仮想通貨を始めたい人の”味方”として暗号資産時代の”見方”を発信するブログ

MetaMask(メタマスク)の始め方・アカウント登録方法と基本的な使い方を解説

MetaMask(メタマスク)の始め方・アカウント登録方法と基本的な使い方を解説
  • URLをコピーしました!
初心者さん

・MetaMask(メタマスク)って何に使うの?
・MetaMask(メタマスク)の登録方法が知りたい。
・MetaMask(メタマスク)の使い方を教えて欲しい。

このような疑問にお答えします。

DeFiでの仮想通貨運用やNFTの購入、ブロックチェーンゲームで稼ぐ際など、様々な場面で必要になるのが「Webウォレット」です。

Webウォレットは仮想通貨にとっての「財布」のような役割になるので、DeFiで稼ぐためにはなくてはならないものになります。

今回は、そんなWebウォレットの中でも代表格であるMetaMask(メタマスク)の登録方法や基本的な使い方について解説していきます。

本記事の内容

  • MetaMask(メタマスク)の概要
  • MetaMask(メタマスク)の始め方・登録方法
  • MetaMask(メタマスク)の基本的な使い方

本記事を読めば、MetaMask(メタマスク)の初期設定から基本的な使い方まで分かります。

ぜひ最後までお読みください。

なお、スマホでメタマスクを利用したいという方は、以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

あわせて読みたい
【iPhone版】MetaMask(メタマスク)のスマホアプリ登録方法と基本的な使い方 ・MetaMask(メタマスク)ってスマホでも使えるの?・MetaMask(メタマスク)をスマホで使う方法を教えて欲しい。・スマホアプリ版とパソコン版のMetaMask(メタマスク...
目次

MetaMask(メタマスク)とは?

MetaMask(メタマスク)とは、簡単に説明すると「仮想通貨を管理するWeb上の財布」です。

通常の財布には現金を入れておきますが、メタマスクは「仮想通貨専用の財布」なので、自分が保有しているイーサリアム(ETH)やバイナンスコイン(BNB)などの仮想通貨を保管しておくことができます。

また、仮想通貨を入れたメタマスクを接続することで、PancakeSwap(パンケーキスワップ)やOpenSea(オープンシー)など、様々なDeFiサービスやNFTマーケットプレイスも利用できるようになります。

メタマスクには仮想通貨だけでなく「NFT」も保管しておくことができます。

つまり、メタマスクを利用することで「DeFiでの資産運用」や「NFTの取引」など、仮想通貨を使ってできることが各段に広がります。

パンケーキスワップでNFTを購入・販売する手順については、以下の記事で詳しく解説しています。

あわせて読みたい
【2022年最新】PancakeSwap(パンケーキスワップ)でのNFTの買い方・売り方を解説 ・PancakeSwap(パンケーキスワップ)でNFTを購入したいです。・具体的なNFTの購入手順を教えて欲しい。・NFTを販売や送金する方法が知りたい。 このような疑問にお答え...

パソコンとスマートフォンで利用できるWebウォレット

メタマスクにはパソコンから操作する「Webブラウザ版」と「スマホアプリ版」があります。

パソコンからメタマスクを利用する場合は、ブラウザの拡張機能として簡単にインストールすることができます。

なお、本記事の執筆時点でメタマスクが使えるブラウザには以下の種類がありますので、登録手順に進む前に、自分が対応ブラウザを使っているか確認しておいてください。

MetaMask(メタマスク)が利用できるWebブラウザ
  • Google Chrome(グーグル クローム)
  • Firefox(ファイヤーフォックス)
  • Brave(ブレイブ)
  • Microsoft Edge(マイクロソフト エッジ)

恐らく多くの方がGoogle Chromeをお使いだと思いますが、もし対応しているブラウザを現在使われておらず、こらからインストールされる場合は、「Brave(ブレイブ)」をインストールするのをおすすめします。

理由として、Brave(ブレイブ)はGoogle Chrome以上に高速なだけでなく、ページを閲覧しているだけで仮想通貨の「BAT」が貯まるブラウザだからです。

Brave(ブレイブ)の具体的なインストール手順は別の記事で詳しく解説しますが、これからDeFiなど仮想通貨投資を始められる方であれば、絶対に利用する方がお得です。

>> Brave(ブレイブ)を使ってみる

ダイチ

ネットサーフィンするだけで仮想通貨が貯まりますよ。

MetaMask(メタマスク)が接続できるチェーン

仮想通貨やDeFiは様々な種類のブロックチェーン上に構築されており、それぞれに対応しているWebウォレットも異なります。

メタマスクでは主に以下のチェーンに対応しているので、とりあえずメタマスクさえインストールしておけば、だいたいの主要なチェーンには接続できるようになります。

MetaMask(メタマスク)が接続できる主なチェーン
  • ETHチェーン
  • BNB(旧BSC)チェーン
  • Polygon(旧MATIC)チェーン
  • Avalancheチェーン
  • Fantom(FTM)チェーン
  • Huobi Ecoチェーン

上記のうち、ETHチェーンだけはデフォルトでメタマスクに設定されていますが、他のチェーンを利用したい場合は、その都度追加することで利用できるようになります。

なお、STEPNで話題の「Solana(ソラナ)チェーン」については、メタマスクからは接続できないため、Solanaチェーン専用のウォレットが必要です。

MetaMask(メタマスク)の始め方・登録方法

それでは、ここからは実際にメタマスクを登録して利用する手順を紹介していきます。

メタマスクは以下の2ステップで簡単に使えるようになります。

MetaMask(メタマスク)の登録手順
  1. ブラウザの拡張機能としてインストール
  2. MetaMask(メタマスク)の初期設定をする

順番に解説するので一緒にやってみましょう。

なお、今回はパソコン版の「Google Chrome」を使ったインストール手順を紹介していきます。

手順①:ブラウザの拡張機能としてインストール

まずは、以下のリンクからメタマスクの公式サイトを開いてください。

MetaMask(メタマスク)公式サイト

リンクをクリックすると、以下の画面に切り替わるので、右上にある「Download」をクリックします。

画面が切り替わったら少し下にスクロールします。

下記のような画面になるので、お使いのブラウザのアイコンをクリックします。(今回はGoogle Chromeを選択しています)

すると、以下の画面に切り替わるので、右上にある「Chromeに追加」をクリックしてください。

もし、以下のようなアラートが表示された場合は、「拡張機能を追加」をクリックしてください。

メタマスクは頻繁に利用するので、「拡張機能」からピン留めしておくと便利です。

これで、メタマスクのインストールは完了です。

手順②:MetaMask(メタマスク)の初期設定をする

続いてメタマスクの初期設定をしていきましょう。

先ほどピン留めしたメタマスクのアイコンをクリックし以下の画面が開いたら、「開始」をクリックします。

はじめてメタマスクを利用する場合は、「ウォレットを作成」をクリックします。

次に、品質向上への協力依頼が表示されるので、画面下部にあるプライバシーポリシーを確認し、問題なければ「同意する」をクリックしてください。

続いて、パスワードを設定します。任意のパスワードを入力してください。

パスワードは第三者に推測されないよう、なるべく複雑な組み合わせで設定するようにしましょう。また、このパスワードはメタマスクを起動する際に使用するので、忘れないようにどこかにメモしておいてください。

パスワードの入力ができたら、「利用規約を読んで同意しました」にチェックを入れてから、「作成」をクリックしてください。

リカバリーフレーズとウォレットの保護に関するガイダンス動画が表示されるので、動画を見たら「次へ」をクリックします。

すると、シークレットリカバリフレーズの画面が表示されるので、「鍵のマーク」をクリックします。

シークレットリカバリフレーズは、パスワードを忘れた時や別のブラウザに乗り換える時などに、アカウントを復元するために使用する重要なキーワードです。

鍵のマークをクリックすると12個の英単語が表示されるので、順番も含めて大切に保管するようにしてください。

保管の仕方には以下のような方法があるので、自分に合った方法で大切に保管してください。

  1. 紙にメモして保管する
  2. スクリーンショットを撮って、印刷したものを保管する
  3. パスワード付きの管理ソフト等で保管する
  4. ①~③を併用し、数個ずつの英単語に分けて保管する(※順番に注意)

シークレットリカバリフレーズを保管できたら、「次へ」をクリックします。

シークレットリカバリフレーズの確認画面が表示されるので、先ほどメモしたフレーズを最初から順番にクリックしていきます。

正しい順番でフレーズをクリックできたら、「確認」をクリックします。

完了画面が表示されるので、「すべて完了」をクリックしてください。

シークレットリカバリフレーズに関する注意が表示されるので、「了解」をクリックします。

これで、メタマスクの初期設定は完了です。

ダイチ

お疲れさまでした!

MetaMask(メタマスク)の基本的な使い方

ここからはメタマスクの基本的な使い方について解説していきます。

それぞれの項目にリンクを貼っていますので、知りたい項目を選んで使い方を確認してみてください。

まずは、メタマスクへログインする方法です。

先ほど拡張機能にピン留めしたメタマスクのアイコンをクリックします。

メタマスクが立ち上がるので、登録時に設定した「パスワード」を入力します。

パスワードを入力できたら、「ロック解除」をクリックしてください。

すると、以下のような画面が表示されます。

これで、メタマスクにログインできました。

次は、メタマスクからログアウトする方法です。

メタマスクにログインした状態で、右上にある「アイコン」をクリックします。

マイアカウントが開くので、「ロック」をクリックしてください。

パスワードの入力画面が表示されたら、ログアウト成功です。

これで、メタマスクからログアウトできました。

続いて、自分のアドレスを確認する方法です。

メタマスクに仮想通貨を入金する際にはアドレスが必要になるので、どこで確認できるのかを把握しておきましょう。

まずはメタマスクにログインし、右上にある「3点マーク」をクリックします。

メニューが開くので、「アカウントの詳細」をクリックします。

すると、以下のような画面が表示されます。

画面中央の赤枠部分に表示された文字列が「自分のメタマスクアカウントのアドレス」になります。また、このアドレスがQRコード化されて上部に表示されます。

なお、メタマスクのトップ画面からでも、以下の部分をクリックすることでアドレスをコピーできます。

これで、自分のアドレスを確認できました。

続いて、MetaMask(メタマスク)へチェーンを追加する方法です。

メタマスクはチェーンを追加することで、様々なDeFiサービスやNFTマーケットプレイスなどに接続できるようになります。

チェーンにはそれぞれ追加するための「設定値」がありますが、手順そのものは変わりません。

今回は、PancakeSwap(パンケーキスワップ)などでも使われている主要チェーンである「BSC(BNBチェーン)」をメタマスクに追加してみましょう。

BSCとは、「バイナンススマートチェーン(現在はBNBチェーン)」の略で、世界最大手の仮想通貨取引所であるBinance(バイナンス)が独自に開発したブロックチェーンのことです。

まずはメタマスクを起動し、パスワードを入力して「ロック解除」をクリックします。

次に、画面上部のネットワーク選択から、「ネットワークを追加」をクリックしてください。

画面がネットワークの追加画面に切り替わるので、赤枠の項目を以下のとおりに入力してください。

ネットワーク名:お好きな管理名(BSCメインネット等)
新規RPC URL:https://bsc-dataseed.binance.org/
チェーンID:56
通貨記号:BNB
ブロックエクスプローラーのURL(任意):https://bscscan.com

すべての項目が入力できたら、「保存」をクリックします。

すると、以下の画面が表示されます。

これで、メタマスクにBSC(BNBチェーン)を追加できました。

続いて、メタマスクへの入金方法です。

DEX(分散型取引所)やNFTマーケットプレイスを利用する際は、そのプラットフォーム上で利用する仮想通貨をメタマスクに入金した状態で接続する必要があります。

そのため、メタマスクへの入金手順はしっかりと確認しておきましょう。

先ほどメタマスクにBSC(BNBチェーン)を追加したので、今回は例としてバイナンスからメタマスクに「バイナンスコイン(BNB)」を入金する手順を紹介します。

STEP
バイナンスの送金画面を開く

バイナンスへログインし、ダッシュボードから「フィアットと現物」をクリックします。

下記の画面が表示されるので、「出金」をクリックします。

フィアットの出金画面になるので、右上にある「仮想通貨の出金」をクリックします。

STEP
アドレスと出金額を入力

仮想通貨の出金画面が開くので、通貨は「BNB」を選択し、そのままメタマスクを起動します。

メタマスクが起動したら「BSC(BNBチェーン)」が選択されていることを確認し、赤枠部分の「アドレス(0xからはじまる英数字)」をコピーして、バイナンスのアドレス欄にペーストしてください。

アドレスをコピペできたら、ネットワークで「BSC BNB Smart Chain(BEP20)」を選択してください。

この際、利用するネットワークを間違えると、資金を失ってしまう恐れがあるので注意してください。

続いて、送金する金額を入力します。

送金する金額が入力できたら、「出金」をクリックしてください。

ネットワークを確認するアラートが表示されるので、「承認」をクリックします。

下記の画面が表示されるので、「OK」をクリックしてください。

STEP
セキュリティ認証と入金確認

出金する内容が表示されるので、「次へ」をクリックします。

セキュリティ認証を求められるので、「コードを取得」をクリックし、スマホのSMSと登録メールアドレスに届く「承認コード」をそれぞれ入力します。

承認コードが入力できたら、「提出」をクリックしてください。

これで、バイナンスからの出金手続きは完了です。

しばらく待つと、メタマスクに送金したBNBが反映されます。

これで、バイナンスからメタマスクにBNBを入金することができました。

最後はメタマスクからの送金方法です。

DEX(分散型取引所)などで運用した資産を換金する際は、メタマスク内の仮想通貨を取引所へ送金する必要がありますので、そちらの手順も併せて確認しておきましょう。

今回は先ほどの逆で、メタマスクからバイナンスへ「バイナンスコイン(BNB)」を送金する手順を紹介します。

STEP
バイナンスの入金アドレスを確認する

バイナンスへログインし、ダッシュボードから「フィアットと現物」をクリックします。

下記の画面が表示されるので、一覧からBNBを探して「入金」をクリックします。

画面が切り替わったら、「ネットワークの選択」をクリックします。

以下の画面が開くので、「BSC BNB Smart Chain(BEP20)」を選択してください。

この際、利用するネットワークを間違えると、資金を失ってしまう恐れがあるので注意してください。

BNBの入金アドレスが表示されるので、アドレスをコピーするか、この画面を開いたままメタマスク側の手続きをしてください。

これで、バイナンス側でのBNBの入金アドレスは確認できました。

STEP
メタマスクの送金手続き

メタマスクを起動してログインしたら、「BSC(BNBチェーン)」が選択されていることを確認し、「送金」をクリックします。

送金先アドレスの入力画面になるので、先ほどバイナンスでコピーしたBNBの入金アドレスを貼り付けます。

BNBの送金画面になるので、金額の欄に送金する数量を入力します。

金額の入力ができたら、「次へ」をクリックしてください。

ガス代(ネットワーク手数料)が表示されるので、問題なければ「確認」をクリックします。

BNBの送金が開始され、トップ画面の「アクティビティ」から送金内容が確認できます。

これで、メタマスクからの送金手続きは完了です。

STEP
入金の確認

しばらく待つと、バイナンスから以下のように「入金完了のメール」が届きます。

再度バイナンスへログインし、フィアットと現物から「ウォレット履歴」をクリックしてください。

すると、先ほどメタマスクから送金したBNBが入金されているのを確認できます。

これで、メタマスクからバイナンスへBNBを送金することができました。

なお、メタマスクのスマホアプリからバイナンスへ送金したい方は、以下の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
【PC・スマホアプリ】MetaMask(メタマスク)からBINANCE(バイナンス)へ送金する手順 ・メタマスクからバイナンスへ仮想通貨を送金したいです。・メタマスクのスマホアプリからでも送金できるの?・送金の手数料(ガス代)や送金時間も教えて欲しい。 この...

メタマスクの基本的な使い方は以上になります。

MetaMask(メタマスク)のよくある質問

それでは最後に、MetaMask(メタマスク)のよくある質問にお答えします。

なぜメタマスクを使う必要があるんですか?

メタマスクなどのWebウォレットを主に利用するのはDEX(分散型取引所)と呼ばれるDeFiサービスです。

DEXは一般的な仮想通貨取引所とは違い、中央でユーザーや資金を管理している企業や組織が存在しないため、DEX内にはユーザーの資金を管理するためのウォレットもありません。

そのため、各ユーザーがメタマスクなどのWebウォレットに自身の資金(仮想通貨)を保管し、DEXと接続することで取引ができるようになっています。

DEXはユーザー登録などの必要もなく「誰でも自由に利用」できますが、その反面ウォレット内の資金管理はすべて自己責任となります。

PCブラウザ版とスマホアプリ版を同期できますか?

同期することは可能です。

具体的にはスマホアプリ版をインストールする際に、ブラウザ版で取得した「シークレットリカバリフレーズ」を使ってインポートすることで同期できます。

詳しい手順は以下の記事で解説していますので、よければ参考にしてください。

あわせて読みたい
MetaMask(メタマスク)のスマホ版とPC版を同期して複数端末から利用する方法 ・スマホで使っているMetaMask(メタマスク)はパソコンでも使えるの?・パソコンのMetaMask(メタマスク)をスマホでも使えるようにしたい。・どうやって同期すればい...
「秘密鍵」と「シークレットリカバリフレーズ」の違いはなんですか?

「秘密鍵」はアカウントを管理する暗号データで、「シークレットリカバリーフレーズ」はウォレット内の「秘密鍵」を管理する暗号データです。

どちらか一方でも他人に知られてしまうと、勝手に資金を持ち出されるなどの被害に遭う可能性があるため、絶対に誰にも教えないようにしてください。

メタマスクでビットコインは保管できますか?

メタマスクではビットコイン(BTC)の保管はできません。

そのため、ビットコインを保管する場合は別のウォレットを利用する必要があります。

まとめ:MetaMask(メタマスク)を使ってDeFiを始めてみよう

今回は、MetaMask(メタマスク)の登録方法や基本的な使い方について解説しました。

最後に本記事の内容をおさらいしておきます。

本記事の要点

  • MetaMask(メタマスク)はパソコン・スマホ両方で使える
  • DeFiを利用するにはWebウォレットが必須になる
  • MetaMask(メタマスク)は様々なチェーンに対応している
  • MetaMask(メタマスク)はブラウザの拡張機能として簡単にインストール可能

メタマスクは様々なチェーンに対応している汎用性の高いWebウォレットなので、これからDeFiをはじめようという方は、とりあえずメタマスクを入れておけば間違いないと思います。

ブラウザやアカウントごとにメタマスクをインストールすることもできるので、「DEX用」や「NFT用」など、用途に合わせて使い分けるのもおすすめです。

なお、メタマスクに仮想通貨を送金するには「①国内取引所→②海外取引所→③メタマスク」という順で資金を移動させる必要があります。

つまり、国内取引所と海外取引所の口座は必ず利用しますので、まだ口座を持っていないという方はこの機会に作っておきましょう。

国内取引所ではコインチェックがお得なキャンペーン中ですので、以下のリンクから口座開設して、特典のビットコインを受け取ってください。

はじめてのビットコインならコインチェック

今なら、口座開設&入金完了で1,500円分のビットコインがもらえる!

コインチェック

コインチェックがおすすめの理由

  • 初心者にも見やすい&使いやすいアプリ
  • ビットコインが500円から購入できる
  • レンディングや積み立てなどサービスも充実
  • 話題のNFTもコインチェックなら購入できる

口座開設手順は以下の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
【最新版】コインチェック口座開設のやり方を画像付きで分かりやすく解説(PC版) ・コインチェックの口座開設って難しいのかな?・事前に準備するものや入金の手順を教えてほしい。 このような疑問にお答えします。 本記事の内容 コインチェックの口座...

また、海外取引所では記事内でも紹介したBINANCE(バイナンス)Bybit(バイビット)に口座を作っておけば問題ありません。

それぞれの口座開設手順は以下の記事で詳しく解説していますので、よければ参考にしてください。

あわせて読みたい
【日本人もOK】BINANCE(バイナンス)の始め方・口座開設手順【初心者向け】 ・BINANCE(バイナンス)の口座開設って難しいのかな?・海外取引所の口座開設に必要なものを教えてほしい。・お得に口座開設する方法ってあるの? このような疑問にお...
あわせて読みたい
【スマホ全手順】Bybit(バイビット)のアカウント作成・口座開設手順を解説 ・Bybit(バイビット)の口座開設って難しいのかな?・海外取引所の口座開設に必要なものを教えてほしい。・スマホからも口座開設できますか? このような疑問にお答え...

今回は以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

仮想通貨のミカタでは、「仮想通貨やDeFiに関する情報を初心者の方にも分かりやすく」発信しています。

これからも有益な情報をお届けできるように頑張っていきますので、応援していただけると嬉しいです。

この記事が参考になったら、ぜひシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次