仮想通貨NXDTの買い方・購入方法や取引所を解説【NXD Projects】

仮想通貨NXDTの買い方・購入方法や取引所を解説【NXD Projects】
  • URLをコピーしました!
初心者さん

・仮想通貨NXDTはどこの取引所で買えるの?
・NXDTの購入手順を教えて欲しい。

このような疑問にお答えします。

ドバイ発の仮想通貨プロジェクトとして注目を集めているNXD Projects(ネクサスドバイプロジェクト)ですが、これまで主軸通貨として発行されていた「NXD」を引き継ぐ形で「NXDT」という新通貨に移行されました。

バックボーンの信頼性やプロジェクトの将来性への期待感も高く、投資してみたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、NXDTの買い方・購入方法について解説します。

本記事を読めば、初心者の方でもNXDTを購入できるので、ぜひ最後までお読みください。

本記事の内容

  • 仮想通貨「NXDT」の概要
  • NXDTを購入する前に準備するもの
  • NXDTの買い方・購入手順
プロフィール
ダイチ

プロフィール

こんな人が書いています

  • 300万円以上の仮想通貨を運用中
  • フリーランス × 複数ブログ運営 × 仮想通貨投資
  • ブログ最高月収6桁を達成
目次

仮想通貨「NXDT」とは?

まずは仮想通貨「NXDT」について簡単に解説しておきます。

NXDT(NXD Next/ネクサスドバイ・ネクスト)は、ドバイに居住する日本人実業家の瀧澤龍哉氏が中心となって進められているプロジェクト「NXD Projects(ネクサスドバイプロジェクト)」が発行する仮想通貨です。

元々は「NXD」という通貨がプロジェクトの主軸通貨として利用されていましたが、2022年9月に宣言されたプロジェクトの再編に伴い、新たな主軸通貨として「NXDT」の発行が発表されました。

NXDTはプロジェクトにおける決済通貨として発行されていますが、「Electrum(エレクトラム)」という紙幣NFTと交換することも可能です。

このElectrumを保有することで、NXD Projectsが手掛ける様々な事業に「再投資を繰り返す必要無く何度でも参加」することができます。

NXDTが買えるのはPancakeSwap(パンケーキスワップ)

NXDTは、2022年9月15日にPancakeSwap(パンケーキスワップ)に上場されており、現時点でNXDTを購入できるのはパンケーキスワップだけです。

パンケーキスワップは「DEX」と呼ばれる仮想通貨の「分散型取引所」で、スマートコントラクトと呼ばれるブロックチェーン上のプログラムを使って無人で仮想通貨の交換などを行っています。

移行前の通貨である「NXD」はBybit(バイビット)やMEXCなど海外の主要な取引所で取り扱われていましたが、現時点でNXDTを購入するにはパンケーキスワップを利用するしかありません。

これまでパンケーキスワップのようなDeFiサービスを利用したことのない方にとっては、少しハードルが高く感じてしまうかもしれませんが、本記事では初めての方でも迷わずに購入できるよう丁寧に解説させていただきますので、安心して読み進めてください。

なお、パンケーキスワップ概要については以下の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
PancakeSwap(パンケーキスワップ)とは?特徴と将来性やメリット・リスクまで解説 ・PancakeSwap(パンケーキスワップ)ってどういうもの?・PancakeSwap(パンケーキスワップ)は儲かるの?・メリットやリスクがあるなら知りたい。 このような疑問にお...
ダイチ

操作性もよく、DeFiの入門編としてもおすすめのDEX(分散型取引所)です。

NXDTを購入する前に準備するもの

NXDTの購入手順を説明する前に、事前に準備しておくものを確認しておきましょう。

パンケーキスワップでNXDTを購入するためには、以下の準備が必要になります。

パンケーキスワップでNXDTを購入する前に準備するもの
  1. MetaMask(メタマスク)のアカウント作成
  2. MetaMaskに「BNBチェーン」と「NXDTのトークン情報」を追加
  3. 海外取引所と国内取引所の口座

順番に1つずつ解説していきます。

なお、すでにパンケーキスワップを利用しているという方は、以下のリンクから「NXDTの購入手順」まで進んでください。

>> NXDTの購入手順を確認する

①MetaMask(メタマスク)のアカウント

まずはMetaMask(メタマスク)のアカウントを登録しましょう。

今回利用するパンケーキスワップはDEX(分散型取引所)と呼ばれるDeFiサービスなので、ユーザーの「個人資産」を管理する機能はありません。

そのため、利用者は「Webウォレット」と呼ばれる仮想通貨にとっての「財布」を用意し、そこに資金を入金してからパンケーキスワップと接続する必要があります。

パンケーキスワップで利用できるWebウォレットには様々な種類がありますが、おすすめは幅広いDeFiサービスで利用できる「MetaMask(メタマスク)」です。

以下の記事でメタマスクのアカウント登録手順を解説しているので、こちらを参考にしてメタマスクを準備してください。

あわせて読みたい
【iPhone版】MetaMask(メタマスク)のスマホアプリ登録方法と基本的な使い方 ・MetaMask(メタマスク)ってスマホでも使えるの?・MetaMask(メタマスク)をスマホで使う方法を教えて欲しい。・スマホアプリ版とパソコン版のMetaMask(メタマスク...

パソコンからメタマスクのアカウントを登録する手順については、以下の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
MetaMask(メタマスク)の始め方・アカウント登録方法と基本的な使い方を解説 ・MetaMask(メタマスク)って何に使うの?・MetaMask(メタマスク)の登録方法が知りたい。・MetaMask(メタマスク)の使い方を教えて欲しい。 このような疑問にお答え...

②MetaMaskに「BNBチェーン」と「NXDTのトークン情報」を追加

メタマスクのアカウントを作成できたら、「BNBチェーン」と「NXDTのトークン情報」を追加しましょう。

メタマスクは「チェーン」と呼ばれるネットワークを追加することで、様々な「DeFiサービス」や「NFTマーケットプレイス」に接続できるようになります。

今回利用するパンケーキスワップは「BNBチェーン」というネットワーク上に構築されたDEX(分散型取引所)なので、あらかじめメタマスクにも「BNBチェーン」を追加しておきます。

また、NXDTのトークン情報を追加しておかないと、メタマスクにNXDTを入金しても反映されないため、こちらも併せて追加しておきましょう。

MetaMaskにBNBチェーンを追加する手順

メタマスクにBNBチェーンを追加する手順は以下のとおりです。

まずはホーム画面の左上にある「三本線のアイコン」をタップします。

メニューが開くので、「ネットワーク」をタップします。

「ネットワークを追加」をタップします。

POPULARの一覧から「BNB Smart Chain」をタップします。

「Approve」をタップします。

「Switch to network」をタップします。

ネットワークが追加され、ホーム画面の表示が「BNB Smart Chain」に切り替わります。

なお、メタマスクのネットワークを切り替える際は、ホーム画面で赤枠の部分をタップします。

切替え可能なネットワークの一覧が表示されるので、利用したい「ネットワーク名」をタップします。

すると、ホーム画面の表示が選択したネットワークに切り替わります。

これでメタマスクにBNBチェーンを追加できました。

MetaMaskにNXDTのトークン情報を追加する手順

続いて、メタマスクにNXDTのトークン情報を追加します。

まずはメタマスクのネットワークが「BNBチェーン」になっていることを確認します。

トークンを下までスクロールして「トークンをインポート」をタップします。。

「カスタムトークン」をタップします。

赤枠で囲んだ箇所に以下の「NXDTのトークンアドレス(コントラクトアドレス)」をコピペします。

NXDTトークンアドレス(コントラクトアドレス)※参照:NXDTの上場について
0xadf6d29572Af16dE3C44e6B89D2D8E0380044FA6

トークンアドレスを入力すると他の項目は自動で反映されるので、そのまま「インポート」をタップします。

以下の表示が出ればインポートは完了です。

トークンの一覧に「NXDT」が表示されます。

もし上手く表示されない場合は、ホーム画面の左上にある「三本線のアイコン」をタップします。

メニューから「設定」をタップします。

「一般」をタップします。

画面を下にスクロールすると「残高がないトークンを非表示」という項目があるので、これをOFFにすると表示されるはずです。

これでメタマスクにNXDTのトークン情報を追加できました。

③海外取引所と国内取引所の口座

最後に準備するのは「海外取引所」と「国内取引所」の口座です。

NXDTは「BUSD」という仮想通貨を使って購入できますが、このBUSDは国内の取引所では取り扱いがないため、海外の取引所を利用して購入します。

BUSDを購入できる取引所であればどこで口座を作っても大丈夫ですが、今回はBINANCE(バイナンス)での購入手順を解説します。

理由としては、今回利用する「BNBチェーン」を提供しているのが、このバイナンスだからです。

ただ、バイナンスへは日本円を直接入金することができないため、一度国内取引所で仮想通貨を購入してからバイナンスへ送金する必要があります。

そのため、海外取引所のバイナンスと国内取引所の両方で口座を開設しておいてください。

なお、仮想通貨取引所の口座開設には「審査時間」があるため、先に申込みを済ませておくと後の工程がスムーズに進みます。

国内の取引所については、基本的にはお好きな取引所を選んでいただければ大丈夫ですが、個人的におすすめの国内取引所を紹介しておきますので、よければ参考にしてみてください。

国内取引所:コインチェック

今回はじめて仮想通貨を購入するという方であれば、おすすめはです。

コインチェックは見やすい画面デザインと操作性で、初心者の方にも使いやすい取引所です。

コインチェックの口座開設は、以下のボタンから全てオンライン完結・最短20分ほどで申し込みできます。

はじめてのビットコインならコインチェック

コインチェック

コインチェックをおすすめする4つの理由

  • 初心者にも見やすい&使いやすいアプリ
  • ビットコインが500円から購入できる
  • レンディングや積み立てなどサービスも充実
  • 話題のNFTもコインチェックなら購入できる

なお、コインチェックの口座開設手順は以下の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
スマホでコインチェック(Coincheck)の口座を開設する方法 ・スマホからコインチェックの口座を開設したい。・口座開設する前に何を準備すればいいの?・はじめて口座を開設するので上手くできるか不安です。 このような疑問にお...

パソコンからコインチェックの口座を開設される場合は、以下の記事で手順を確認できます。

あわせて読みたい
パソコンでコインチェック(Coincheck)の口座を開設する方法を解説 ・コインチェックの口座開設って難しいのかな?・口座開設する前に何を準備すればいいの?・はじめて口座を開設するので上手くできるか不安です。 このような疑問にお答...

海外取引所:BINANCE(バイナンス)

続いてBINANCE(バイナンス)の口座も開設しておきましょう。

バイナンスは公式サイトやアプリも日本語に対応しているので、初心者の方でも安心して利用できます。

以下のリンクからバイナンスへ登録していただくと、取引手数料が永年10%オフになるアカウントを作成できるので、よければ活用してください。

>> BINANCE(バイナンス)の「無料」口座開設はこちらから

バイナンスは審査時間も短いので、申込みからすぐに口座を開設できます。

バイナンスの口座開設手順は、以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

あわせて読みたい
【日本人もOK】BINANCE(バイナンス)の始め方・口座開設手順【初心者向け】 ・BINANCE(バイナンス)の口座開設って難しいのかな?・海外取引所の口座開設に必要なものを教えてほしい。・お得に口座開設する方法ってあるの? このような疑問にお...

それでは、ここからNXDTの購入手順を解説します。

なお、今回は事前準備で紹介したを利用した手順を紹介しますので、別の国内取引所を利用される方は、送金方法などをご自身の環境に置き換えて操作してください。

また、今回はスマホでの手順を紹介しますが、パソコンから購入する場合も全体の流れは同じになります。

NXDTは以下の5ステップで購入できます。

PancakeSwapでNXDTを購入する手順
  1. 国内取引所でXRPを購入する
  2. XRPをバイナンスへ送金する
  3. バイナンスでXRPとBUSDを交換する
  4. BUSDをメタマスクに送金する
  5. パンケーキスワップでNXDTを購入する

1つずつ順番に解説していきます。

手順①:国内取引所でXRPを購入する

まずはコインチェックで「XRP」という仮想通貨を購入し、バイナンスへ送金しましょう。

このXRPを使って、バイナンスでBUSDを購入します。

なぜXRPを購入するのかというと、送金時の手数料が安く、送金スピードも速いという特徴があるからです。

XRPを購入する際は資金として日本円が必要になるので、まずは以下の記事を参考にしてコインチェックに日本円を入金しましょう。

なお、XRPの購入や送金には少しだけ手数料がかかるので、入金の際は少し余裕をもった金額にしてください。

あわせて読みたい
【アプリで簡単】コインチェックへのおすすめの入金方法と出金のやり方を解説 ・コインチェックへの入金方法が分かりません。・日本円を出金したい時はどうすればいいの? このような疑問にお答えします。 今回は、コインチェックへ日本円を入金す...

日本円を入金できたら、コインチェックの「販売所」でXRPを購入しましょう。

コインチェックでXRPを購入する手順については、以下の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
【PC・スマホ】コインチェックでの仮想通貨リップル(XRP)の買い方・購入方法 ・コインチェックで仮想通貨を買う方法が分かりません。・リップル(XRP)を購入するにはどうすればいいの?・購入前の入金方法も併せて教えて欲しい。 このような疑問...

手順②:XRPをバイナンスへ送金する

国内取引所でXRPを購入した後は、そのままバイナンスへ送金しましょう。

コインチェックからバイナンスへXRPを送金する手順については、以下の記事で解説しています。

あわせて読みたい
【PC・スマホ】コインチェックからバイナンスへ仮想通貨を送金する方法を解説 ・コインチェックからバイナンスへ送金する方法が分かりません。・失敗したくないので手順を分かりやすく教えて欲しい。・バイナンスへ送金した後はどうすればいいの? ...

手順③:バイナンスでXRPとBUSDを交換する

バイナンスへXRPを送金できたら、XRPをBUSDに交換しましょう。

なお、この後の手順でガス代(ネットワーク手数料)として「BNB」が必要になるので、一部のXRPはBNBと交換し、0.1BNB程度をガス代として用意しておいてください。

まずはバイナンスアプリを立ち上げて、ホーム画面の下にある「トレード」をタップします。

以下のような画面になるので「コンバート」をタップします。

振替元として「XRP」を選択し、赤枠で囲んだ「振替先」をタップします。

仮想通貨の一覧から「BUSD」をタップします。

交換するXRPの数量を入力します。(全額を交換する場合は「最大」をタップしてください)

数量を入力できたら「コンバージョンプレビュー」をタップします。

受け取るBUSDの数量を確認し「コンバート」をタップします。

以下の画面が表示されたら交換は完了です。

これでXRPをBUSDに交換できました。

手順④:BUSDをメタマスクに送金する

続いて、交換したBUSDをメタマスクに送金しましょう。

ガス代として利用する「BNB」も同様の手順でメタマスクに送金しておきましょう。

バイナンスアプリのホーム画面右下にある「ウォレット」をタップします。

「出金」をタップします。

「BUSD」を選択します。

「仮想通貨ネットワーク経由で送信」をタップします。

赤枠で囲んだアドレス欄にメタマスクの「ウォレットアドレス」を入力します。

この画面を開いたままメタマスクを起動してください。

メタマスクが起動したら、ネットワークが「BNBチェーン」になっていることを確認し、赤枠で囲んだ「アドレス(0xからはじまる英数字)」をタップします。

ウォレットアドレスをコピーできたら、バイナンスの「アドレス欄」にペーストします。(手打ちすると入力ミスする可能性があるので、必ずコピペしてください)

アドレスを入力できたら「ネットワーク」をタップします。

「BNB Smart Chain(BEP20)」をタップします。(利用するネットワークを間違えると、資金を失ってしまう恐れがあるので注意してください。)

「確認」をタップします。

ネットワークを選択できたら、続いて金額を入力します。

赤枠で囲んだ箇所に送金するBUSDの数量を入力します。(すべて送金する場合は「全額」をタップします)

金額を入力できたら「出金」をタップします。

「確認」をタップします。

認証画面になるので「コードを送る」をタップし、SMSとメールアドレス宛に届く「6桁の認証コード」をそれぞれの枠に入力します。

続いて、Google認証アプリで生成された「6桁の認証コード」を赤枠部分に入力します。

認証コードの入力ができたら「提出」をタップします。

以下の画面が表示されたら出金処理は完了です。「履歴を表示」をタップします。

以下のように取引履歴に反映されていればOKです。

しばらく待つと、メタマスクにBUSDが入金されます。

これでBUSDをメタマスクに送金できました。

なお、パソコン版のバイナンスからメタマスクへ送金する方法は、こちらの記事をお読みください。

あわせて読みたい
BINANCE(バイナンス)からMetaMask(メタマスク)への送金方法【スマホ・PC】 ・BINANCE(バイナンス)からメタマスクへ送金する方法が分かりません。・メタマスクに「BNBチェーン」を追加する方法を教えて欲しい。・送金にかかる時間や手数料を教...

手順⑤:パンケーキスワップでNXDTを購入する

メタマスクにBUSDを入金できたら、いよいよパンケーキスワップでNXDTを購入しましょう。

まずはメタマスクを立ち上げて、ホーム画面の左上にある「三本線のアイコン」をタップします。

メニューが開くので「ブラウザ」をタップします。

赤枠で囲んだ箇所をタップします。

検索窓に「パンケーキスワップのURL」をコピペしてください。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)のURL
https://pancakeswap.finance/

URLをペーストできたら「開く」をタップします。

パンケーキスワップが開くので、右上にある「Connect」をタップします。

「Metamask」をタップします。

「接続」をタップします。

「BNBチェーン」で接続されていることを確認し、左下にある「Trade」をタップします。

スワップ画面が開くので、赤枠で囲んだ箇所をタップして「交換元の通貨」を選択します。

メタマスク内の通貨が表示されるので「BUSD」を選択します。

続いて、赤枠で囲んだ箇所をタップして「交換先の通貨」を選択します。

デフォルトではNXDTが表示されないため、赤枠で囲んだ箇所に「NXDTのークンアドレス(コントラクトアドレス)」をコピペします。

NXDTトークンアドレス(コントラクトアドレス)※参照:NXDTの上場について
0xadf6d29572Af16dE3C44e6B89D2D8E0380044FA6

アドレスをコピペできたら「Import」をタップします。

「I understand」にチェックを入れます。

そのまま「Import」をタップします。

続いて、交換するBUSDの数量を入力します。(全額を交換する場合は「MAX」をタップします)

数量を入力できたら「Swap」をタップします。

受け取れるNXDTの数量を確認し「Confilm Swap」をタップします。

ガス代の見積りが表示されるので確認し、画面を下にスクロールします。

「確認」をタップします。

少し待つと以下の様なレシートが発行され、交換が完了します。そのまま「Close」をタップします。

元の画面に戻ったらメタマスクの接続を切り、画面左上にある「三本線のアイコン」をタップします。

メニューが開くので「ウォレット」をタップします。

すると、購入したNXDTがメタマスクに反映されていることを確認できます。

これでNXDTを購入できました。

ダイチ

お疲れ様でした!

NXDTの購入についてよくある質問

それでは最後に、NXDTの購入についてよくある質問にお答えします。

NXDTを買える取引所はどこですか?

現時点(2022年9月時点)では、PancakeSwap(パンケーキスワップ)でのみ購入可能です。

>> PancakeSwap(パンケーキスワップ)公式サイト

NXDTのコントラクトアドレスは?

以下がNXDTのコントラクトアドレスです。

0xadf6d29572Af16dE3C44e6B89D2D8E0380044FA6

メタマスク及びパンケーキスワップに入力することでNXDTトークンを表示できます。

NXDTの運用方法はありますか?

「NexFi (ネクスファイ)」という独自のステーキングサービスを利用して、NXDTをステーキングすることが可能です。

>> NexFi (ネクスファイ)

現在のver.2.6では、NXDTをステーキングすることで、同プロジェクトが展開する「Nexus Derby (ネクサスダービー)」という競馬ゲーム型Play to Earnで使用する「馬のNFT」が当たるガチャのチケットを獲得できます。

まとめ:NXDTの購入にはパンケーキスワップを利用しよう

今回は、NXDTの買い方・購入方法について解説しました。

最後に本記事の内容をおさらいしておきます。

本記事の要点

  • NXDTはPancakeSwap(パンケーキスワップ)で購入できる
  • PancakeSwap(パンケーキスワップ)を利用する際はメタマスクが必要
  • XRP → BUSD → NXDTの順で交換(両替)する

NXDTはPlay to Earnや決済アプリ、Web3.0に特化したSNSなど幅広い展開を見せるプロジェクトです。

ドバイでも有名な王族系の財閥企業がバックに付いており、外部からの資金も入れていないことから、こだわりを持ってプロジェクトが進められると期待しています。

今のうちに少額でも投資しておけば、将来的には大きなリターンを見込めるかもしれませんね。

繰り返しになりますが、NXDTの購入には仮想通貨取引所の口座が必要です。

コインチェックの口座開設は、以下のボタンから全てオンライン完結・最短20分ほどで申し込みできます。

はじめてのビットコインならコインチェック

コインチェック

コインチェックをおすすめする4つの理由

  • 初心者にも見やすい&使いやすいアプリ
  • ビットコインが500円から購入できる
  • レンディングや積み立てなどサービスも充実
  • 話題のNFTもコインチェックなら購入できる

また、BINANCE(バイナンス)など海外取引所の口座も必要になります。

以下のリンクからバイナンスへ登録していただくと、取引手数料が永年10%オフになるアカウントを作成できるので、よければ活用してください。

>> BINANCE(バイナンス)の「無料」口座開設はこちらから

\取引手数料が永年10%OFF

今回は以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

仮想通貨のミカタでは、「仮想通貨やDeFiに関する情報を初心者の方にも分かりやすく」発信しています。

これからも有益な情報をお届けできるように頑張っていきますので、応援していただけると嬉しいです。

この記事が参考になったら、ぜひシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次