも様々な種類がありますが、今回は利用ユーザーも多く、日本語対応もしている「MetaMask(メタマスク)」をインストールしましょう。

メタマスクは、Google chromeをお使いの方であれば「拡張機能」から簡単に追加できますし、コインチェックNFT(β版)の公式サイト内からもインストールすることができます。

メタマスクの具体的なインストール手順と基本的な使い方については、以下の記事で詳しく解説していますので、よければお読みください。

あわせて読みたい
MetaMask(メタマスク)の始め方・アカウント登録方法と基本的な使い方を解説 ・MetaMask(メタマスク)って何に使うの?・MetaMask(メタマスク)の登録方法が知りたい。・MetaMask(メタマスク)の使い方を教えて欲しい。 このような疑問にお答え...

スマホでメタマスクを利用したいという方は、以下の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
【iPhone版】MetaMask(メタマスク)のスマホアプリ登録方法と基本的な使い方 ・MetaMask(メタマスク)ってスマホでも使えるの?・MetaMask(メタマスク)をスマホで使う方法を教えて欲しい。・スマホアプリ版とパソコン版のMetaMask(メタマスク...

コインチェックNFT(β版)にMetaMask(メタマスク)を接続

MetaMask(メタマスク)がインストールできたら、コインチェックNFT(β版)と接続しましょう。

まずは、コインチェックNFT(β版)のマイページ上部にある「MetaMaskに接続」をクリックします。

各種規約の同意を求められるので、「同意してサービスを利用する」をクリックします。

MetaMask(メタマスク)が起動するので、接続するアカウント(デフォルトでOKです)を選択して「次へ」をクリックします。

そのまま「接続」をクリックし、次の画面で「署名」をクリックします。

これで、コインチェックNFT(β版)にMetaMask(メタマスク)を接続できました。

NFTの購入方法

それでは、いよいよNFTを購入していきましょう。とても簡単です。

まずは、コインチェックNFT(β版)のトップ画面から購入したいNFTを選択します。既に「SOLD」と記載のあるものは購入できませんので注意してください。

引用:Coincheck公式サイト

入庫順や価格順で並び替えることができるので、欲しいNFTを一覧から探してください。

購入したいNFTが見つかったら、クリックで商品詳細画面に移動します。

引用:Coincheck公式サイト

購入金額は、出品者が「受け取る通貨」に選択している仮想通貨の単位で表示されます。そのため、商品購入の際は、ここに表示されている通貨でのみ購入するこができます。

商品の詳細を確認したら「購入確認」をクリックし、次に「購入」をクリックすればNFTの購入は完了です。

引用:Coincheck公式サイト
ダイチ

一般的なショッピングサイトと同じような感覚で購入できますね。

コインチェックNFT(β版)のよくある質問

それでは最後に、コインチェックNFT(β版)でよくある質問にお答えします。

利用可能な通貨の種類はどれですか?

コインチェックで取り扱いのある仮想通貨のうち、以下の16銘柄でNFTの取引ができます。

ビットコイン(BTC)/ イーサリアム(ETH)/ モナコイン(MONA)/ リスク(LSK)/ リップル(XRP)/ ネム(XEM)/ ライトコイン(LTC)/ ビットコインキャッシュ(BCH)/ ステラルーメン(XLM)/ クアンタム(QTUM)/ ベーシックアテンショントークン(BAT)/ アイエスオーティー(IOST)/ エンジンコイン(ENJ)/ オーエムジー(OMG)/ パレットトークン(PLT)/ サンド(SAND)

出品中のNFTはどの通貨でも購入できますか?

出品中のNFTは、出品者が「受け取る通貨」に指定している通貨でのみ購入できます。

例えば、出品者がイーサリアム(ETH)を指定している場合、そのNFTはイーサリアム(ETH)でのみ購入可能です。

スマホアプリからNFTの取引はできますか?

Android版のスマホアプリであれば、NFT取引を利用できます。

アプリからアクセスすることで、ウェブビューを経由して操作できますが、この際MetaMask(メタマスク)と連携できないため、「入庫」のみ利用できません。

また、スマートフォン(iOS / Android)はモバイルブラウザからも入庫できないため、入庫する場合はPCブラウザで操作してください。

なお、iOS版のスマホアプリはNFT取引に非対応ですが、公式サイトによるとiOS版も今後は対応予定とのことです。

誰でも出品できますか?

にアカウント登録されている方であれば、どなたでも出品可能です。

購入したNFTはどこにありますか?

購入したNFTはコインチェックNFT(β版)のNFT専用ウォレットに保管され、「マイページ」から確認できます。

NFTを外部のブロックチェーンゲームなどで利用したい場合は、MetaMask(メタマスク)などのWebウォレットに出庫する必要があり、その際は手数料がかかります。

まとめ:コインチェックNFT(β版)でNFTをゲットしよう!

今回はコインチェックNFT(β版)とNFTの買い方について解説しました。

最後に本記事の内容をおさらいしておきます。

本記事の要点

  • コインチェックNFT(β版)は既存のNFTマーケットプレイスより便利な点が多い
  • コインチェックNFT(β版)は注目度の高いタイトルを取り扱っている
  • コインチェックNFT(β版)では誰でも簡単にNFTを購入できる

コインチェックNFT(β版)がスタートしたことで、NFT取引のハードルはグッと下がりました。

今回紹介した「The Sandbox(サンドボックス)」などのメタバースゲームや、歩いて稼げると話題の「STEPN(ステップン)」など、NFTを利用するプロジェクトは今後さらに盛り上がりを見せるでしょう。

今のうちからはじめておけば、将来的に価値の上がるNFTを安く購入できるかもしれません。是非このタイミングで、はじめてのNFTをコインチェックNFT(β版)でゲットしてみてください。

>> コインチェックで「無料口座開設」してNFT取引をはじめる

あわせて読みたい
パソコンでコインチェック(Coincheck)の口座を開設する方法を解説 ・コインチェックの口座開設って難しいのかな?・口座開設する前に何を準備すればいいの?・はじめて口座を開設するので上手くできるか不安です。 このような疑問にお答...

また、今回は国内取引所であるコインチェックのNFTマーケットプレイスを紹介しましたが、DeFiサービスとして日本でも人気のパンケーキスワップでもNFTを購入することができます。

パンケーキスワップでNFTを購入・販売する手順については、以下の記事で詳しく解説しているので、興味のある方はお読みください。

あわせて読みたい
【2022年最新】PancakeSwap(パンケーキスワップ)でのNFTの買い方・売り方を解説 ・PancakeSwap(パンケーキスワップ)でNFTを購入したいです。・具体的なNFTの購入手順を教えて欲しい。・NFTを販売や送金する方法が知りたい。 このような疑問にお答え...


今回は以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

仮想通貨のミカタでは、「仮想通貨やDeFiに関する情報を初心者の方にも分かりやすく」発信しています。

これからも有益な情報をお届けできるように頑張っていきますので、応援していただけると嬉しいです。

この記事が参考になったら、ぜひシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次