MEEET(ミート)の初期費用はいくら?原資回収までの日数や効率的な稼ぎ方も解説!

MEEET(ミート)の初期費用はいくら?原資回収までの日数や効率的な稼ぎ方も解説!
  • URLをコピーしました!

この記事には広告・プロモーションが含まれています。

初心者さん

・MEEET(ミート)の初期費用はいくらぐらい必要ですか?
・原資を回収するまでにどれぐらいの期間がかかるんだろう?
・原資回収のコツやおすすめの稼ぎ方があれば教えて欲しい。

このような疑問にお答えします。

本記事の内容

  • MEEET(ミート)の初期費用
  • MEEET(ミート)で初期費用以外にかかるコスト
  • MEEET(ミート)の原資回収までの目安期間
  • MEEET(ミート)の原資回収を早めるおすすめの方法
  • MEEET(ミート)で仮想通貨MSTを効率的に稼ぐコツ

稼げる「農場系P2E(Play to Earn)アプリ」として話題のMEEET(ミート)ですが、今から始めても原資回収できるのか不安に思う方も多いはず。

そこで本記事では、MEEET(ミート)の初期費用と原資回収までの目安期間について解説していきます。

先に結論をお伝えすると、それぞれ以下のようなイメージになります。

  • 必要な初期費用:最低8,000円~10,000円程度
  • 原資回収期間の目安:約1ヶ月弱

結論としては上記のとおりですが、実はMEEETには初期費用以外にも必要なコストがあるので、そちらも併せて解説させていただきます。

また、「初期費用を効率的に回収するコツ」「原資回収を早めるおすすめの方法」も紹介しますので、原資を回収できるか不安な方も参考になるかと思います。

本記事を読めば、稼ぐために必要なNFT購入の費用感や原資回収までの道のりがイメージできるようになりますよ。

これからMEEETを始めようか迷っている方は、ぜひ最後までお読みください。

なお、MEEETでNFTを購入したり、ゲームで稼いだ仮想通貨MSTを換金するためには「仮想通貨取引所の口座」が必須になります。

口座開設には半日~1日程度の審査時間がかかるので、先に申し込みを済ませておきましょう。

\手数料に関する大事なお知らせ /

仮想通貨を『販売所』で購入すると最大で5%ほど手数料で損してしまいます。

(たとえば…5万円分を購入すると手数料だけで2,500円の損になる)

有名なコインチェックでは、ほとんどの仮想通貨を『販売所』でしか購入できません。

損せずに仮想通貨を買うなら『取引所』で購入できるビットフライヤーがおすすめです。

\無料で最短10分!スマホでもOK /

\ 口座開設前に読んでください /

今なら口座開設時に招待コード「psy0xuqf」を入力するだけで、

ビットコイン1,000円分がもらえるキャンペーン中です。

24時間以内にもらえるので、忘れずに入力してサクッと受け取りましょう。
※上記リンクまたはボタンからのみ有効なので、お間違いないようにご注意ください。

プロフィール
ダイチ

プロフィール

こんな人が書いています

  • 300万円以上の仮想通貨を運用中
  • 運用利回りやBCGで月10万円以上の副収入を継続中
  • 複数ブログを運営し最高月収6桁を達成
目次

MEEET(ミート)の初期費用はいくら必要?

初期費用について解説する前に、まずはMEEETを始める上での基本的な知識を紹介します。

MEEETでは「ファーマー」と呼ばれるNFTを保有した状態でゲームをプレイすることで、仮想通貨の「MST」を稼ぐことができます。

つまり、MEEETを始める際の初期費用とは、この「ファーマーNFTの購入費用」ということですね。

それでは実際に売られている「ファーマーNFTの種類」や「現時点での最低価格」を見てみましょう。

ファーマーNFTの購入方法

MEEETのMarketでは、以下の4通りの方法でファーマーNFTを購入できます。

購入方法内容
ファーマーNFTファーマーNFTを購入する
ミニファーマーNFTミニファーマーNFTを購入する
キャラクターボックスファーマーNFTが入ったボックスを購入する
ミニキャラクターボックスミニファーマーNFTが入ったボックスを購入する
MEEETのファーマーNFT購入方法

MEEETには2種類のファーマーNFTがあり、それぞれ以下のような特徴があります。

  • ファーマーNFT:基本的な農夫のNFTで、1体ごとにデザインが異なる
  • ミニファーマーNFT:廉価版のファーマーNFTで、デザインはすべて共通

当初は「ファーマーNFT」のみが販売されていましたが、初期費用を抑えたいユーザー向けに2022年11月からは廉価版の「ミニファーマーNFT」も登場しました。

基本的なステータスなどは共通ですが、ミニファーマーNFTは廉価版ということで、4分の1程度の価格で購入できるかわりに稼げるMSTの額も4分の1弱ほどになります。

また、ファーマーNFTが入った「キャラクターボックス」を購入することもできます。

こちらもファーマーNFTと同じく通常の「キャラクターボックス」とミニファーマーNFTが入っている「ミニキャラクターボックス」の2種類があります。

キャラクターボックスは開封するまでどんなファーマーNFTが入っているか分からないので、いわゆる「ガチャ」的な要素になりますね。

ファーマーNFTのランク(品質)

MEEETのファーマーNFTにはランク(品質)という概念があり、以下の順で価値が高くなります。

コモンアンコモンレアエピックレジェンダリー

このランク(品質)は、ファーマーNFTの「ベース属性値の範囲」「レベルアップ時の属性ポイントの数値」に影響します。

例)アンコモンでは「8~18」の間でしかベース属性値が出ず、レベルアップ時の属性ポイントは「6」付与される。

もちろんランク(品質)の高いファーマーNFTを選んだ方が稼ぎやすくなりますが、その分価格も高くなります。

ですが、先ほどのキャラクターボックスなら、「コモン」のボックスから3%の確率で「アンコモン」のファーマーNFTが出るので、それを狙って購入してみるのもアリだと思います。

ファーマーNFTのタイプ別フロア価格(最低価格)

ファーマーNFTの基礎知識が分かったところで、それぞれ購入する場合の費用を見てみましょう。

こちらの表は、現時点でのファーマーNFTのフロア価格(最低価格)です。(※1BNB=41,000円で計算)

スクロールできます
購入方法(ランク)最低価格日本円換算
ファーマーNFT(コモン)0.235BNB約9,600円
ファーマーNFT(アンコモン)1.8BNB約73,800円
キャラクターボックス(コモン)0.275BNB約11,200円
キャラクターボックス(アンコモン)2.1BNB約86,100円
ミニファーマーNFT0.049BNB約2,000円
ミニキャラクターボックス0.054BNB約2,050円
ファーマーNFTの最低価格

最も多く出品されている「コモンのファーマーNFT」は、だいたい0.235BNB(9,600円)程度が最低価格になります。

ダイチ

以前は1BNB以上で取引されていたので、今はかなり参入しやすい価格帯になりましたね。

また、「コモンのミニファーマーNFT」の方は、2,000円程度で購入できる場合が多いので、とりあえずお試しで買ってみたいという方にはお手頃な価格ですね。

ファーマーNFTとキャラクターボックスはどちらを買うべき?

ここまで読んで「ファーマーNFTとキャラクターボックスはどちらを買った方がいいの?」と思われた方もいるかと思うので、選ぶ際のポイントについて補足させていただきます。

MEEETでは、ファーマーNFT同士を掛け合わせて「新しいファーマーNFT」をミント(生成)できます。

ファーマーNFTをミントする際は「ミント費用」として仮想通貨MSTを支払います。

ミントには2体のファーマーNFTが必要ですが、1体のファーマーNFTで最大7回までのミントが可能です。

なお、ミントの回数が増えるたびにミント費用も高額になっていきます。

ですので、どちらを購入するか迷った時は「将来的にミントをしてファーマーNFTを増やす予定があるかどうか」で選ぶのがいいでしょう。

ただ、「ミント回数0回」のファーマーNFTがMarketに出品されることはほとんどないので、具体的には以下の二択になるかなと思います。

  • ミント予定ありの場合:キャラクターボックスを購入
  • ミント予定なしの場合:ファーマーNFTを購入

キャラクターボックスであれば確実に「ミント回数0回」のファーマーNFTを入手できるので、将来ミントをしていきたい方はこちらを購入するのがいいでしょう。

一方、ミントせずに1体運用でコツコツ稼いでいくという方は、ファーマーNFTを購入するのがおすすめです。

MEEET(ミート)の初期費用を確認する方法

初期費用についてだいたいのイメージは掴んでいただけたかと思うので、続いて初期費用をリアルタイムで確認する方法を紹介します。

先ほど紹介したファーマーNFTの価格(=初期費用)は、あくまでも現時点の価格になります。

ファーマーNFTの価格は常に変動しているので、実際に購入する際はご自身で計算し直す必要があります。

MEEETの初期費用は、以下の2点を調べることで確認できますよ。

MEEETの初期費用を確認する方法
  1. ファーマーNFTの最低価格を確認する方法
  2. 仮想通貨BNBの価格を確認する方法

それぞれ詳しく解説します。

ファーマーNFTの最低価格を確認する方法

1つ目に確認するのは、ファーマーNFTの最低価格です。

NFTスニーカーの価格を確認するには、あらかじめMEEETのアプリをインストールしておく必要があります。

まだインストールしていない方は、まずは以下の記事を参考にしてアプリを使えるようにしましょう。

MEEETアプリのインストール方法は、こちらの記事をお読みください。

あわせて読みたい
MEEET(ミート)アプリのインストールと登録手順・ウォレットの作成と入金方法を解説! ・MEEET(ミート)の登録方法がわかりません。・アプリのインストール手順を教えてください。・アプリをインストールした後は何をすればいいの? このような疑問にお答...

まずは画面の左上にある「キャラクターアイコン」をタップします。

以下のような画面になるので、右下にある「Market」をタップします。

デフォルトでは「価格の安い順」になっているので、それぞれ左上に表示されているものが最低価格になります。

もし「価格の安い順」になっていない場合は、右上にある「フィルター」をタップします。

プルダウンから「Lowest Price」を選択します。

すると、表示が「価格の安い順」に変わります。

このようにして、ファーマーNFTの最低価格を確認してください。

仮想通貨BNBの価格を確認する方法

続いて、ファーマーNFTの購入に使用する「仮想通貨BNB」の価格を確認する方法です。

こちらについては特に難しいことはなく、シンプルにGoogleでググるだけです。

ブラウザからGoogleにアクセスして「BNB」で検索します。

すると、以下のようにBNBのチャートが表示され、現在の価格を確認できます。

このようにしてBNBの価格を確認できたら、あとは以下の計算をするだけです。

ファーマーNFTの最低価格 ✕ BNBの価格 = MEEETの初期費用

これで「MEEETの初期費用」として日本円でいくら必要なのかを確認できます。

MEEET(ミート)で初期費用以外にかかるコストは?

ここまでMEEETの初期費用について解説してきましたが、実はMEEETには初期費用以外にもかかるコストがあります。

初期費用が「イニシャルコスト」だとしたら、「ランニングコスト」と呼ばれるものですね。

原資回収までのシミュレーションを立てる上では、こちらのランニングコストも理解しておくことが大事です。

ランニングコストはアプリ内で稼いだMSTで支払うので、追加で課金が必要なわけではありません。ただ、「稼いだMSTが100%利益になるわけではない」ということだけ覚えておきましょう。

MEEETで発生するランニングコストは、主に以下の3つあります。

MEEETのランニングコスト
  1. ファーマーNFTのレベルアップ
  2. ファーマーNFTのリペア(補修)
  3. ファーマーNFTのリストア

それでは、1つずつ順番に解説しますね。

コスト①:ファーマーNFTのレベルアップ

1つ目のランニングコストは、ファーマーNFTのレベルアップに使うコストです。

ファーマーNFTには「レベル」という概念があります。

レベルを上げることでファーマーNFTの「属性値(ステータス)」が高くなり、より効率よくMSTを稼ぐことができます。

ただ、レベルを上げるためには、その都度「MST」+「所要時間」がかかります。

レベルは「最大30」まで上げることができますが、レベルが高くなるほど、レベルアップ時に必要なMSTの枚数が増え、所要時間も長くなる仕組みです。

また、レベルアップ時のコストは基本的に「次のレベル×1MST」ですが、以下のタイミングでは通常よりもコストが大きくなります。

  • レベル4 → 5:10MST
  • レベル9 → 10:20MST
  • レベル14 → 15:30MST
  • レベル20 → 21:40MST

レベルが上がるほど稼ぎやすくはなりますが、あまりコストをかけ過ぎると原資回収が先送りになってしまうので、上記レベルの手前までレベルを上げたら、先に原資回収を始めるのがおすすめです。

コスト②:ファーマーNFTのリペア(補修)

2つ目のランニングコストは、ファーマーNFTのリペア(補修)に必要なコストです。

ファーマーNFTには「耐久力(Durability)」というステータスがあり、これが低下した状態になるとファーマーNFTのステータスが下がり収益が減少します。

耐久力(Durability)の最大値は「100」で、タスクをクリアするたびに少しずつ下がっていきます。

ファーマーNFTにはMSTの獲得量に影響する「Profit」というステータスがありますが、耐久力が一定値以下になるとProfitが減少するため稼ぎにくくなります。

「Durability」減少時のペナルティ
  • Durabilityが50/100以下:Profitは90%に減少
  • Durabilityが20/100以下:Profitは10%に減少

そのため、耐久力が低下したタイミングで定期的にMSTを支払ってリペア(補修)する必要があるわけです。

必要なコストは、ファーマーNFTの「レベル」や「ランク」によって変動するため単純計算はできないですが、ゲームをプレイする上で発生するランニングコストとして認識しておきましょう。

コスト③:ファーマーNFTのリストア

3つ目のランニングコストは、ファーマーNFTのリストアに必要なコストです。

ファーマーNFTには「Old」というステータスがあり、Old値が一定以下に低下するとファーマーNFTのステータスが下がり収益が減少します。

OldはStrengthを消費した際に減少し、一定の値を下回ると以下のようなペナルティを受けます。

「Old」減少時のペナルティ
  • 100%以下:NFTをMarketで販売や譲渡できなくなる
  • 70%未満:MST収益-15%、Durability減少率+15%、Old減少率+15%
  • 50%未満:MST収益-50%、Durability減少率+50%、Old減少率+50%
  • 20%未満:Strengthの対象としてカウントされない。MST収益-50%、Durability減少率+50%、Old減少率+50%
  • 0%:ファーマーNFTでMSTを獲得できない

Oldを回復するには、MSTに加えてにミステリーボックスやMarketから入手できる「赤GEM」が必要になります。

このように、稼いだMSTはすべて利益になるわけではなく、一部はファーマーNFTの「レベル上げ」や「リペア・リストア費」で消費することなります。

MEEET(ミート)の原資回収までの目安期間は?

MEEETの初期費用とランニングコストが分かったところで、ここからは原資回収までの目安期間について解説していきます。

なお、今回は例として「ファーマーNFTを10,000円で購入した場合」の原資回収にかかる目安を解説します。

先に結論からお伝えすると、MEEETの原資回収は約1ヶ月弱が目安です。

また、少しでも原資回収を早めるために、2つの工程に分けて進めるのをおすすめします。

具体的には、以下のような工程と目安期間になります。

MEEETの原資回収の目安期間
  1. レベル上げ期間:約7日間
  2. 原資回収期間:約29日間

それでは、それぞれ詳しく解説していきます。

レベル上げ期間:約7日間

まずはファーマーNFTのレベル上げを行います。

どこまでレベルを上げてから原資回収を始めるのかは自由ですが、1体運用であればレベル9まで上げるのをおすすめします。

理由としては以下の2点です。

  1. レベル10に上げる際に通常よりもコストがかかる
  2. WisdomとProfit・Hungerを強化したい

1つ目の理由は先ほど説明した通りで、レベル10に上げる際のコストが高いからですね。

2つ目の理由ですが、ファーマーNFTには「属性」というステータスがあり、それぞれ以下のような影響があります。

属性内容
Profit数値が高いほど、消費するStrengthあたりのMST獲得量が大きくなる
Luck「ミステリーボックス(MB)」のランクに影響する
Wisdom数値が高いほどOldの減少率が下がり、MMT(※未実装)を多く獲得できる
Hunger数値が高いほどファーマーNFTの「耐久力」が減りづらくなる
Speed数値が高いほど1度に多くのStrengthが消費され、MBのドロップ率も高くなる
ファーマーNFTの属性(ステータス)

レベルが上がると「属性ポイント」というポイントが付与され、自由にファーマーNFTに振り分けることができます。

この属性ポイントを使って、まずは「Wisdom」→「Profit」・「Hunger」の順番で強化していきましょう。

その際、以下のような割合で属性ポイントを振り分けていくのがおすすめです。

属性ポイントの振り分け例
  • Wisdom:20
  • Profit:8~9割
  • Hunger:1~2割

なぜ最初にWisdomを強化するのかというと、Wisdomを20に上げることで0.2Strength消費あたりのOld減少を0.04に減らすことができるからですね。

1体運用の場合は1日で1.0Strengthを消化しますが、もし0.2Strengthあたり0.04以上のOld消費量だった場合、以下のような違いがあります。

Old消費量の違い
  • 0.2Strengthあたり0.04Old消費:1日で0.2Old減少
  • 0.2Strengthあたり0.06Old消費:1日で0.3Old減少
  • 0.2Strengthあたり0.08Old消費:1日で0.4Old減少

Oldは70%以下になるとペナルティがあり、回復にも赤GEMが必要になるので、できるだけ長くOld70%以上をキープすることが重要になってきます。

そのため、まずはWisdomに属性ポイントを振り分け、少しでもOldの減少を抑えることから始めましょう。

また、Profitを強化すると獲得できるMSTの数量は多くなりますが、耐久力も落ちやすいのでリペア費用が高くなってしまいます。

上記のバランスで属性ポイントを振り分けていき、だいたいProfitがHungerの3倍ぐらいの数値になるようにファーマーNFTを強化してみてください。

原資回収期間:約29日間

ファーマーNFTのレベルを上げたら、いよいよ原資回収を始めましょう!

レベル9まで上げていれば、Profitの数値は「30前後」にはなっているかと思います。

Profitが30前後の場合、1日に獲得できるMSTの数量はだいたい「10MST前後」になるはずです。

本記事の執筆時点でMSTの価格は1枚35円前後なので、9,000円の初期費用を回収しようとすると、目安になる日数は以下のとおりです。

MEEETの原資回収期間
  • 1日に稼げるMST:約10MST
  • MSTの日本円換算:10MST ✕ 35円(1MSTの価格)= 約350円/日
  • 原資回収の目安:10,000円 ÷ 350円 = 約29日

上記のとおりで、原資回収までにかかる日数は約29日間になります。

レベル上げ期間(約7日間)と合わせても、初期費用の回収までに要する期間は約1ヶ月弱が目安ということになりますね。

原資回収さえしてしまえば、それ以降に獲得したMSTはすべて利益になるので、ゲームを続けるだけでお小遣い稼ぎになりますよ。

今すぐMEEETを始めたい方は、こちらのMEEETのインストールと登録方法の記事をお読みください。

あわせて読みたい
MEEET(ミート)アプリのインストールと登録手順・ウォレットの作成と入金方法を解説! ・MEEET(ミート)の登録方法がわかりません。・アプリのインストール手順を教えてください。・アプリをインストールした後は何をすればいいの? このような疑問にお答...

また、MEEETで1日いくら稼げるのかについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

あわせて読みたい
MEEET(ミート)は1日いくら稼げる?1体・3体・9体運用でどれぐらい収益が違うのか解説! ・MEEET(ミート)は1日いくらぐらい稼げますか?・NFTは何体ぐらい保有した方がいいの?・早めに収益を出す方法があれば教えて欲しい。 このような疑問にお答えします...

MEEET(ミート)の原資回収を早めるおすすめの方法

MEEETで原資回収するまでのイメージは掴んでいただけたかと思いますが、もう少し早く原資を回収したいという方もいるかと思います。

そこで、ここからは「MEEETの原資回収を早めるおすすめの方法」を紹介させていただきます。

先に結論をお伝えすると、「レベルの高いファーマーNFT」を購入して、レベルを上げずに原資回収を始めるという方法になります。

具体的には以下のような手順で進めます。

MEEETの原資回収を早める方法
  1. レベルの高いファーマーNFTを購入する
  2. レベルを上げずに原資回収を始める

それぞれ順番に解説します。

①レベルの高いファーマーNFTを購入する

まずはMarketで「レベルの高いファーマーNFT」を購入しましょう。

できれば「レベル9」を購入するのが理想的ですが、見つからなければ「レベル5~6」辺りでも大丈夫です。

Marketにはレベル5のファーマーNFTが大量に出品されていますが、タイミングによってはレベル9も見つかります。

ただし、中には属性をProfitに全振りしているようなケースもあるので注意が必要です。

逆に属性(ステータス)が初期値のままになっているものは、購入後に自分で属性ポイントを振り分けできるのでおすすめです。

できるだけレベルが高くて価格の安いファーマーNFTを探して購入しましょう。

ファーマーNFTを購入する方法や選び方については、こちらの記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
MEEET(ミート)のNFT購入方法|ファーマーの買い方・選び方を初心者向けに解説! ・NFTを買ってMEEETで稼ぎたいです。・ファーマーNFTの購入方法が分かりません。・どんなファーマーNFTを選んだらいいの? このような疑問にお答えします。 本記事の内...

②レベルを上げずに原資回収を始める

高レベルのファーマーNFTを購入できたら、レベルを上げずに原資回収を始めます。

高レベルのファーマーNFTを使うことで、レベル上げに必要な「MST」や「所要時間」を短縮できます。

この方法であれば原資回収期間だけで済むので、先ほど解説した通り約21日前後で初期費用を回収できます。

なお、購入したファーマーNFTに「属性ポイント」が振り分けられていない場合は、以下の手順で振り分けることができます。

まずはファーマーNFTの購入後に画面下部の「Famers」をタップします。

購入したファーマーNFTをタップします。

赤枠で囲んだ「+Point」をタップします。

それぞれのステータスに属性ポイントを付与します。

振り分けができたら「CONFIRM」をタップします。

これで振り分けた属性ポイントがファーマーNFTに反映されます。

MEEET(ミート)で仮想通貨MSTを効率的に稼ぐコツ

それでは最後に、MEEETで仮想通貨MSTを効率的に稼ぐコツを紹介させていただきます。

ポイントは以下の5つです。

MEEETの初期費用を効率的に回収するコツ
  1. タスクを素早くクリアして報酬を上乗せする
  2. お店の棚を有効利用する
  3. 耐久力(Durability)をこまめに回復する
  4. フレンドを作って協力してもらう
  5. ファミリーに加入して報酬をもらう

1つずつ順番に解説します。

タスクを素早くクリアして報酬を上乗せする

MEEETではstrengthが貯まった状態で「タスク」をクリアしていくと、報酬としてMSTがもらえます。

strengthとは、いわゆる「スタミナ」の役割にあたるステータスで、時間経過と共に回復します。

タスクには「オーダー」や「ビジネスマン」など3種類があり、農作物や加工品を組み合わせて納品することでタスクを完了できる仕組みです。

そして、この「タスクを完了させるスピード」によってMSTの獲得量が変わってきます。

そのため、できるだけ素早くタスクをクリアしていく方が、より多くのMSTを獲得できるわけですね。

素早くタスクを完了させるには、事前に農作物や加工品をたくさん作って準備しておくのがポイントです。

お店の棚を有効利用する

農作物や加工品はなるべく多く作っておきたいところですが、保管する倉庫の容量は決まっています。

MEEETでは生産した農作物や加工品をストックするための「倉庫」があり、拡張することで保管できる容量がアップしていきます。

ゲーム開始直後は倉庫の容量も小さいので、すぐに農作物や加工品でいっぱいになってしまいます。

そこでおすすめしたいのが、お店の棚に加工品をストックしておくことです。

MEEETには様々なお店があり、農産物を材料にして加工品を作ることができます。

その際、お店の棚には「最大6個」まで完成した加工品をストックしておけるので、これを有効利用することで倉庫の空き容量を節約できます。

あとはタスクの内容に合わせて必要な加工品をお店から調達すれば、タスクの完了スピードを上げることが可能です。

耐久力(Durability)をこまめに回復する

こちらは復習になりますが、ファーマーNFTの耐久力(Durability)はこまめに回復しておきましょう。

耐久力(Durability)が低下した状態になると、ファーマーNFTのステータスが下がり収益が減少します。

具体的には、耐久力が一定値以下になるとProfitが減少するため稼ぎにくくなります。

  • Durabilityが50/100になると、Profitは90%に減少
  • Durabilityが20/100になると、Profitは10%に減少

ですので、定期的にリペア(補修)を行ってファーマーNFTの耐久力を回復させておきましょう。

なお、ファーマーNFTの「レベル」や「ランク」が高いほどリペアのコストも高くなるので、なるべくレベルアップさせる前にリペアしておくのがおすすめです。

フレンドを作って協力してもらう

MEEETには「フレンド」という友だち機能があります。

このフレンドを作ることで、必要なアイテムをリクエストできたり、フレンドの農場から農作物を盗むことができるようになります。

そのため、たくさんフレンドを作っておくと農作物や加工品の調達が楽になり、結果的にタスクをこなせるスピードも上がります。

逆に自分の農場から農作物が盗まれることもありますが、そこは「持ちつ持たれつ」の精神で楽しみましょう!

ゲーム開始直後は特にアイテムが不足することも多いので、積極的にフレンドを作っておけばゲームを有利に進められますよ。

ファミリーに加入して報酬をもらう

また、MEEETには「ファミリー」というチーム機能があります。

農場レベルが6になると「ファミリー施設」が解放されます。

ファミリーでは他のユーザーと一緒にプレイすることができ、ファミリーの「チーフ」が他のプレイヤーをサポートします。

MEEETでは「ファミリー活動値ランキング」というのがあり、ここで上位に入ると追加報酬を得ることができます。

ファミリーに参加するには2通りの方法があります。

  1. 既存のファミリーに加入する
  2. 自分でファミリーを作る

既存のファミリーに加入するのが簡単ですが、ファミリーによっては加入条件などが厳しい場合もあるので、そんな時は自分でファミリーを作ってしまうのもアリですね。

まとめ:MEEET(ミート)は1ヶ月以内に初期費用と原資を回収できる!

今回は、MEEET(ミート)の初期費用と原資回収までの目安期間を解説しました。

最後に本記事の内容をおさらいしておきます。

本記事の要約

  • MEEET(ミート)の初期費用は最低8,000円~10,000円程度
  • MEEET(ミート)の原資回収期間は約1ヶ月弱が目安
  • 初期費用は「ファーマーNFTの最低価格 ✕ BNBの価格」から算出できる
  • 原資回収までは2つの工程に分けて進める
  • 高レベルのファーマーNFTを購入することで原資回収を早められる

原資さえ回収してしまえば、あとはゲームをしているだけでお金が稼げるという夢のような状態になるので、まずは原資回収を目指しましょう!

MEEETは全盛期ほど稼げなくなりましたが、その分NFTの価格も下がり新規ユーザーが参入しやすくなっています。

MarketのNFTが少なくなれば価格も上がってしまうので、少しでも興味のある方は早めに始めておくことをおすすめします。

MEEETを始めるために「やるべきこと」は以下の3つだけです。

次にアナタがやるべきこと

MEEETの始め方やファーマーNFTの購入方法については、こちらの記事を参考にしてみてください。

あわせて読みたい
MEEET(ミート)の始め方・稼ぎ方|ファーマーNFTの買い方・遊び方まで徹底解説! ・スマホでゲームするだけで稼げるって本当ですか?・MEEET(ミート)がいいらしいけど、どうやって始めるの?・MEEET(ミート)の遊び方や稼ぎ方も詳しく知りたいな。 ...

今回は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

仮想通貨のミカタでは、「仮想通貨やDeFiに関する情報を初心者の方にも分かりやすく」発信しています。

これからも有益な情報をお届けできるように頑張っていきますので、応援していただけると嬉しいです。

この記事が参考になったら、ぜひシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次