GoArt Metaverse(ゴーアートメタバース)の始め方・稼ぎ方・換金方法を解説

GoArt Metaverse(ゴーアートメタバース)の始め方・稼ぎ方・換金方法を解説
  • URLをコピーしました!
初心者さん

・GoArt Metaverseってどんなアプリですか?
・無料アプリはあまり稼げるイメージがないんだけど…
・GoArt Metaverseの始め方や稼ぎ方を教えて欲しい。
・どれぐらい稼げるの?換金手順も知りたい。

このような疑問にお答えします。

「無料で稼げる」と聞いて、これまでいくつも同じようなアプリをインストールしてきた経験はないでしょうか?

僕もこれまでにたくさんの無料アプリを実際にプレイしてきました。

ただ、確かに無料ではあるものの、稼げる金額はそれほど多くないというのが現状ですよね。

では、ここでそんなアナタに質問です。

仮想通貨の「MATIC(Polygon)」をご存知でしょうか?

「MATIC(Polygon)」は仮想通貨の時価総額ランキングでも上位に位置しており、現時点では1枚あたり約132円ほどの価値があります。

もし、このMATIC(Polygon)を1ヵ月ほどで20枚稼げるとしたら、今すぐやってみたいとは思いませんか?

今回、本記事で紹介する「GoArt Metaverse」では、期間限定で仮想通貨の「MATIC」を無料で稼ぐことができます。

しかも、1回あたりわずか2~3分ゲームをプレイをするだけでOKです。

本記事を読めば、1ヵ月のお小遣いを3,000円ほど増やすことができますよ。

ぜひ最後までお読みください。

なお、今すぐGoArt Metaverseをプレイしたいという方は、こちらのリンクからアプリをインストールしてください。

GoArt Metaverse
GoArt Metaverse
開発元:RoofStacks
無料
posted withアプリーチ

また、日本円に換金する際は「仮想通貨取引所の口座」が必須になります。

口座開設には「審査時間」が必要になるので、早めに申し込みだけは済ませておきましょう。

それでは、早速解説していきます。

本記事の内容

  • GoArt Metaverse(ゴーアートメタバース)とは?
  • GoArt Metaverseの始め方・アカウント登録方法
  • GoArt Metaverseの使い方とMTEトークンの稼ぎ方
  • 稼いだMTEトークンを日本円に換金する方法
  • GoArt Metaverseと併用可能な歩いて稼げる無料アプリ
プロフィール
ダイチ

プロフィール

こんな人が書いています

  • 300万円以上の仮想通貨を運用中
  • フリーランス × 複数ブログ運営 × 仮想通貨投資
  • ブログ最高月収6桁を達成
目次

GoArt Metaverse(ゴーアートメタバース)とは?

GoArt Metaverseは、ユーザーのタイムトラベルを可能にする世界初のAR/VRおよびWeb3.0テクノロジーを使用したメタバースプラットフォームです。

GoArt Metaverseでは「没入型の仮想体験」を作成して、その恩恵を受けたいユーザーやブランドにARを利用したメタバースのショッピング体験を提供することを目指しています。

そのため、単純なPlay to Earnというよりも、将来的にはショッピングも楽しめるメタバースプラットフォームになっていくと思われます。

無料でプレイできるAR/VR・メタバースアプリ

GoArt Metaverseは、初期費用なしで「誰でも無料プレイ可能」なAR/VR・メタバースアプリです。

有料のPlay to Earnアプリでは初期費用として「NFT」を購入する必要がありますが、GoArt MetaverseではNFTを購入しなくても無料で遊べます。

アプリはスマホのみでプレイ可能ですが、OSは「iOS・Android」のどちらにも対応しています。

また、将来的にはマルチプラットフォーム化により「VRプラットフォーム」でも提供でのサービス提供も目指しています。

現在は運営による「Free to Earnイベント」が実施されており、第一段階として100ETH(日本円で約1,800万円)相当分のMTEトークンが配布されています。

ダイチ

MTEはアプリ内専用のトークンですが、仮想通貨の「MATIC」と交換できます。

現時点で既に25ETH分のMTEトークンが配布されているので、残り75ETH(日本円で1,350万円)分の配布が完了するとイベントは一旦終了になると思われます。

そのため、今すぐアプリをインストールして稼ぎ始めることをおすすめします。

GoArt Metaverse
GoArt Metaverse
開発元:RoofStacks
無料
posted withアプリーチ

なお、日本円に換金する際は「仮想通貨取引所の口座」が必須になります。

口座開設には「審査時間」が必要になるので、早めに申し込みだけは済ませておきましょう。

換金方法については、記事の後半で詳しく解説します。

メタバース内を散策することでMTEトークンを獲得できる

GoArt Metaverseでは「ポータル」と呼ばれるメタバース空間を散策することで、アプリ内専用のトークンである「MTE」を獲得できます。

MTEトークン自体は仮想通貨ではなく、10枚集めることで仮想通貨の「MATIC」と交換することが可能です。

ポータルに入るには「エネルギー」を消費する必要があり、ゲーム開始時は「最大4エネルギー」を持った状態でスタートします。

なお、消費したエネルギーは2時間ごとに1つ回復します。

ポータルへの入り方には以下の3種類があり、それぞれプレイするために必要なエネルギーの量が異なります。

GoArt Metaverseのポータルへの入り方
  • Virtual Discovery:3エネルギー消費
  • AR Discovery:2エネルギー消費
  • AR On Location Discovery:1エネルギー消費

恐らくですが、現時点では「Virtual Discovery」と「AR Discovery」のみがプレイ可能な仕様になっているようです。

「Virtual Discovery」はアバターを使ってメタバース空間内を散策するプレイで、「AR Discovery」はAR(拡張現実)を使ってスマホを持ちながら動き回るプレイになります。

エネルギーを使って様々なポータルに入り、MTEトークンを集めていくのがGoArt Metaverseの基本的な遊び方です。

GoArt Metaverseで稼げる仮想通貨「MATIC」とは?

GoArt Metaverseではじめて仮想通貨を触るという方もいるかと思いますので、仮想通貨「MATIC」について簡単に解説しておきます。

以下が仮想通貨MATICの基本情報です。

MATICの基本情報
通貨名Polygon(MATIC)
ティッカーシンボルPolygon(MATIC)
対応チェーンPolygonチェーン
Ethereumネットワーク(ERC20)
BNBチェーン(BEP20)
上場時期2017年
発行上限枚数100億枚
公式サイトhttps://polygon.technology/
主な取り扱い取引所Bybit(バイビット)
ビットフライヤー
ビットバンク
※2022年11月時点

実は「MATIC」というのは古い名称で、2021年からは「Polygon」という名前に変更されています。

そのため、未だに取引所やプラットフォームによっては呼び方が混在している場合がありますが、基本的には「MATIC=Polygon」と覚えておけば大丈夫です。

また、複数のブロックチェーンネットワークに対応しているのも「MATIC」の特徴です。

主に海外では「Polygonチェーン」での送金が主流ですが、国内取引所で取り扱っているMATIC(Polygon)は「Ethereumネットワーク(ERC20)」のみに対応しています。

同じ「MATIC(Polygon)」でも、異なるチェーン間では送金ができないので、その点には注意が必要です。

GoArt Metaverseはどれぐらい稼げる?

GoArt Metaverseは無料で稼げるアプリですが、一体どれぐらい稼げるのか気になる方も多いと思います。

そこで現在の「交換レート」や「MAICの価格」を基に、GoArt Metaverseで稼げる金額を算出してみましょう。

算出条件としては以下のとおりです。

  • 現在の交換レートは「10MTE=1MATIC」
  • 出金するには「最低20MATIC(=200MTE)」が必要
  • 1日でプレイできる回数は約3~4回
  • 1回のプレイで約2~5枚のMTEを獲得できる
  • 1日平均で約10枚前後のMTEを獲得可能
  • 現時点でMATIC1枚あたりの価格は「約132円」

上記の条件から算出すると、だいたい20日~1ヵ月ほどあれば20MATIC(=200MTE)を貯めることは可能ではないかと思います。

現時点で1MATICあたりの価格は約132円なので、20MATICで約2,600円になります。

無料で1ヵ月ほどアプリをプレイするだけで、これだけ稼げるのであれば十分ではないでしょうか。

GoArt Metaverseのアプリは、こちらのリンクから今すぐにインストールできます。

GoArt Metaverse
GoArt Metaverse
開発元:RoofStacks
無料
posted withアプリーチ

なお、日本円に換金する際は「仮想通貨取引所の口座」が必須になります。

口座開設には「審査時間」が必要になるので、早めに申し込みだけは済ませておきましょう。

GoArt Metaverseの始め方・セットアップ方法

ここからはGoArt Metaverseの始め方・セットアップ方法について解説していきます。

GoArt Metaverseを始める手順は以下のとおりです。

GoArt Metaverseの始め方・セットアップ方法
  1. アプリをインストールする
  2. 位置情報とカメラを設定する
  3. アカウント登録してログインする

なお、今回は「iPhoneでの手順」を紹介しますが、Androidをお使いの方でも全体的な流れは同じになります。

それでは、1つずつ順番に解説していきます。

手順①:アプリをインストールする

まずは以下のボタンからGoArt Metaverseのアプリをインストールしましょう。

GoArt Metaverse
GoArt Metaverse
開発元:RoofStacks
無料
posted withアプリーチ

App Storeが開くので「入手」をタップします。

アプリのインストールができたら「開く」をタップします。

アプリが起動すると最初に通知設定が表示されるので、お好きな方を選んでください。

アプリの説明画面が表示されるので「Skip introduction」をタップします。

これでアプリのインストールは完了です。

手順②:位置情報とカメラを設定する

アプリがインストールできたら、続いて位置情報とカメラをONにしましょう。

以下の画面が表示されるので「CONTINUE」をタップします。

位置情報の利用を求められるので「設定」をタップします。(別の画面が表示された場合は「このAppを使用中」をタップしてください)

iPhoneの設定画面が開くので「位置情報サービス」をONにします。

そのまま画面を下にスクロールして、アプリの一覧から「GoArt」を探します。

「GoArt」をタップします。

「このAppを使用中」をタップします。

「このAppを使用中」にチェックが入ればOKです。

GoArt Metaverseのアプリに戻って「CONTINUE」をタップします。

カメラへのアクセスを求められるので「OK」をタップします。

これで位置情報とカメラの設定ができました。

手順③:アカウント登録してログインする

最後にアカウント登録してログインしましょう。

以下の画面になるので「Create an account」をタップします。

まずは「Username」にお好きな名前を入力します。

次に「メールアドレス」を入力します。

続いて「任意のパスワード」を入力します。

赤枠で囲んだ箇所にチェックを入れます。

「REGISTER」をタップします。

「Email is send」と表示され登録したメールアドレス宛にメールが届くので、メーラーを開いて確認してください。

以下のようなメールが届くので、本文中にある「CONFIRM」をタップします。

すると、GoArt MetaverseのWebサイトが開き、登録したメールアドレスが認証されます。

GoArt Metaverseのアプリに戻り、「Username or メールアドレス」と「パスワード」を入力します。

「LOG IN」をクリックします。

以下のような画面が表示されたらOKです。

これでアカウント登録とログインは完了です。

GoArt Metaverseの使い方・稼ぎ方

ここからはGoArt Metaverseの使い方・稼ぎ方について解説していきます。

GoArt Metaverseの使い方と稼ぎ方は以下のとおりです。

GoArt Metaverseの使い方・稼ぎ方
  1. ポータルを選択する
  2. ポータル内でMTEトークンを回収する
  3. MTEトークンを確認する

1つずつ順番に解説します。

①ポータルを選択する

アプリをインストールできたら、早速メタバース内でMTEトークンを獲得しましょう。

GoArt Metaverseでは、「ポータル」と呼ばれるメタバース空間の中でMTEトークンを収集します。ポータルには「現代・過去・未来」の3つがありますが、現時点でMTEトークンを獲得できるのは「過去」のポータルだけです。

ホーム画面に表示されているのは「現代」のポータルなので、まずは「過去」のポータルに移動しましょう。

ポータルを切り替えるには、画面下にある「紫色のボタン」を長押しします。

ボタンを長押しすると拡大するので、そのまま左に指をスライドさせてください。

これで「過去」のポータルに移動できます。

3つのポータルがあるので、お好きなポータルの「DISCOVER」をタップします。

なお、どのポータルを選んでもMTEトークンの獲得量には影響はないと思われます。

以下のような画面になるので、スマホを「横向き」にしてください。

はじめてプレイするポータルはダウンロードが必要なので「DOWNLOAD」をタップします。

データがダウンロードされるのを待ちます。

データをダウンロードできたら、左側の「Virtual Discovery」を選択します。(少し分かりにくいですが、「青い枠」で囲まれた状態が選択中になります)

そのまま「DISCOVER」をタップします。

これでポータルに入ることができます。

②ポータル内でMTEトークンを回収する

ポータルに入ったら、ポータル内のMTEトークンを回収しましょう。

以下のような画面になるので、赤枠で囲んだスティックでアバターを操作して、前方にある「三角形のゲート」をくぐりましょう。

三角形のゲートをくぐるとポータル内に転送されます。

まずはステックでアバターを操作して、ポータル内を歩き回ってみましょう。

画面右側の「何もない箇所」をタッチすると、視点を上下左右に動かすことができます。

また、画面の右上にあるアイコンをタップすると、視点が「一人称視点」に変わります。

一人称視点で見ると、こんな感じになります。

なお、画面の左上にある「バックパック」をタップするとステータスが表示されます。

ポータル内を散策していると、色々な場所でMTEトークンを発見できるます。

MTEトークンに近づくと回収できるので、ポータル内をくまなく散策してMTEトークンを集めましょう。

ポータル内にあるMTEトークンをすべて回収できたら、画面の右上にあるアイコンをタップして退出しましょう。

「EXIT」をタップするとポータルから出ることができます。

このように、ポータル内に点在するMTEトークンを集めることで「MATIC」と交換できるようになります。

③MTEトークンを確認する

ポータルから戻ったら、回収したMTEトークンを確認してみましょう。

集めたMTEトークンは、仮想通貨「MATIC」との交換やアバターのレベルアップに利用できます。

ホーム画面にに戻ると、画面の右上に保有しているMTEトークンが表示されています。

「MATIC」との交換レートを確認する場合は、ホーム画面の下にある「ウォレット型のアイコン」をタップします。

MTEトークンの保有数と「MATIC」に交換する際のレートを確認できます。

なお、「MATIC」への交換や換金手順については次の章で詳しく解説します。

また、アバターのレベルやエナジーを確認する際は、画面右下にある「アバターのアイコン」をタップします。

すると、以下のような画面になるので、ここでアバターのレベルやエナジーの回復時間を確認できます。

装備しているアイテムも、このページから確認することができます。

エナジーが回復したら、またポータルに移動してMTEトークンを集めることができます。

以上がGoArt Metaverseの基本的な使い方と稼ぎ方です。

補足:アバターの制作とレベルを上げる方法

ここからは補足として、アバターの制作やレベルを上げる方法を紹介します。

アバターを制作する方法

まずはアバターを制作する方法を紹介します。

GoArt Metaverseでは、「Ready Player Me」で作成したアバターを使って遊ぶことができます。

「Ready Player Me」はユーザーの写真などからアバターを制作できるサービスで、作ったアバターは様々なメタバースで使用することができます。

ホーム画面の左上にある「三本線のアイコン」をタップします。

「Settings」をタップします。

「Edit My Avatar」をタップします。

赤枠で囲んだ「Ready Player Meのバナー」をタップします。

最初に「アバターの性別」を選択します。

次に、自分の写真からアバターを制作する場合は「Take a photo」を選択し、既存のアバターから制作する場合は「Continue without a photo」をタップします。(今回は後者のパターンで進めます)

ベースになるアバターが表示されるので、お好きなものを選択してください。

ベースのアバターを選択できたら「Next」をタップします。

以下のような画面になるので、アバターの「パーツ」や「肌の色」を自由に組み合わせて、お好きなアバターを制作してください。

画面を「ピンチアウト」すると、アバターを拡大して見ることもできます。

アバターの制作ができたら「NEXT」をタップします。

アバターを保存するための「メールアドレス」を入力します。

メールアドレスを入力できたら「Send」をタップします。

「Your avatar is renewed」と表示されたら保存完了です。

これで自分のアバターを作成することができました。

アバターのレベルを上げる方法

続いて、アバターのレベルを上げる方法を紹介します。

GoArt Metaverseでは、ポータルに入るたびに「経験値」のような数値が貯まり、それが100%になるとアバターのレベルを上げることができます。

ただし、レベルアップには「10MTE」を消費する必要があります。

なお、現時点ではレベルアップによる「優位性」を特に感じないため、急いでレベルを上げる必要はないかもしれません。

そのため、一応のやり方だけを解説しておきますね。

まずアバターのページを開くと、左下に「現在のレベル」と「経験値(%)」が表示されているので、この部分をタップします。

このような画面が表示されるので、レベルを上げる場合は「CONFIRM」をタップします。

アバターのレベルが1つ上がりました。

必要な経験値があれば、さらにレベルを上げることもできます。

ちなみに、僕は「レベル3」まで上げてみましたが、エナジーの回復スピードなどは特に変化ありませんでした。

ただ、装備品の「バックパック」には数値の変化があったので、そちらを紹介します。

左側(1枚目)の画像がレベル1の状態で、右側(2枚目)の画像がレベル3の状態です。

こうして見ると、「Durability(耐久性)」や「Limitation(制限)」といった数値が上昇していますが、今のところ、特に獲得できるMTEトークンの数量などに変化はありません。

将来的には何かしらの恩恵があるのかもしれませんが、現時点ではレベルを上げるメリットは特にありません。

GoArt MetaverseのMTEトークンを換金する方法

GoArt Metaverseでは「MTE」というトークンを獲得できます。

この「MTE」を10枚集めると「MATIC」という仮想通貨1枚と交換できるので、そのまま日本円に換金することも可能です。

というわけで、ここからはMTEトークンを日本円に換金するまでの手順を解説いていきます。

GoArt Metaverseの「MTE」を日本円に換金する方法は以下のとおりです。

GoArt Metaverseの「MTE」を換金する手順
  1. メタマスクにPolygonチェーンを追加する
  2. MTEトークンをMATICに交換しメタマスクに送金する
  3. MATICをBybit(バイビット)に送金する
  4. MATICをXLMに交換する
  5. ビットフライヤーで口座を開設する
  6. XLMをビットフライヤーに送金する
  7. XLMを日本円に交換して出金する

それでは、1つずつ順番に解説します。

手順①:メタマスクにPolygonチェーンを追加する

まずはGoArt Metaverseで交換した「MATIC」を受け取るために、MetaMask(メタマスク)のアカウントを作成しましょう。

GoArt Metaverseには「仮想通貨の送金機能」がないので、自分のMetaMask(メタマスク)ウォレットを接続して「MATIC」を受け取る必要があります。

そのため、まずは以下の記事を参考にしてメタマスクのアカウントを作成してください。

スマホアプリ版メタマスクのアカウント登録手順は、こちらの記事をお読みください。

あわせて読みたい
【iPhone版】MetaMask(メタマスク)のスマホアプリ登録方法と基本的な使い方 ・MetaMask(メタマスク)ってスマホでも使えるの?・MetaMask(メタマスク)をスマホで使う方法を教えて欲しい。・スマホアプリ版とパソコン版のMetaMask(メタマスク...

なお、GoArt Metaverseはスマホのアプなので、メタマスクもスマホ版で接続する必要があります。

もし、普段はパソコン版のメタマスクを利用しているという方は、以下の記事を参考にしてパソコン版とスマホ版のメタマスクを「同期」してください。

パソコン版とスマホ版のメタマスクを同期する方法は、こちらの記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
MetaMask(メタマスク)のスマホ版とPC版を同期して複数端末から利用する方法 ・スマホで使っているMetaMask(メタマスク)はパソコンでも使えるの?・パソコンのMetaMask(メタマスク)をスマホでも使えるようにしたい。・どうやって同期すればい...

メタマスクのアカウントができたら、次は「Polygonチェーン」を追加しましょう。

「MATIC」はPolygonチェーンを使って送金する仮想通貨なので、メタマスクにもPolygonチェーンを追加しておく必要があります。

まずはホーム画面の左上にある「三本線のアイコン」をタップします。

メニューが開くので「設定」をタップします。

「ネットワーク」をタップします。

「ネットワークを追加」をタップします。

POPULARの一覧から「Polygon Mainnet」をタップします。

「Approve」をタップします。

「Switch to network」をタップします。

ネットワークが追加され、ホーム画面の表示が「Polygon Mainnet」に切り替わればOKです。

これでメタマスクにPolygonチェーンを追加できました。

手順②:MTEトークンをMATICに交換しメタマスクに送金する

続いて、GoArt MetaverseでMTEトークンを「MATIC」に交換してメタマスクに送金しましょう。

「MATIC」は最低20枚(=200MTE)から送金できますが、まだ僕が送金できる枚数分貯まっていないので、今回は公式のホワイトペーパーから手順を引用して解説します。

MTEトークンを「MATIC」に交換してメタマスクに送金する手順は以下のとおりです。

  1. ホーム画面の右下にある「ウォレット」を開き[CONNECT TO WALLET] をタップします。
  2. 「メタマスク」を選択し、メタマスクが起動したら接続を許可します。
  3. 交換する MTEトークン の数量を入力します(全額の場合は[MAX] ボタンをタップします)
  4. [WITHDRAW] をタップして送金を開始し、メタマスクに確認画面が表示されたら承認してください。
  5. 送金が完了するまで待ちます。
  6. 「Withdrawal is Completed」と表示されたら、送金は完了です。

これでメタマスクに「MATIC」を送金できました。

手順③:MATICをBybit(バイビット)に送金する

メタマスクに「MATIC」を送金できたら、そのまま海外取引所のBybit(バイビット)へ送金しましょう。

国内取引所のビットフライヤービットバンクでも「MATIC」は取り扱っていますが、どちらもPolygonチェーンに対応していないため、直接送金することができません。

そのため、一度バイビットへ送金し、別の仮想通貨に交換してから国内の取引所へ送金する必要があります。

バイビットは無料で口座開設できて審査も早いため、本人確認まで含めても「約15分ほど」で完了します。

また、公式サイトやアプリなども「完全に日本語対応」しているため、国内の取引所と変わらない感覚で利用できるので、はじめて海外取引所を利用する方でも安心です。

なお、以下のボタンから登録すると取引手数料が永久10%OFFとお得に利用できるので、よければ活用してください。

\取引手数料10%OFF

Bybit(バイビット)で口座を開設する手順は、こちらの記事で詳しく解説しています。

あわせて読みたい
スマホからBybit(バイビット)の口座開設・本人確認手順を解説 ・Bybit(バイビット)の口座開設って難しいのかな?・海外取引所の口座開設に必要なものを教えてほしい。・スマホからも口座開設できますか? このような疑問にお答え...

バイビットの口座を開設できたら、以下の記事を参考にして、メタマスクから「MATIC」を送金しましょう。

送金する際のネットワークは、必ず以下の設定にしてください。
メタマスク:Polygon Mainnet
バイビット:MATIC

メタマスクからバイビットに仮想通貨を送金する方法は、こちらの記事をお読みください。

あわせて読みたい
【PC・スマホ】MetaMask(メタマスク)からBybit(バイビット)へ送金する方法 ・メタマスクからバイビットへ仮想通貨を送金したいです。・メタマスクのスマホアプリからでも送金できるの?・送金の手数料(ガス代)や送金時間も教えて欲しい。 この...

手順④:MATICをXLMに交換する

バイビットに「MATIC」を送金できたら、そのまま「ステラルーメン(XLM)」という仮想通貨と交換しましょう。

なぜ「XLM」に交換するのかというと、最も安い手数料で国内取引所へ送金できるからです。

リップル(XRP)で送金することを推奨している解説ページもありますが、実際には「XLM」の方が10分の1以下の手数料できるのでお得です。

※詳しい交換手順は後日更新します。現在執筆中ですので、今しばらくお待ちください。

手順⑤:ビットフライヤーで口座を開設する

「MATIC」を「XLM」に交換できたら、いよいよ国内の取引所へ送金しましょう。

送金先は「XLM」の取り扱いがある取引所ならどこでも大丈夫ですが、個人的にはビットフライヤーをおすすめします。

なぜならば、ビットフライヤーで口座を持つと「ネットサーフィンするだけで稼げるようになる」からです。

具体的には「Brave(ブレイブ)」というWebブラウザを使うことで、仮想通貨の「BAT」が貯まり、ビットフライヤーの口座へ自動的に入金されます。

つまり、Webページを閲覧しているだけで仮想通貨を稼げるようになるんです。

せっかく口座を作るなら、少しでもお小遣い稼ぎができた方がいいですよね。

ネットサーフィンするだけで仮想通貨を稼げる「Brave(ブレイブブラウザ)」の使い方は、こちらの記事をお読みください。

あわせて読みたい
ネットサーフィンで稼ぐ!Braveブラウザで仮想通貨報酬を無料で貯める方法 ・ネットサーフィンするだけで稼げるって本当ですか?・具体的に何をすれば稼げるようになるの?・稼ぎ方や換金する方法を教えて欲しい。 このような疑問にお答えします...

ビットフライヤーの口座開設は以下のボタンから「最短10分ほどで申し込み」できるので、ぜひこの機会にはじめてみてください。

ビットフライヤーの口座を開設する手順は、こちらの記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
【画像で分かる】ビットフライヤーの口座開設手順を詳しく解説(PC版) ・ビットフライヤーの口座開設って簡単にできるのかな?・事前に準備しておくものがあれば教えて欲しい。 このような疑問にお答えします。 今回は、ビットフライヤーの...

手順⑥:XLMをビットフライヤーに送金する

ビットフライヤーで口座を開設したら、バイビットから「XLM」を送金しましょう。

以下の手順でXLMをビットフライヤーへ送金できます。

  1. ビットフライヤーの「入金アドレス」を確認する
  2. バイビットに「入金アドレス」を入力する
  3. バイビットからXLMを送金する

※詳しい送金手順は後日更新します。現在執筆中ですので、今しばらくお待ちください。

手順⑦:XLMを日本円に交換して出金する

ビットフライヤーにXLMを入金できたら、日本円に交換(両替)して出金しましょう。

ビットフライヤーからの出金手順は以下の2ステップです。

ビットフライヤーからの出金手順
  1. XLMを日本円(JPY)に両替する
  2. ビットフライヤーから日本円を出金する

XLMのままでは出金できないため、ビットフライヤーでXLMを売却し、日本円(JPY)に両替してから出金手続きをする流れになります。

ビットフライヤーから出金する手順は、こちらの記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
【スマホで簡単】ビットフライヤーへの入金方法と出金のやり方を解説(PayPay銀行版) ・ビットフライヤーへの入金方法が分かりません。・日本円を出金するにはどうすればいいの? このような疑問にお答えします。 今回は、ビットフライヤーへの「日本円の...

以上が、GoArt Metaverseの「MTEトークン」を日本円に換金する手順です。

GoArt Metaverseと併用可能な歩いて稼げるアプリ

無料で仮想通貨を獲得できるGoArt Metaverseですが、せっかくなら「他のアプリと併用」した方が、より効率よく稼ぐことができます。

そこで、今すぐプレイできてGoArt Metaverseとも併用できる「無料のMove To Earn(M2E)アプリ」を紹介します。

1つのアプリだけでは稼げる額に限界がありますが、複数のアプリを併用することで同じ歩数でも稼げる金額を増やすことができるので、より稼げる額も大きくなります。

GoArt Metaverseと併用可能なおすすめの無料M2Eアプリは以下の3つです。

  • Sweatcoin(スウェットコイン)
  • ステラウォーク
  • aruco(アルコ)

1つずつ順番に紹介していきます。

Sweatcoin(スウェットコイン)

最初に紹介するのは「Sweatcoin(スウェットコイン)」です。

Sweatcoinでは1,000歩ごとに「1SWC」を獲得でき、1日最大5,000歩分まで稼ぐことができます。

貯まったSWCは専用の「SWEAT WALLET」と連携することで仮想通貨の「SWEAT」に交換されるため、他の仮想通貨との交換や日本円への換金も可能です。

また、SWEAT WALLETでは仮想通貨の「SWEAT」をステーキングして報酬を得ることもできます。

SWEATは本記事執筆時点も約2円前後の価値があるため、今最も稼ぎやすい無料M2Eアプリと言えるでしょう。

初期費用無料ですぐに始めることができるので、歩いて稼ぐアプリに興味のある方はインストールしておいて損のないアプリです。

Sweatcoin(スウェットコイン)の始め方やセットアップ手順は、以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

あわせて読みたい
【簡単3ステップ】Sweatcoin(スウェットコイン)の始め方・セットアップ方法!稼ぎ方も解説 ・Sweatcoin(スウェットコイン)の始め方が分かりません。・初期設定やセットアップは何をすればいいですか?・どうやって稼げばいいのか教えて欲しい。 このような疑...

また、Sweatcoin(スウェットコイン)の換金方法については、こちらの記事をお読みください。

あわせて読みたい
Sweatcoinの出金・送金・日本円への換金方法を解説【Bybit(バイビット)】 ・Sweatcoinを日本円に換金するにはどうすればいいの?・SWEATの取引所の中でおすすめはどこ?・はじめて仮想通貨を換金するから手順を詳しく教えて欲しい。 このような...

ステラウォーク

次に紹介するのは「ステラウォーク」です。

ステラウォークでは「ステラルーメン(XML)」という仮想通貨を稼ぐことができ、現在は1枚あたり「約12円」ほどの価値があります。

ダイチ

ステラルーメン(XML)は、過去1枚あたり「40円以上」の価値を付けたこともある仮想通貨です。

ステラウォークでは、毎日1,500歩・3,000歩・5,000歩・6,500歩・8,000歩ごとにカプセルを獲得でき、カプセルを開封することで「ジェム」と呼ばれるポイントを貯めることができます。

この「ジェム」を集めるとステラルーメン(XML)と交換できるようになるため、初期費用などは一切かけずに仮想通貨をゲットできます。

ステラウォーク - 歩くだけで暗号資産が貰える!
ステラウォーク – 歩くだけで暗号資産が貰える!
無料
posted withアプリーチ

ステラウォークの始め方・使い方については、以下の記事で詳しく解説しています。

あわせて読みたい
ステラウォークの始め方!歩いて稼ぐM2Eアプリはどれくらい稼げるのかを解説 ・初期費用なしで歩いて稼げるアプリはないかな?・無料版のSTEPNみたいなアプリってありますか?・ステラウォークってどれくらい稼げるの? このような疑問にお答えし...

aruco(アルコ)

最後に紹介するのは「aruco(アルコ)」です。

aruco(アルコ)は、2022年8月15日にリリースされたばかりの新しいアプリです。

歩いた歩数に応じて、「ドロップ」というアプリ内のポイントを獲得でき、貯まったドロップを使って仮想通貨と交換できます。

aruco(アルコ)で交換できる通貨は「WBTC」や「USDT」など5種類あり、アプリと比べてもメジャーな仮想通貨と交換できるのが特徴です。

歩く以外にも仮想通貨の価格予想やミニゲームで稼ぐこともでき、操作性やルールが先ほど紹介した「ステラウォーク」に近いので、同時に始めることをおすすめします。

なお、以下の招待コードを利用すると、100ドロップ(約2~3日稼働分)が加算された状態でスタートできますよ。

招待コード:QMA09D44C8

ARUCO-歩いて暗号通貨を貯める小遣い稼ぎアプリ
ARUCO-歩いて暗号通貨を貯める小遣い稼ぎアプリ
無料
posted withアプリーチ

aruco(アルコ)の始め方や使い方は以下の記事で解説しているので、気になる方は参考にしてください。

あわせて読みたい
【招待コードあり】aruco(アルコ)の始め方!歩いて仮想通貨を稼げる無料のM2Eアプリ ・歩いて稼げるアプリが人気だけど初期費用が高いな…・無料で始められるM2Eアプリはないかな?・aruco(アルコ)ってどんなアプリ?稼げるの? このような疑問にお答え...


また、上記で紹介したアプリはいずれも「仮想通貨を稼げるアプリ」ですが、こちらの記事では「通常のポイ活アプリ」も含めた歩いてお金を稼ぐおすすめアプリを紹介していますので、気になる方はお読みください。

あわせて読みたい
歩いてお金を稼ぐアプリは安全なのか?仕組みや併用可能なおすすめアプリも紹介 ・歩いて稼げるアプリって怪しくないの?・どういう仕組みで稼げるのか分かりません。・おすすめの歩いて稼げるアプリを教えて欲しい。 このような疑問にお答えします。...

GoArt Metaverseについてよくある質問

それでは最後に、GoArt Metaverseについてよくある質問にお答えします。

初期費用は必要ですか?

はい。GoArt Metaverseは初期費用不要で、誰でも無料でプレイできます。

Androidスマホでもプレイできますか?

はい。GoArt MetaverseはiOS版とAndroid版の両方でリリースされています。

他のアプリと併用できますか?

もちろん併用可能です。

本記事内で紹介した無料M2EアプリのSweatcoin(スウェットコイン)ステラウォークと併用すれば、さらに効率よく稼げます。

MTEトークンを日本円に換金できますか?

はい。換金することも可能です。

GoArt MetaverseではMTEトークンを仮想通貨の「MATIC」と交換して出金できるため、MATICを仮想通貨取引所で日本円に交換することで換金できます。

詳しい手順は記事内で紹介していますので、そちらを参考にしてください。

まとめ:GoArt Metaverseでメタバース空間で稼ごう

今回は、GoArt Metaverse(ゴーアートメタバース)について解説しました。

最後に本記事の内容をおさらいしておきます。

本記事の要点

  • 1ヵ月で約3,000円ほど稼げる無料のアプリ
  • GoArt Metaverseはメタバースを散策することで稼げる
  • 獲得したMTEトークンは仮想通貨「MATIC」と交換できる
  • 換金には海外と国内の仮想通貨取引所を利用する
  • 他の無料M2Eアプリと併用するとより効率よく稼げる

GoArt Metaverseは手軽にメタバースを体験しながら稼げる今イチオシのアプリです。

無料アプリをインストールするだけで、誰でもすぐに稼ぎ始めることができます。

他の無料アプリと比べて「稼げる金額も大きい」ですが、MTEトークンの配布枚数には上限があるので、今すぐにインストールすることをおすすめします。

GoArt Metaverse
GoArt Metaverse
開発元:RoofStacks
無料
posted withアプリーチ

繰り返しになりますが、GoArt Metaverseで稼いだ仮想通貨「MATIC」を日本円に換金するには仮想通貨取引所の口座が必要です。

そのために「準備するべきこと」は以下の2つだけです。

なお、Bybit(バイビット)は以下のボタンから口座開設すると取引手数料が永久10%OFFとお得に利用できるので、よければ活用してください。

\取引手数料10%OFF

Bybit(バイビット)で口座を開設する手順は、こちらの記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

あわせて読みたい
スマホからBybit(バイビット)の口座開設・本人確認手順を解説 ・Bybit(バイビット)の口座開設って難しいのかな?・海外取引所の口座開設に必要なものを教えてほしい。・スマホからも口座開設できますか? このような疑問にお答え...

また、ビットフライヤーの口座を開設する手順は、こちらの記事をお読みください。

あわせて読みたい
【画像で分かる】ビットフライヤーの口座開設手順を詳しく解説(PC版) ・ビットフライヤーの口座開設って簡単にできるのかな?・事前に準備しておくものがあれば教えて欲しい。 このような疑問にお答えします。 今回は、ビットフライヤーの...

ちなみに、今回は併用可能は「歩いて稼ぐアプリ」を紹介しましたが、今後は「寝て稼ぐアプリ」も登場します。

寝て稼ぐアプリについては以下の記事で詳しく解説していますので、興味のある方はお読みください。

Sleep To Earnについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

あわせて読みたい
Sleep To Earnとは?特徴や始め方・おすすめゲームアプリまで解説 ・Sleep To Earnってなんですか?・寝るだけで稼げるって本当なの?・自分にもできるのか気になります。・おすすめのSleep To Earnゲームを教えて欲しい。 このような疑...

Sleep Future(スリープフューチャー)については、こちらの記事をお読みください。

あわせて読みたい
寝るだけで仮想通貨を稼げるSleep Future(スリープフューチャー)の特徴や始め方を解説 ・Sleep Future(スリープフューチャー)ってどんなアプリ?・寝てるだけで稼げるって本当ですか?・評判や将来性はどうなのかな?・どうすれば始められるのか教えて欲...

Sleepagotchi(スリーパゴッチ)については、こちらの記事をお読みください。

あわせて読みたい
【寝て稼ぐ】Sleepagotchi(スリーパゴッチ)とは?特徴や始め方・稼ぎ方を解説 ・Sleepagotchi(スリーパゴッチ)ってどんなアプリ?・寝るだけで稼げるって本当なの?・評判や将来性はどうなんだろう?・ゲームの始め方を教えて欲しい。 このような...

SleeFi(スリーファイ)については、こちらの記事をお読みください。

あわせて読みたい
【寝て稼げる】SleeFi(スリーファイ)とは?仕組みや特徴・始め方を解説 ・SleeFi(スリーファイ)ってどんなアプリですか?・寝るだけで稼げるって本当なの?・評判や将来性はどうなんだろう?・SleeFi(スリーファイ)の始め方を教えて欲し...

今回は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

仮想通貨のミカタでは、「仮想通貨やDeFiに関する情報を初心者の方にも分かりやすく」発信しています。

これからも有益な情報をお届けできるように頑張っていきますので、応援していただけると嬉しいです。

この記事が参考になったら、ぜひシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次