ōLand(オーランド)でメタバースの土地NFTを無料でもらう方法【3分でエアドロップ】

ōLand(オーランド)でメタバースの土地NFTを無料でもらう方法【3分でエアドロップ】
  • URLをコピーしました!

この記事には広告・プロモーションが含まれています。

初心者さん

・ōLand(オーランド)ってなんですか?
・無料でNFTがもらえるって本当なの?
・もらったNFTで何ができるの?

このような疑問にお答えします。

今回は、メタバースプロジェクト「ōLand(オーランド)」の土地NFTを無料でもらう方法について解説します。

NFTは保有しているだけで価値がある「ブロックチェーン上のデジタルデータ」ですが、そんなNFTを今なら無料で手に入れることができます。

先に結論からお伝えすると、ōLandの公式サイトからメールアドレスを登録するだけで「土地NFT」が無料でもらえます。

>> ōLandの土地NFTを無料でGETする

ただ、「そもそもōLand(オーランド)って何なの?」という方が大半だと思います。

そこで本記事では、受け取った「土地NFTの将来的な価値」「ōLandのプロジェクト内容」についても解説するので、ぜひ最後までお読みください。

本記事の内容

  • ōLand(オーランド)の概要と特徴
  • ōLand(オーランド)の土地NFTを無料でもらう方法
  • ōLand(オーランド)の稼ぎ方
  • ōLand(オーランド)の将来性
プロフィール
ダイチ

プロフィール

こんな人が書いています

  • 300万円以上の仮想通貨を運用中
  • 運用利回りやBCGで月10万円以上の副収入を継続中
  • 複数ブログを運営し最高月収6桁を達成
目次

ōLand(オーランド)とは?

ōLand(オーランド)でメタバースの土地NFTを無料でもらう方法【3分でエアドロップ】

まずはōLand(オーランド)の概要について解説します。

ōLandとは、インターネットを使わずに「あらゆるブロックチェーンにアクセスすること」を目的としたOverline(オーバーライン)というサービスで提供される「メタバース内の土地NFT」です。

さらに、ōLandは現実世界での1.67エーカー(約6758.25㎡)に相当する「不動産NFT」でもあります。

少し分かりにくいので簡単に説明すると、ōLandは「メタバース内の土地」でありながら「現実世界で割り当てられる土地の権利」にもなっているということです。

※実際に土地を所有できるわけではなく、その土地でOverlineが利用された場合の権利になります。

そのため、ōLandを保有することで、将来的にOverlineのサービスが普及した際には「利用手数料の配分」を受け取ることができます。

その権利として配布しているのが、今回の「土地NFT」というわけですね。

ダイチ

NFTが「唯一の価値」を保証する技術だからこそできる発想です。

ōLand(オーランド)の特徴

ōLand(オーランド)の特徴は以下の3つです。

ōLand(オーランド)の特徴
  • 史上初の「ワイヤレスメタバース」
  • Overline(オーバーライン)
  • ōRouter(オールーター)

1つずつ順番に解説します。

史上初の「ワイヤレスメタバース」

ōLandは「American Centurion Group」という企業が運営している史上初の「ワイヤレスメタバース」プロジェクトです。

Overline(オーバーライン)のワイヤレスネットワークを使って、それぞれの区画(1つずつがōLandになっている)をワイヤレスで繋ぎ、そのネットワーク上にメタバースを構築します。

メタバース内ではアバターを操作して他のプレイヤーを交流したり、様々な情報を発信できるようになるそうです。

なお、実際にワイヤレス化を可能にするのは後ほど紹介する「ōRouter(オールーター)」という機器になります。

つまり、ōLandを所有していれば、その区画内でōRouter(オールーター)が使用された際に、手数料の一部を「権利収入」として受け取れる仕組みです。

Overline(オーバーライン)

Overline(オーバーライン)とは「Borderless Services Inc」が提供している技術およびサービスです。

Overlineでは「異なるブロックチェーン間でワイヤレスに仮想通貨の送金ができる」という特徴があります。

つまり、インターネットを使わなくても仮想通貨の送金ができるということですね。

また、通常であれば仮想通貨の送金には対応したブロックチェーンを使う必要があります。

ですが、このOverlineは「マルチチェーン」に対応しているため、異なるチェーン間でも仮想通貨を送金できます。

そして、このOverlineを構築するのが、次に紹介する「ōRouter(オールーター)」と呼ばれるweb3ルーターです。

ōRouter(オールーター)

ōRouter(オールーター)とは、世界初の「Web3ルーター」として開発されたルーターです。

ōRouterを使うことで、インターネット接続なしで「仮想通貨・NFTの送金」や「De-Fiへのアクセス」が可能になります。

このōRouterが1つあれば、建物が多い都市であっても「1.6㎢の範囲内」でインターネットを使わずに仮想通貨の送金ができます。

そして、このōRouterが利用された区画(ōLand)の所有者には、報酬として仮想通貨が還元されるというわけです。

つまり、より多くの「ōLand」を所有することで、将来的には多くの手数料収入を自動的に受け取れるようになります。

ダイチ

電話に例えるなら「基地局の所有権」というイメージですね。

ōLand(オーランド)の土地NFTを無料でもらう方法

それでは、実際にōLandの「土地NFT」を無料でもらう方法について解説します。

やり方はとても簡単なので、一緒にやってみましょう。

まずは、以下のリンクからōLandの公式サイトを開いてください。

>> ōLandの土地NFTを無料でGETする

ページが開くと、はじめに「クッキーの許可」を求められるので、お好きな方を選択してください。

次に「メールアドレス」を入力します。

メールアドレスを入力できたら、「Get free ōLand」をタップします。

画像認証が表示されるので、画面の案内に従って画像を選択します。

画像の選択ができたら「チェック」をタップします。

すると、画面の上部にメッセージが表示されるので、メーラーを開いてメールを確認します。

登録したメールアドレス宛に以下のメールが届くので、本文内にある「URL」をタップします。

以下のような画面が表示されるので、任意の「パスワード」を入力します。

パスワードを入力できたら「Submit」をタップします。

以下のような画面になればログインは完了です。

いくつかメッセージが表示されますが、タップすると消せます。

以下のようにōLandが表示されいればOKです。

これでōLandの「土地NFT」を無料でGETできました。

ōLand(オーランド)で稼ぐ方法

ここからはōLand(オーランド)で稼ぐ方法について解説します。

ōLandでは、主に2とおりの方法で稼ぐことができます。

ōLand(オーランド)で稼ぐ方法
  1. 土地NFTを販売して稼ぐ
  2. 土地NFTを保有して手数料で稼ぐ
  3. 友人・知人を紹介して稼ぐ

1つずつ順番に解説します。

稼ぎ方①:土地NFTを販売して稼ぐ

1つ目は、土地NFTを販売して稼ぐ方法です。

ōLandの土地はすべてNFT化されているため、「NFTマーケットプレイス」などで販売することができます。

実際に世界最大のNFTマーケットプレイスである「OpenSea」では、ōLandの土地NFTが出品されています。

そのため、土地NFTを売却することで利益を上げることが可能です。

また、土地NFTを「アップグレード」させることで「oFriends(オーフレンズ)」という犬小屋のようなNFTを獲得することができます。

このoFriends(オーフレンズ)は現在OpenSeaでも多数出品されており、1つあたり0.7~1ETH前後(日本円で約12~17万円)という高値で取引されています。

元手が「0円」であることを考えると、これだけでも十分な利益を狙うことができそうです。

ただし、供給が増えると「フロア価格」も落ちてくるので、売却する際はなるべく早めにした方が良さそうですね。

稼ぎ方②:土地NFTを保有して手数料で稼ぐ

2つ目は、土地NFTを保有して手数料で稼ぐ方法です。

ōLandでは「自分が保有する区画内」でōRouterが利用された際に、そのワイヤレス活動から仮想通貨を報酬として受け取れます。

そのため、人出や人口が多いエリアのōLand(区画)を保有していれば、それに応じて手数料収入も増えることが期待できます。

また、そのようなエリアの「土地NFT」は、NFTとしての価値も高まることが予想されます。

つまり、なるべくōRouterの利用頻度が高いōLand(区画)を集めることで、より多くの手数料収入が得られる可能性が高くなります。

稼ぎ方③:友人・知人を紹介して稼ぐ

3つ目は、友人・知人を紹介して稼ぐ方法です。

ōLandでは、自分が紹介した友人・知人がメールアドレスを登録し「土地NFT」を受け取った際、紹介者にも「土地NFT」が付与される制度があります。

そのため、紹介数が増えるほど多くの「土地NFT」を獲得できるため、将来的な手数料収入をアップさせることが可能です。

なお、友人・知人を紹介する際は「紹介用URL」を使って行います。

「紹介用URL」は、ōLandにログインした際に赤枠で囲んだ箇所に表示されています。

こちらをSNSなどで友人・知人に送信し、そのURLから登録してもらうだけです。

ōLand(オーランド)の将来性

ここからはōLand(オーランド)の将来性について見ていきましょう。

ōLandの将来性で注目すべきポイントは以下の2つです。

ōLand(オーランド)の将来性
  1. 既に90万人以上のユーザーが登録済み
  2. 実社会での利用増加が期待できる

1つずつ順番に解説します。

既に90万人以上のユーザーが登録済み

公式サイトの発表によると、ōLandには既に「90万人以上のユーザー」が登録しています。

これは同じくメタバースプロジェクトの「The SAND BOX」や「Decentraland」よりも多く、他のプロジェクトがユーザー数を減らしている中で、ōLandだけが圧倒的に増加傾向にあります。

これだけ多くのユーザーが登録しているという時点で、プロジェクトに対する期待の大きさが感じられますね。

実社会での利用増加が期待できる

ōLandでは「ワイヤレスによるメタバースの構築」を目指しているため、OverlineやōRouterなど実社会で利用される技術や機器が使われています。

これらの技術や機器は、仮想通貨がメジャーになっていくほど利用者が増えるので、ōLandにとっても追い風になるはずです。

他のメタバースプロジェクトは、あくまで「ゲーム内での活動」がメインでしたが、実社会でも普及していくバックグラウンドを持っているという点が、ōLandの強みになると考えられます。

ōLand(オーランド)のよくある質問

それでは最後に、ōLand(オーランド)のよくある質問にお答えします。

土地NFTは無料でもらえますか?

はい。現時点ではメールアドレスを登録するだけで誰でも無料でōLandの「土地NFT」がもらえます。

いつまで土地NFTのエアドロップがありますか?

現時点で配布期間は明らかになっていません。

ただし、土地NFTのアップグレードは「2022年12月9日」までの予定です。

土地NFTの「アップグレード」とはなんですか?

土地NFTに「oTreats」と呼ばれるアイテムを置くことで、一定の確率で「oFriends(オーフレンズ)」や「アイテム」が手に入ります。

oTreatsはログイン時にもらえるポイントを使って交換するか、課金して購入することができます。

まとめ:ōLand(オーランド)の土地NFTを無料でGETしよう!

今回は、ōLand(オーランド)の土地NFTを無料でもらう方法を解説しました。

最後に本記事の内容をおさらいしておきます。

本記事の要点

  • ōLandは「メタバース上の土地」と「現実世界の土地」の所有権になるNFT
  • ōLandを保有すると現実世界でのOverline利用時に手数料が分配される
  • ōLandの土地NFTはメールアドレスを登録するだけでGETできる

ōLandは、現実世界との活動ともリンクした「Web3.0」を体験できる画期的なメタバースプロジェクトです。

現実世界に「自分の基地局」を持つようなイメージなので、今回無料で手に入れた「土地NFT」が、将来的には完全な不労所得に化ける可能性があります。

メールアドレスを登録するだけの簡単な作業で「将来有望なプロジェクトの権利収入」が手に入るので、ぜひこの機会に無料のNFTをGETしておいてください。

>> ōLandの土地NFTを無料でGETする

今回は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

仮想通貨のミカタでは、「仮想通貨やDeFiに関する情報を初心者の方にも分かりやすく」発信しています。

これからも有益な情報をお届けできるように頑張っていきますので、応援していただけると嬉しいです。

この記事が参考になったら、ぜひシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次