MetaMask(メタマスク)にStep NetworkとFITFI・KCALを追加する方法【PC・スマホ】

MetaMask(メタマスク)にStep NetworkとFITFI・KCALを追加する方法【PC・スマホ】
  • URLをコピーしました!
初心者さん

・メタマスクにStep Networkを追加したいです。
・メタマスクにFITFIやKCALが表示されません。
・メタマスクにFITFIを送金するにはどうすればいいの?

このような疑問にお答えします。

本記事の内容

  • Step Network(ステップネットワーク)の概要
  • メタマスクにStep NetworkとFITFI・KCALトークンを追加する方法
  • メタマスクに仮想通貨FITFIを送金する方法
  • メタマスクに仮想通貨KCALを送金する方法

Step Network(ステップネットワーク)は、「第二のSTEPN」と言われるM2Eアプリ「Step App」のメインネットですが、まだ情報も少ないため上手く利用できないという方も多いと思います。

そこで今回は、MetaMask(メタマスク)にStep NetworkとFITFI・KCALを追加する方法について解説していきます。

メタマスクにFITFIやKCALを送金したいという方は、ぜひ参考にしてください。

なお、「スマホアプリ」と「パソコンのWebブラウザ」両方での手順を紹介するので、ご自身の環境に合わせて進めてみてくださいね。

Step Appの関連記事はコチラにまとめています!

プロフィール
ダイチ

プロフィール

こんな人が書いています

  • 300万円以上の仮想通貨を運用中
  • フリーランス × 複数ブログ運営 × 仮想通貨投資
  • ブログ最高月収6桁を達成
目次

Step Network(ステップネットワーク)とは?

Step Network(ステップネットワーク)の追加方法を説明する前に、そもそもStep Networkについてよく知らないという方もいると思うので、まずは簡単に解説しておきます。

Step Network(ステップネットワーク)は、M2Eアプリ「Step App(ステップアップ)」のメインネットとして稼働しているブロックチェーンです。

Step Appは当初「Avalanche C-Chain」上で開発が進めれられていましたが、現在はStep Networkにチェーンが移行しています。

そのため、Step Appで稼げるトークンである「KCAL」の送金や、「Step EX」といった関連サービスを利用する際は、Step Networkで接続する必要があります。

Step App(ステップアップ)の特徴については、こちらの記事をお読みください。

あわせて読みたい
【第二のSTEPN】Step App(ステップアップ)とは?特徴や将来性を解説 ・Step App(ステップアップ)ってどんなアプリですか?・よく「第二のSTEPN」と言われている理由は?・Step Appの特徴や将来性について教えて欲しい。 このような疑問...

Step Appの始め方・稼ぎ方は、こちらの記事をお読みください。

あわせて読みたい
Step App(ステップアップ)の始め方・稼ぎ方|NFTスニーカーの選び方・遊び方まで徹底解説! ・歩くだけで仮想通貨を稼げるって本当ですか?・Step Appがいいらしいけど、どうやって始めるの?・Step Appの始め方を分かりやすく教えて欲しい。・Step Appの遊び方...

また、Step Networkの独自DEX(分散型取引所)である「Step EX」では、ガバナンストークンである仮想通貨SPEXもステーキングできるため、既に多くのユーザーが投資を始めています。

Step Appの関連銘柄として将来的に価格が高騰する可能性もあるので、乗り遅れたくない方は早めに投資を検討しましょう。

SPEXの買い方・購入手順については、こちらの記事をお読みください。

あわせて読みたい
仮想通貨SPEX(StepEx)の買い方・購入方法や取引所を解説【Step App】 ・仮想通貨のSPEX(StepEx)について知りたいです。・SPEX(StepEx)はどこの取引所で買えるの?・具体的なSPEX(StepEx)の購入手順を教えて欲しい。 このような疑問に...

Step Networkのガス代にはFITFIを使用する

Step Networkの基軸通貨は「FITFI」という仮想通貨です。

そのため、Step Networkを利用する際は、ガス代(ネットワーク手数料)としてFITFIを使用します。

ブロックチェーンを利用する際は、チェーンごとにガス代となる仮想通貨が異なります。BNBチェーンであれば「BNB」を使用し、Avalanche C-Chainであれば「AVAX」をガス代として使用します。

つまり、Step Networkを使って仮想通貨を送金する際は、あらかじめFITFIをガス代として用意しておく必要があります。

現時点で、FITFIが買える仮想通貨取引所は国内にはなく、Bybit(バイビット)などの海外取引所を利用して購入できます。

仮想通貨FITFIの購入方法については、こちらの記事をお読みください。

あわせて読みたい
仮想通貨FITFIの買い方・購入方法や取引所を解説【Step App(ステップアップ)】 ・仮想通貨のFITFIはどこの取引所で買えるの?・Step App(ステップアップ)を始めるにはFITFIが必要?・FITFIの具体的な購入手順を教えて欲しい。 このような疑問にお...

また、Bybit(バイビット)で口座を開設する手順は、こちらの記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
スマホからBybit(バイビット)の口座開設・本人確認手順を解説 ・Bybit(バイビット)の口座開設って難しいのかな?・海外取引所の口座開設に必要なものを教えてほしい。・スマホからも口座開設できますか? このような疑問にお答え...

【スマホ版】メタマスクにStep NetworkとFITFI・KCALを追加する方法

それでは、ここからはメタマスクにStep NetworkとFITFI・KCALを追加する方法を解説します。

先に「スマホアプリ版」での手順を説明するので、パソコン版のメタマスクを利用されている方は、以下のリンクからジャンプしてください。

>> 【パソコン版】メタマスクにStep NetworkとFITFI・KCALを追加する方法を確認する

スマホアプリ版のメタマスクにStep NetworkとFITFI・KCALを追加する手順は以下の3ステップです。

【スマホアプリ版】メタマスクにStep NetworkとFITFI・KCALを追加する手順
  1. スマホにメタマスクをインストールする
  2. メタマスクにStep Networkを追加する
  3. メタマスクにKCALのトークン情報を追加する

1つずつ順番に解説していきます。

手順①:スマホにメタマスクをインストールする

まずは、スマホにメタマスクのアプリをインストールしましょう。

なお、既にメタマスクのインストールとアカウント登録が済んでいるという方は、次の「手順②」へ進んでください。

メタマスクのスマホアプリをインストールする方法は、こちらの記事をお読みください。

あわせて読みたい
【iPhone版】MetaMask(メタマスク)のスマホアプリ登録方法と基本的な使い方 ・MetaMask(メタマスク)ってスマホでも使えるの?・MetaMask(メタマスク)をスマホで使う方法を教えて欲しい。・スマホアプリ版とパソコン版のMetaMask(メタマスク...

手順②:メタマスクにStep Networkを追加する

メタマスクをインストールできたら、続いてメタマスクにStep Networkを追加しましょう。

メタマスクで新しいブロックチェーンを利用する際は、対象のネットワーク情報を追加する必要があります。

そのため、事前にネットワーク情報を追加することで、メタマスクでStep Networkを利用できるようになります。

ちなみに、今回紹介する方法でメタマスクにStep Networkを追加すると、「FITFI」のトークン情報も同時にインポートされます。

まずはメタマスクのアプリを起動して、左上にある「三本線のアイコン」をタップします。

メニューが開くので、「ブラウザ」をタップします。

赤枠で囲んだ「検索窓」をタップします。

検索窓に以下の「Step NetworkのURL」をコピペしてください。

Step NetworkのURL

https://step.network/

そのまま「開く」をタップします。

Step Networkの公式ページが開くので、画面の右上にある「1-CLICK CHAIN INTEGRATION」をタップします。

「承認」をタップします。

これでStep Networkが追加されました。「ネットワークを切り替える」をタップして確認してみましょう。

ウォレットのネットワークが「Step Network」に切り替わり、同時に「FITFI」のトークン情報もインポートされています。

また、ネットワークの一覧にも「Step Network」が追加されています。

これでメタマスクのスマホアプリにStep Networkを追加できました。

手順③:メタマスクにKCALのトークン情報を追加する

続いて、メタマスクにKCALのトークン情報を追加します。

メタマスクで新しい仮想通貨を表示するためには、「トークン」の情報を追加しておく必要があります。

先ほどの手順でFITFIのトークン情報は追加されましたが、KCALのトークン情報も追加しておかないとメタマスク上で反映されないため、こちらも忘れずに追加しておきましょう。

まずはメタマスクのネットワークが「Step Network」になっていることを確認し、「トークンをインポート」をタップします。

「トークンアドレス」に以下の「KCALのトークンアドレス(コントラクトアドレス)」をコピペします。

KCALのトークンアドレス(コントラクトアドレス)

0x68b2DFC494362AAE300F2C401019205d8960226b

トークンアドレスを入力すると、他の項目は自動的に反映されます。

「インポート」をタップします。

「Imported Token」の表示が出れば、トークンのインポートは完了です。

これでメタマスクのスマホアプリにKCALのトークン情報を追加できました。

トークンが表示されない場合の対処法

もし追加したトークンが上手く表示されない場合は、以下の方法を試してください。

まずはホーム画面の左上にある「三本線のアイコン」をタップします。

メニューから「設定」をタップします。

「一般」をタップします。

画面を下にスクロールすると「残高がないトークンを非表示」という項目があるので、これをOFFにすると表示されるはずです。

トークン情報の追加直後は残高が「0」の状態なので、上記の設定をすることで表示されます。

続いて、パソコン版のメタマスクにStep NetworkとFITFI・KCALを追加する方法を解説します。

なお、今回はWebブラウザの「Google Chrome」を使ったインストール手順を紹介していきます。

パソコン版のメタマスクにStep NetworkとFITFI・KCALを追加する手順は以下の3ステップです。

【パソコン版】メタマスクにStep NetworkとFITFI・KCALを追加する手順
  1. Webブラウザにメタマスクをインストールする
  2. メタマスクにStep Networkを追加する
  3. メタマスクにKCALのトークン情報を追加する

1つずつ順番に解説していきます。

手順①:Webブラウザにメタマスクをインストールする

まずは、Google Chromeの拡張機能としてメタマスクをインストールしましょう。

もし、Webブラウザとして「Brave」を利用されている方でも、基本的なインストール手順は同じです。

ちなみに、「Brave」というのはネットサーフィンするだけで仮想通貨を稼げる夢のようなWebブラウザです。

Brave(ブレイブブラウザ)の使い方と稼ぎ方は、こちらの記事をお読みください。

あわせて読みたい
ネットサーフィンで稼ぐ!Braveブラウザで仮想通貨報酬を無料で貯める方法 ・ネットサーフィンするだけで稼げるって本当ですか?・具体的に何をすれば稼げるようになるの?・稼ぎ方や換金する方法を教えて欲しい。 このような疑問にお答えします...

なお、既にメタマスクのインストールとアカウント登録が済んでいるという方は、次の「手順②」へ進んでください。

メタマスクのインストールとアカウント登録方法は、以下の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
MetaMask(メタマスク)の始め方・アカウント登録方法と基本的な使い方を解説 ・MetaMask(メタマスク)って何に使うの?・MetaMask(メタマスク)の登録方法が知りたい。・MetaMask(メタマスク)の使い方を教えて欲しい。 このような疑問にお答え...

手順②:メタマスクにStep Networkを追加する

メタマスクをインストールできたら、続いてメタマスクにStep Networkを追加しましょう。

メタマスクで新しいブロックチェーンを利用する際は、対象のネットワーク情報を追加する必要があります。

そのため、事前にネットワーク情報を追加することで、メタマスクでStep Networkを利用できるようになります。

ちなみに、今回紹介する方法でメタマスクにStep Networkを追加すると、「FITFI」のトークン情報も同時にインポートされます。

まずはメタマスクにログインした状態で、以下の「Step Networkの公式ページ」へアクセスします。

Step Networkの公式ページ

Step Networkの公式ページが開くので、画面の右上にある「1-CLICK CHAIN INTEGRATION」をクリックします。

ネットワーク追加の許可を求められるので「承認」をクリックします。

これでStep Networkが追加されました。「ネットワークを切り替える」をクリックして確認してみましょう。

ウォレットのネットワークが「Step Network」に切り替わり、同時に「FITFI」のトークン情報もインポートされています。

また、ネットワークの一覧にも「Step Network」が追加されています。

これでメタマスクにStep Networkを追加できました。

手順③:メタマスクにKCALのトークン情報を追加する

続いて、メタマスクにKCALのトークン情報を追加します。

メタマスクで新しい仮想通貨を表示するためには、「トークン」の情報を追加しておく必要があります。

先ほどの手順でFITFIのトークン情報は追加されましたが、KCALのトークン情報も追加しておかないとメタマスク上で反映されないため、こちらも忘れずに追加しておきましょう。

まずはメタマスクのネットワークが「Step Network」になっていることを確認し、「トークンをインポート」をクリックします。

「トークンアドレス」に以下の「KCALのトークンアドレス(コントラクトアドレス)」をコピペします。

KCALのトークンアドレス(コントラクトアドレス)

0x68b2DFC494362AAE300F2C401019205d8960226b

トークンアドレスを入力すると他の項目は自動的に反映されるので、「カスタムトークンを追加」をクリックします。

「トークンをインポート」をクリックします。

アセットの一覧に「KCAL」が表示されていれば、トークンのインポートは完了です。

これでメタマスクにKCALのトークン情報を追加できました。

Step Networkでメタマスクに仮想通貨FITFIを送金する方法

メタマスクにStep Networkを追加できたら、ガス代として利用する仮想通貨「FITFI」を送金しておきましょう。

FITFIは「Step Network」と「Avalanche C-Chain」に対応しているので、今回は両方のネットワークで送金する手順を紹介します。

なお、今回は既に「FITFI」を購入している前提で解説するので、まだFITFIを持っていないという方は、以下の記事を参考にして購入しておいてください。

仮想通貨「FITFI」の購入方法は、こちらの記事をお読みください。

あわせて読みたい
仮想通貨FITFIの買い方・購入方法や取引所を解説【Step App(ステップアップ)】 ・仮想通貨のFITFIはどこの取引所で買えるの?・Step App(ステップアップ)を始めるにはFITFIが必要?・FITFIの具体的な購入手順を教えて欲しい。 このような疑問にお...

先ににStep Networkを使った送金手順を紹介するので、Avalanche C-Chainでの送金手順を知りたい方は、以下のリンクからジャンプしてください。

>> Avalanche C-ChainでメタマスクにFITFIを送金する手順

まずはメタマスクのアプリを起動して、赤枠で囲んだ「ネットワーク名」をタップします。

ネットワークの一覧から「Step Network」を選択します。

ウォレットのネットワークが「Step Network」になっていればOKです。

メタマスクは終了させずに、このまま次の手順に進んでください。

続いて、バイビットのスマホアプリを立ち上げて、右下にある「資産」をタップします。

アカウント一覧から「現物」をタップします。

保有資産の一覧から「FITFI」をタップします。

「出金」をタップします。

以下のような画面になるので、赤枠で囲んだ箇所にメタマスクの「ウォレットアドレス」を入力します。

再度メタマスクを開いて、赤枠で囲んだ箇所をタップします。

メタマスクのウォレットアドレスがコピーされるので、バイビットの「アドレス欄」にペーストします。(手打ちすると入力ミスする可能性があるので、必ずコピペしてください

アドレスを入力できたら「ネットワーク」をタップします。

「STEP」を選択します。

続いて、送金する金額を入力します。(全額を送金する場合は「すべて」をタップしてください)

送金する金額を入力できたら「出金」をタップします。

以下のような画面になるので、「コードを取得」をタップします。

以下の画面が表示されるので、スライダーを右に動かしてパズルを完成させてください。

「認証コード」が発信されます。

バイビットから以下のメールが送られてくるので、赤枠で囲んだ「6桁の認証コード」をコピーして、先程の枠にペーストします。

続いて、Google認証アプリで生成された「6桁の認証コード」を入力します。

Google認証アプリを起動して「バイビットの認証コード」をタップします。

「認証コード」がコピーされるので、バイビットに戻って先ほどの枠にペーストします。

2つの認証コードを入力できたら「同意する」をタップします。

これで送金処理は完了です。

「出金履歴」をタップして確認しましょう。

以下のように「出金中」と表示されていればOKです。(「審査中」となっている場合は、少し時間をおいてから再度確認してください)

メタマスクを起動すると、送金したFITFIが着金しているのを確認できます。

これでStep Networkを使ってメタマスクへFITFIを送金できました。

続いて、Avalanche C-Chainを使ってメタマスクにFITFIを送金する手順を紹介します。

Step Networkでの送金手順を紹介した後で、なぜわざわざAvalanche C-Chainを利用した方法を紹介するのかというと、海外取引所では一部のネットワークが送金停止になる場合があるからです。

実際に、少し前までBybitでは「Step Network」での送金が停止になっていました。

こうなってしまうとStep Appにも入金できなくなるので、かなり困ったことになりますよね。

そうなった場合は、一度アバランチ(Avalanche C-Chain)を使ってFITFIをメタマスクへ送金し、そこからStep Networkへチェーンをブリッジする必要があります。

チェーンをブリッジすることで、アバランチ(Avalanche C-Chain)上にある「FITFI」をStep Networkへと移すことが可能になります。

Avalanche C-ChainでメタマスクにFITFIを送金する手順は以下の4ステップです。

Avalanche C-ChainでメタマスクにFITFIを送金する方法
  1. メタマスクにアバランチ(Avalanche C-Chain)を追加する
  2. メタマスクにFITFYのトークン情報を追加する
  3. メタマスクにFITFIとAVAXを送金する
  4. FITFIをアバランチ(Avalanche C-Chain)からStep Networkにブリッジする

それでは、1つずつ順番に解説します。

手順①:メタマスクにアバランチ(Avalanche C-Chain)を追加する

まずは、メタマスクにアバランチ(Avalanche C-Chain)を追加しましょう。

取引所で購入したFITFIをメタマスクに送金する際に利用するチェーンがアバランチ(Avalanche C-Chain)になります。

そのため、メタマスクにアバランチ(Avalanche C-Chain)を追加して、FITFIを送金できるようにしておきましょう。

メタマスクにアバランチ(Avalanche C-Chain)を追加する方法は、こちらの記事をお読みください。

あわせて読みたい
MetaMask(メタマスク)にAvalanche(アバランチ Cチェーン)を追加する方法【PC・スマホ】 ・Avalanche(アバランチ Cチェーン)をメタマスクに追加したい。・メタマスクにネットワークを追加する方法を教えて欲しい。 このような疑問にお答えします。 メタマス...

手順②:メタマスクにFITFYのトークン情報を追加する

続いて、メタマスクのアバランチ(Avalanche C-Chain)にFITFIのトークン情報を追加します。

今回は異なるチェーン間で「FITFI」をブリッジするので、Step Networkだけでなく、アバランチ(Avalanche C-Chain)側にも「FITFI」のトークン情報を追加しておく必要があります。

アバランチ(Avalanche C-Chain)にFITFIのトークン情報を追加することで、取引所から送金したFITFIをメタマスク上で表示できるようになります。

【スマホ版】メタマスクにFITFYのトークン情報を追加する

まずは、メタマスクのネットワークが「Avalanche Mainnet C-Chain」になっていることを確認し、「トークンをインポート」をタップします。

トークンの検索窓に「FITFI」と入力して検索します。

検索結果から「STEP.APP(FITFI)」をタップします。

「インポート」をタップします。

「Imported Token」の表示が出れば、トークンのインポートは完了です。

これでメタマスクのスマホアプリで、アバランチ(Avalanche C-Chain)上にFITFIのトークン情報を追加できました。

【パソコン版】メタマスクにFITFYのトークン情報を追加する

まずは、メタマスクのネットワークが「Avalanche Mainnet C-Chain」になっていることを確認し、「トークンをインポート」をタップします。

「トークンコントラクトアドレス」の欄に、以下の「FITFIのトークンアドレス(コントラクトアドレス)」をコピペします。

FITFIのトークンアドレス(コントラクトアドレス)

0x714f020c54cc9d104b6f4f6998c63ce2a31d1888

トークンアドレスを入力すると他の項目は自動的に反映されるので、「カスタムトークンを追加」をクリックします。

「トークンをインポート」をクリックします。

アセットの一覧に「FITFI」が表示されていれば、トークンのインポートは完了です。

これでメタマスクのアバランチ(Avalanche C-Chain)上にFITFIのトークン情報を追加できました。

手順③:メタマスクにFITFIとAVAXを送金する

続いて、取引所で購入した「FITFI」と「AVAX」をメタマスクへ送金しましょう。

なぜ「AVAX」も送金するのかと言うと、次の手順で「FITFI」のチェーンをブリッジする際にガス代として必要になるからです。

そのため、少額(0.005~0.01AVAX程度)で構いませんので「AVAX」も用意しておいてください。

なお、今回は「スマホアプリ」での手順となりますが、「パソコン版」でも基本的な手順は同じになります。

まずはバイビットのスマホアプリを立ち上げて、右下にある「資産」をタップします。

アカウント一覧から「現物」をタップします。

保有資産の一覧から「FITFI」をタップします。

「出金」をタップします。

以下のような画面になるので、赤枠で囲んだ箇所にメタマスクの「ウォレットアドレス」を入力します。

メタマスクを立ち上げて、ネットワークがアバランチ(Avalanche C-Chain)になっていることを確認し、赤枠で囲んだ箇所をタップします。

メタマスクのウォレットアドレスがコピーされるので、バイビットの「アドレス欄」にペーストします。(手打ちすると入力ミスする可能性があるので、必ずコピペしてください

アドレスを入力できたら「ネットワーク」をタップします。

「AVAXC」を選択します。(AVAXを送金する際も同じネットワークを利用します)

続いて、送金する金額を入力します。(全額を送金する場合は「すべて」をタップしてください)

送金する金額を入力できたら「出金」をタップします。

以下のような画面になるので、赤枠で囲んだ「コードを取得」をタップします。

以下の画面が表示されるので、スライダーを右に動かしてパズルを完成させてください。

「認証コード」が発信されます。

バイビットから以下のメールが送られてくるので、赤枠で囲んだ「6桁の認証コード」をコピーして、先程の枠にペーストします。

続いて、Google認証アプリで生成された「6桁の認証コード」を入力します。

2つの認証コードを入力できたら「同意する」をタップします。

これで送金処理は完了です。

「出金履歴」をタップして確認しましょう。

以下のように「出金中」と表示されていればOKです。(「審査中」となっている場合は、少し時間をおいてから再度確認してください)

タップすると詳細を確認できます。

しばらく待つと、バイビットから以下のような「出金申請完了」のメールが届きます。

メタマスクを起動すると、送金したFITFIが入金されているのを確認できます。

これで、バイビットからメタマスクへ送金できました。

続けて「AVAX」も同じ手順でメタマスクへ送金してください。

手順④:FITFIをStep Networkにブリッジする

メタマスクにFITFIとAVAXを送金できたら、最後にアバランチ(Avalanche C-Chain)上にある「FITFI」をStep Networkにブリッジしましょう。

アバランチ(Avalanche C-Chain)上にある「FITFI」をブリッジすることで、Step Network上で使えるようになります。

このような場合に利用するのが「クロスチェーンブリッジ」と呼ばれるサービスです。

今回は、クロスチェーンブリッジの中でも利用者の多い「Multichain(マルチチェーン)」というサービスを使ってFITFIのチェーンをブリッジしたいと思います。

はじめて利用するサービスの場合は、最初に少額を送金してテストし、問題なければ残りの金額を送金することをおすすめします。

なお、今回は「スマホ」での手順となりますが、「パソコン」でも基本的な手順は同じになります。

まずはメタマスクを立ち上げて、赤枠で囲んだ「ネットワーク」をタップします。

ネットワークの一覧から「Avalanche Mainnet C-Chain」をタップします。

続いて、ホーム画面の左上にある「三本線のアイコン」をタップします。

メニューから「ブラウザ」をタップします。

赤枠で囲んだ「検索窓」をタップします。

検索窓に以下の「MultichainのURL」をコピペしてください。

MultichainのURL

https://app.multichain.org/#/router

検索結果から「Multichain」をタップするか、そのまま「開く」をタップします。

ページが開くと、メタマスクとの接続を求められるので「接続」をタップします。(画像はStep Networkですが、実施はAvalanche Mainnet C-Chainと表示されているのが正解です)

メタマスクを接続すると、画面の右上にウォレットアドレスが表示されます。

まずは上段の「ブリッジ元」を設定します。

チェーンは自動的にAvalanche Mainnetになっているはずなので、そのまま赤枠で囲んだ箇所をタップして、ブリッジする通貨を選択します。

一覧から「FITFI」を選択します。

上段の「ブリッジ元」が以下の状態になっていることを確認してください。

左側(トークン):FITFI
右側(チェーン):Avalanche Mainnet

続いて、ブリッジ先のチェーンを選択するので、赤枠で囲んだ箇所をタップします。

ネットワークの一覧から「Step Network Mainnet」をタップします。

現時点でStep Networkに対応した通貨は「FITFI」だけなので、通貨は自動的にFITFIに切り替わります。

下段の「ブリッジ先」が以下の状態になっていることを確認してください。

左側(トークン):FITFI
右側(チェーン):Step Network Mainnet

続いて、上段のブリッジ元で「ブリッジするFITFI」の数量を入力します。(この際、手数料として5FITFIかかるので注意してください)

数量を入力できたら「Done」をタップします。

下段にブリッジ後のFITFIの数量が表示されるので、そのまま画面を下にスクロールします。

「Approve FITFI」をタップします。

「Approve FITFI」をタップします。

メタマスクへのアクセスを求められるので「承認」をタップします。(この際にガス代としてAVAXを使います)

トランザクションが処理されるので少し待ちます。

以下のような画面になったら「Swap」をタップします。

ブリッジの内容が表示されるので、画面を下にスクロールします。

手数料を確認し、問題なければ「Confirm」をタップします。

再度ガス代が表示されるので、確認して下にスクロールします。

「確認」をタップします。

トランザクションが処理されるので少し待ちます。

少し待つと、画面の下に進捗を示すバーが表示されます。

バーが右端まで緑色になればブリッジは完了です。

実際にブリッジできているか確認してみましょう。

画面左上にある「三本線のアイコン」をタップします。

メニューから「ウォレット」をタップします。

赤枠で囲んだ「ネットワーク」をタップします。

ネットワークの一覧から「Step Network」をタップして切り替えます。

先ほどブリッジしたFITFIがStep Network上に反映されていることが確認できます。

これで、アバランチ(Avalanche C-Chain)上にあった「FITFI」をStep Network上にブリッジすることができました。

メタマスクに仮想通貨KCALを送金する方法

それでは最後に、メタマスクに仮想通貨「KCAL」を送金する手順を解説します。

KCALは、Step AppでNFTスニーカーの「レベルアップ」や「ミント」を行う際に必要になります。アプリ内で歩いて稼ぐこともできますが、課金したい方はメタマスク経由でStep AppにKCALを入金しましょう。

なお、今回は既に「KCAL」を購入している前提で解説するので、まだFITFIを持っていないという方は、以下の記事を参考にして購入しておいてください。

仮想通貨「KCAL」の購入方法は、こちらの記事をお読みください。

あわせて読みたい
仮想通貨KCALの買い方・購入方法や取引所を解説【Bybit|STEP EX】 ・仮想通貨のKCALはどこの取引所で買えるの?・Step NetworkのKCALはどうやって入手するの?・KCALの具体的な購入手順を教えて欲しい。 このような疑問にお答えします。...

まずはメタマスクのアプリを起動して、赤枠で囲んだ「ネットワーク名」をタップします。

ネットワークの一覧から「Step Network」を選択します。

ウォレットのネットワークが「Step Network」になっていればOKです。

メタマスクは終了させずに、このまま次の手順に進んでください。

続いて、バイビットのスマホアプリを立ち上げて、右下にある「資産」をタップします。

アカウント一覧から「現物」をタップします。

保有資産の一覧から「KCAL」をタップします。

「出金」をタップします。

以下のような画面になるので、赤枠で囲んだ箇所にメタマスクの「ウォレットアドレス」を入力します。

再度メタマスクを開いて、赤枠で囲んだ箇所をタップします。

メタマスクのウォレットアドレスがコピーされるので、バイビットの「アドレス欄」にペーストします。(手打ちすると入力ミスする可能性があるので、必ずコピペしてください

KCALはStep Networkのみに対応しているので「ネットワーク」の選択は不要です。

そのまま送金する金額を入力します。(全額を送金する場合は「すべて」をタップしてください)

送金する金額を入力できたら「出金」をタップします。

以下のような画面になるので、「コードを取得」をタップします。

以下の画面が表示されるので、スライダーを右に動かしてパズルを完成させてください。

「認証コード」が発信されます。

バイビットから以下のメールが送られてくるので、赤枠で囲んだ「6桁の認証コード」をコピーして、先程の枠にペーストします。

続いて、Google認証アプリで生成された「6桁の認証コード」を入力します。

Google認証アプリを起動して「バイビットの認証コード」をタップします。

「認証コード」がコピーされるので、バイビットに戻って先ほどの枠にペーストします。

2つの認証コードを入力できたら「同意する」をタップします。

これで送金処理は完了です。

「出金履歴」をタップして確認しましょう。

以下のように「出金中」と表示されていればOKです。(「審査中」となっている場合は、少し時間をおいてから再度確認してください)

メタマスクを起動すると、送金したKCALが着金しているのを確認できます。

これでメタマスクへKCALを送金できました。

まとめ:Step Networkを追加してStep Appを楽しもう!

今回は、MetaMask(メタマスク)にStep NetworkとFITFI・KCALを追加する方法について解説しました。

最後に本記事の内容をおさらいしておきます。

本記事の要点

  • Step NetworkはStep App(ステップアップ)の関連サービス利用時に使用する
  • Step Networkの追加とFITFIのインポートは同時にできる
  • KCALは手動でトークン情報を追加する
  • メタマスクにFITFIを送金する際は2通りの方法がある

Step App(ステップアップ)は現在パブリックβ版のテスト中ですが、テストに参加できない人が続出するなど凄まじい人気ぶりを見せています。

正式版のリリース後は、「FITFI」や「KCAL」を扱う頻度も多くなることが予想されるので、今のうちにStep Networkの使い方にも慣れておきましょう。

なお、現在Step App(ステップアップ)ではゲームをプレイするための「初期スニーカーNFT」が抽選で当たるステーキングイベントを実施しています。

激レア必至のNFTなので、ゲットしたい方は以下の記事を参考にして参加してみてください。

Step Appのステーキングイベントに参加する方法は、こちらの記事をお読みください。

あわせて読みたい
Step App(ステップアップ)の事前登録とFITFIをステーキングする方法を解説 ・Step Appはどうやったらプレイできるの?・事前登録のやり方を教えて欲しい。・リリース前に何を準備しておけばいいの?・FITFIをステーキングする方法が分かりません...

また、ステーキングに使用する仮想通貨「FITFI」の購入方法は、こちらの記事をお読みください。

あわせて読みたい
仮想通貨FITFIの買い方・購入方法や取引所を解説【Step App(ステップアップ)】 ・仮想通貨のFITFIはどこの取引所で買えるの?・Step App(ステップアップ)を始めるにはFITFIが必要?・FITFIの具体的な購入手順を教えて欲しい。 このような疑問にお...

Step Appのゲーム内で使用するKCALトークンの購入方法は、こちらの記事をお読みください。

あわせて読みたい
仮想通貨KCALの買い方・購入方法や取引所を解説【Bybit|STEP EX】 ・仮想通貨のKCALはどこの取引所で買えるの?・Step NetworkのKCALはどうやって入手するの?・KCALの具体的な購入手順を教えて欲しい。 このような疑問にお答えします。...

今回は以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

仮想通貨のミカタでは、「仮想通貨やDeFiに関する情報を初心者の方にも分かりやすく」発信しています。

これからも有益な情報をお届けできるように頑張っていきますので、応援していただけると嬉しいです。

この記事が参考になったら、ぜひシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次