仮想通貨を始めたい人の”味方”として暗号資産時代の”見方”を発信するブログ

【DeFi初心者向け】PancakeSwap(パンケーキスワップ)のやり方・始め方を分かりやすく解説

【DeFi初心者向け】PancakeSwap(パンケーキスワップ)のやり方・始め方を分かりやすく解説
  • URLをコピーしました!
初心者さん

・PancakeSwap(パンケーキスワップ)の始め方が分からない。
・DeFiって、どうやったら使えるの?
・仮想通貨を買ったことがなくても大丈夫かな?

このような疑問にお答えします。

本記事の内容

  • PancakeSwap(パンケーキスワップ)を使うために用意するもの
  • PancakeSwap(パンケーキスワップ)の始め方
  • PancakeSwap(パンケーキスワップ)で運用する手順
  • PancakeSwap(パンケーキスワップ)を使う時の注意点

今回は、PancakeSwap(パンケーキスワップ)の始め方を解説していきます。

本記事の手順どおりに進めれば、これまで仮想通貨を購入したことがないという方でも、パンケーキスワップを使って運用できるようになりますよ。

早速やっていきましょう。

今すぐにパンケーキスワップの始め方を知りたいという方は、以下のリンクからジャンプできます。

>> パンケーキスワップの始め方にジャンプする

目次

PancakeSwap(パンケーキスワップ)とは?

パンケーキスワップとは、ブロックチェーン上に構築されたDEX(分散型取引所)の1つで、仮想通貨やNFTを取引できる仮想通貨取引所です。

DEX(分散型取引所)とは、中央に管理者がいない取引所のことで、スマートコントラクトと呼ばれるブロックチェーン上のプログラムが、管理者の代わりにユーザーの資金を管理しています。
このような「非中央集権型」の金融の仕組みをDeFi(分散型金融)といいます。

パンケーキスワップでは、AMM(自動マーケットメーカー)というシステムによって、ユーザー同士の取引が自動的に処理されています。

パンケーキスワップの概要

パンケーキスワップでは「CAKE」という独自の仮想通貨(ガバナンストークン)を発行しており、このCAKEを高いAPR(年率)で運用できるため、世界中の投資家やユーザーから人気を集めています。

また、DEXではユーザーの本人確認(KYC)を必要とせず、誰にでも気軽に利用できることから、パンケーキスワップは「世界で最もユーザー数の多いDEX」でもあります。

パンケーキスワップついてもっと詳しく知りたいという方は、以下の記事で解説していますのでお読みください。

あわせて読みたい
PancakeSwap(パンケーキスワップ)とは?特徴と将来性やメリット・リスクまで解説 ・PancakeSwap(パンケーキスワップ)ってどういうもの?・PancakeSwap(パンケーキスワップ)は儲かるの?・メリットやリスクがあるなら知りたい。 このような疑問にお...

DeFiデビューにはパンケーキスワップがおすすめな理由

この記事を読まれている方の中には、DeFiどころか仮想通貨も買ったことがないという方もいるかと思います。

現在、DeFiの世界には様々な種類のDEX(分散型取引所)がありますが、はじめてDeFiを利用するという方にはパンケーキスワップをおすすめしています。

主な理由は以下の4つです。

パンケーキスワップがおすすめな理由
  • ガス代(手数料)が安く初心者の方にも優しい
  • 日本語対応しており日本人ユーザーの数も多い
  • 国内取引所より高利回りで運用できる
  • 国内では買えない仮想通貨も取引できる

はじめてDiFiを利用するのは不安も多いかと思いますが、パンケーキスワップであれば最低限のガス代(手数料)で取引できますし、日本語にも対応しているため安心して利用できます。

また、日本人ユーザーも多いので、ネットやTwitterなどで情報も集まりやすく、国内では買えないような掘り出し物のコインが見つかる可能性もあります。

このように、パンケーキスワップはDeFi初心者の方が入門編として利用するには最適なDEXだと言えます。

ダイチ

私のDeFiデビューも、もちろんパンケーキスワップです。

パンケーキスワップでの稼ぎ方

パンケーキスワップでの稼ぎ方は、主に以下の4つです。

パンケーキスワップでの稼ぎ方
  • ファーミング:仮想通貨をペアで預けてCAKEをもらう
  • ステーキング:プールにCAKEを預けて「CAKEを増やすor別の仮想通貨をもらう」
  • IFOへの参加:イベントに参加して、上場前の銘柄を定価で購入し売却益を得る
  • NFT取引:NFTマーケットプレイスでNFTを売買して稼ぐ

上記以外にも、シンプルに仮想通貨を交換(トレード)して差額を稼ぐこともできますが、ファーミングかステーキングをしてCAKEを増やすのが、パンケーキスワップでの基本的な稼ぎ方です。

パンケーキスワップでの稼ぎ方について、もう少し詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
PancakeSwap(パンケーキスワップ)は儲かる?手数料負けしない?稼ぎ方を解説 ・PancakeSwap(パンケーキスワップ)って儲かるの?・手数料負けするって本当?・どうやってコインを増やせばいいのか教えて欲しい。 このような疑問にお答えします。 ...

また、パンケーキスワップでNFTを購入・販売する手順については、以下の記事で詳しく解説しています。

あわせて読みたい
【2022年最新】PancakeSwap(パンケーキスワップ)でのNFTの買い方・売り方を解説 ・PancakeSwap(パンケーキスワップ)でNFTを購入したいです。・具体的なNFTの購入手順を教えて欲しい。・NFTを販売や送金する方法が知りたい。 このような疑問にお答え...

なお、本記事では主に「ファーミング」と「プール(ステーキング)」のやり方を紹介します。

それでは、早速パンケーキスワップの始め方を解説したいと思いますが、その前に、パンケーキスワップを始める前に用意しておくものを紹介しておきます。

用意するもの①:Webブラウザ(GoogleChrome推奨)

まず1つ目に用意するものは、Webブラウザです。

基本的にはお好きなブラウザを利用して大丈夫ですが、個人的にはGoogleChromeを推奨しています。

なぜならば、次で紹介するMetaMask(メタマスク)というWebウォレットが、GoogleChromeの拡張機能として用意されているので、あらかじめGoogleChromeを使っている方が手間がかからないためです。

>> GoogleChromeのインストールはこちらから

なお、パンケーキスワップにはアプリ版はありませんので、必ずWebブラウザから利用するようにしてください。

用意するもの②:Webウォレット(MetaMask推奨)

2つ目に用意するものは、Webウォレットです。

パンケーキスワップを利用するには、仮想通貨を保管する「Webウォレット」が必要になるため、あらかじめどれを使うか考えておきましょう。

パンケーキスワップで利用できるWebウォレットは何種類かありますが、おすすめはMetaMask(メタマスク)です。

MetaMask(メタマスク)は、パンケーキスワップだけでなく様々なプラットフォームで利用できますし、先ほど紹介したGoogleChromeをお使いであれば、拡張機能としてすぐにインストールできるので便利です。

MetaMaskのインストール方法は後ほど説明します。

用意するもの③:バイナンスコイン(BNB)

3つ目に用意するものは、バイナンスコイン(BNB)です。

バイナンスコイン(BNB)とは、世界最大の仮想通貨取引所であるBINANCE(バイナンス)が発行している独自のトークン(仮想通貨)です。

パンケーキスワップは、バイナンスが独自に開発した「BNBチェーン」というブロックチェーン上に構築されているため、ネットワークを利用するためのガス代(手数料)を、このバイナンスコイン(BNB)で支払います。

そのため、パンケーキスワップを利用する際は、ある程度のバイナンスコイン(BNB)をWebウォレットに入れておく必要があります。

ダイチ

もちろんBNBを使ってファーミングもできますよ。

それでは、ここから実際にパンケーキスワップを始める手順を解説していきます。

なお、まずはパンケーキスワップに接続するまでの手順を紹介していきますが、人によっては途中までの工程が済んでいる方もいるかと思うので、その場合は以下の一覧から必要な個所までジャンプしてください。

少し手順は多いですが、1度やってしまえば次回以降はパンケーキスワップにアクセスするだけで利用できるようになりますので、1つずつ順番に進めていきましょう。

まずは、国内取引所で口座開設をしましょう。

お好きな取引所で口座を作ってもらえば大丈夫ですが、初心者の方であればをおすすめします。

コインチェックをおすすめする理由は以下の4つです。

コインチェックがおすすめの理由
  • アプリが便利で使いやすい
  • ビットコインが500円から購入できる
  • レンディング(貸仮想通貨)や積み立てサービスがある
  • 話題のNFTも取引できる

コインチェックは、初心者の方でも圧倒的に使いやすいアプリがあり、2020年上半期のアプリダウンロード数では国内NO.1でした。

ビットコインや16種類のアルトコインが500円から購入できるので、複数のアルトコインを少しずつ買ってみたいという方にも使いやすく、独自の運用サービスも充実しているので、仮想通貨を始めるには最適の取引所だと言えます。

また、今話題の「NFT」もコインチェックのアカウントを作成するだけで取引できるので、初心者の方だけでなく、既に別の取引所に口座がある方にもおすすめです。

コインチェックの口座開設は、以下のリンクから最短20分程度で簡単にできます。

>> コインチェックの「無料」口座開設をはじめる

はじめてのビットコインならコインチェック

今なら、口座開設&入金完了で1,500円分のビットコインがもらえる!

コインチェック

コインチェックがおすすめの理由

  • 初心者にも見やすい&使いやすいアプリ
  • ビットコインが500円から購入できる
  • レンディングや積み立てなどサービスも充実
  • 話題のNFTもコインチェックなら購入できる

口座開設には審査などの時間がかかります。開設は無料なので先に申し込んでおくとスムーズです。

なお、コインチェックの口座開設手順は以下の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
スマホでコインチェック(Coincheck)の口座を開設する方法 ・スマホからコインチェックの口座を開設したい。・口座開設する前に何を準備すればいいの?・はじめて口座を開設するので上手くできるか不安です。 このような疑問にお...

パソコンからコインチェックの口座を開設される場合は、以下の記事で手順を確認できます。

あわせて読みたい
パソコンでコインチェック(Coincheck)の口座を開設する方法を解説 ・コインチェックの口座開設って難しいのかな?・口座開設する前に何を準備すればいいの?・はじめて口座を開設するので上手くできるか不安です。 このような疑問にお答...

国内取引所の口座を開設できたら、日本円を入金して仮想通貨を購入します。

コインチェックへ日本円を入金する手順については、以下の記事を参考にしてください。(コインチェックの手順ですが、他の取引所でもだいたい同じような流れで入金できます)

あわせて読みたい
【アプリで簡単】コインチェックへのおすすめの入金方法と出金のやり方を解説 ・コインチェックへの入金方法が分かりません。・日本円を出金したい時はどうすればいいの? このような疑問にお答えします。 本記事の内容 コインチェックへの日本円の...

ちなみに、購入する仮想通貨はビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)でも大丈夫ですが、個人的には「リップル(XRP)」がおすすめです。

理由としては、リップル(XRP)は送金時の手数料が安いため、この後の工程まで資金を余り減らさずに済むからですね。

コインチェックでリップル(XRP)を購入する手順については、以下の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
【PC・スマホ】コインチェックでの仮想通貨リップル(XRP)の買い方・購入方法 ・コインチェックで仮想通貨を買う方法が分かりません。・リップル(XRP)を購入するにはどうすればいいの?・購入前の入金方法も併せて教えて欲しい。 このような疑問...

また、パンケーキスワップでは取引の際に少額のガス代(手数料)がかかります。

そのため、購入する金額については、「実際に運用しようと考えている金額」にプラス2,000~3,000円程度多めに買っておくと安心です。

続いて、メタマスクをインストールします。

メタマスクは、パンケーキスワップで収穫できる「CAKE」や、ガス代として使用する「BNB」などを保管しておくために必要になります。

メタマスクの具体的な「インストール手順」と「基本的な使い方」は、以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

あわせて読みたい
MetaMask(メタマスク)の始め方・アカウント登録方法と基本的な使い方を解説 ・MetaMask(メタマスク)って何に使うの?・MetaMask(メタマスク)の登録方法が知りたい。・MetaMask(メタマスク)の使い方を教えて欲しい。 このような疑問にお答え...

スマホでメタマスクを利用したいという方は、以下の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
【iPhone版】MetaMask(メタマスク)のスマホアプリ登録方法と基本的な使い方 ・MetaMask(メタマスク)ってスマホでも使えるの?・MetaMask(メタマスク)をスマホで使う方法を教えて欲しい。・スマホアプリ版とパソコン版のMetaMask(メタマスク...

なお、今回は個人的な推奨ブラウザである「GoogleChrome」を使ったインストール手順を紹介していきます。

STEP
MetaMask(メタマスク)をインストール

まずは、以下のリンクからメタマスクの公式サイトを開いてください。

MetaMask(メタマスク)公式サイト

リンクをクリックすると、以下の画面に切り替わるので、赤枠部分の「Download for Chrome」をクリックします。

すると、以下の画面に切り替わるので、「Chromeに追加」をクリックしてください。

もし、以下のようなアラートが表示された場合は、「拡張機能を追加」をクリックしてください。

【補足】
メタマスクは頻繁に利用するので、「拡張機能」からピン留めしておくと便利です。

これで、メタマスクのインストールは完了です。

STEP
MetaMask(メタマスク)の初期設定

続いて、メタマスクの初期設定をしていきましょう。

まずは、メタマスクを開いて「開始」をクリックします。

画面が切り替わったら、「ウォレットを作成」をクリックします。

次に、品質向上への協力依頼が表示されるので、画面下部にあるプライバシーポリシーを確認し、問題なければ「同意する」をクリックしてください。

続いて、パスワードを設定します。任意のパスワードを入力してください。

パスワードは第三者に推測されないよう、なるべく複雑な組み合わせで設定するようにしましょう。また、このパスワードはメタマスクを起動する際に使用するので、忘れないようにどこかにメモしておいてください。

パスワードの入力ができたら、「利用規約を読んで同意しました」にチェックを入れてから、「作成」をクリックしてください。

その後、ウォレットの保護に関するガイダンス動画とリカバリーフレーズの設定がありますので、画面の案内に従って設定を行ってください。

これで、メタマスクのインストールと初期設定は完了です。

メタマスクのインストールが完了したら、続いてメタマスクに「BSCネットワーク」を追加します。

BSCネットワークとは、「バイナンススマートチェーン(現在はBNBチェーン)」の略で、Binance(バイナンス)が独自に開発したブロックチェーンのことです。

パンケーキスワップは、このBSC上に構築されたDEXなので、メタマスクにBSCネットワークを追加することで、パンケーキスワップに接続できるようになります。

メタマスクへのBSCネットワークの追加は、以下の手順で設定できます。

STEP
メタマスクの起動

まずはGoogleChromeからメタマスクを起動し、パスワードを入力して「ロック解除」をクリックします。

次に、画面上部のネットワーク選択から、「ネットワークを追加」をクリックしてください。

STEP
BSCネットワークの追加

画面がネットワークの追加画面に切り替わるので、赤枠の項目を以下のとおりに入力してください。

ネットワーク名:お好きな管理名(BSCメインネット等)
新規RPC URL:https://bsc-dataseed.binance.org/
チェーンID:56
通貨記号:BNB
ブロックエクスプローラーのURL(任意):https://bscscan.com

すべての項目に入力が完了したら、「保存」をクリックします。

すると、こちらの画面が表示されます。

これで、メタマスクにBSCネットワークを追加できました。

続いて、海外取引所の口座を開設します。

パンケーキスワップで運用する仮想通貨や、ガス代として使用するバイナンスコイン(BNB)を購入するには、海外取引所を利用する必要があります。

BNBの取り扱いがある海外取引所であれば、どこで口座開設しても大丈夫ですが、個人的にはBinance(バイナンス)をおすすめしています。

Binance(バイナンス)がおすすめの理由
  • 世界最大の仮想通貨取引所である
  • 600種類を超える取扱い銘柄と豊富な運用メニューがある
  • 招待リンクからの登録で取引手数料が永年10%オフになる
  • 本人確認(KYC)の審査が圧倒的に早い

バイナンスは世界最大の仮想通貨取引所であり、600種類以上の仮想通貨の取り扱いと、運用メニューの豊富さが特徴です。

また、パンケーキスワップのガス代として使用するバイナンスコイン(BNB)ですが、バイナンス内で取引する際の手数料としても使用でき、バイナンスコイン(BNB)で支払うと、手数料が割引になるなどのメリットがあります。

さらに、以下の招待リンクから口座開設することで、取引手数料が永年10%オフになりますので、まだバイナンスに口座を作っていないという方は、よければ活用ください。

>> BINANCE(バイナンス)の「無料」口座開設はこちらから

バイナンスは本人確認(KYC)の審査も国内取引所と比べて圧倒的に早いので、申し込みから口座開設まではすぐに完了します。

詳しい手順は以下の記事で紹介していますので、参考にしてください。

あわせて読みたい
【日本人もOK】BINANCE(バイナンス)の始め方・口座開設手順【初心者向け】 ・BINANCE(バイナンス)の口座開設って難しいのかな?・海外取引所の口座開設に必要なものを教えてほしい。・お得に口座開設する方法ってあるの? このような疑問にお...

バイナンスに口座を開設できたら、国内取引所で購入した仮想通貨をバイナンスへ送金しましょう。

バイナンスへ仮想通貨を送金するには、送金先のアドレスを国内取引所に登録する必要があります。

バイナンスの入金アドレスは以下の手順で確認できますので、お使いの国内取引所にアドレスを登録し、仮想通貨を送金してください。(以下はリップル(XRP)の入金アドレス確認手順ですが、他の仮想通貨でも流れは同じです)

STEP
バイナンスでリップル(XRP)の入金画面を表示

まずはバイナンスへログインし、上部メニューの「ウォレット」から「フィアットと現物」をクリックします。

画面が切り替わったら少し下にスクロールして、リップル(XRP)の行から「入金」をクリックします。

STEP
入金先のネットワークを選択

入金画面でリップル(XRP)が選択されていることを確認したら、「ネットワークの選択」をクリックします。

入金先のネットワークに「XRP Ripple」を選択して、「OK」をクリックします。

入金先のネットワークを間違えると、資金を失ってしまう可能性があるので注意してください。

STEP
リップル(XRP)の入金アドレスを確認

入金先の「アドレス」と「MEMO」が表示されるので確認してください。

あとは、あらかじめ「アドレス」と「MEMO」をコピーしておくか、こちらの画面を開いたまま国内取引所で入金先アドレスを登録してください。(送金する通貨によっては、MEMOが不要な場合もあります)

国内の主要な取引所からバイナンスへ送金する手順は、以下のリンクから確認してください。

バイナンスへ仮想通貨を送金できたら、入金した仮想通貨をバイナンスコイン(BNB)へ交換しましょう。

バイナンスコイン(BNB)へ交換する際は、パンケーキスワップでガス代として使用する分のBNBも確保してできるように交換数量を調整してください。

バイナンスでの仮想通貨の交換(トレード)は、以下の手順で簡単にできます。

下記の手順は、リップル(XRP)をテザー(USDT)に交換する手順になるので、テザー(USDT)をバイナンスコイン(BNB)に変更して進めてください。

STEP
バイナンスのトレード画面を開く

バイナンスへログインし、上部メニューの「トレード」から「Binance Convert」をクリックします。

STEP
トレードする仮想通貨のペアを選択する

「Binance Convert」の画面が開くので、「振替元」と「振替先」の仮想通貨を選択します。

今回は国内取引所から送金した仮想通貨をバイナンスコイン(BNB)に交換するので、以下のように設定します。

・振替元:国内取引所から送金した仮想通貨
・振替先:バイナンスコイン(BNB)

任意の仮想通貨ペアになっているか確認してください。

STEP
数量を入力してトレードする

トレードする仮想通貨を設定できたら、交換する数量を入力します。任意の仮想通貨を全てバイナンスコイン(BNB)に交換する場合は「最大」をクリックします。

数量の入力ができたら、そのまま「コンバージョンプレビュー」をクリックしてください。

コンバージョンプレビュー画面で、受け取れるバイナンスコイン(BNB)の数量を確認したら、そのまま「コンバート」をクリックします。

トレードが成立し、送金した仮想通貨がバイナンスコイン(BNB)に交換されます。

これで、バイナンスコイン(BNB)を用意することができました。

あとは、バイナンスコイン(BNB)をメタマスクに送金すれば、パンケーキスワップを始める準備は完了です。

バイナンスコイン(BNB)の用意ができたら、メタマスクへ送金しましょう。

先ほどメタマスクにBSCネットワークの追加を行っているので、それを使って以下の手順で送金します。

STEP
バイナンスの送金画面を開く

バイナンスへログインし、ダッシュボードから「フィアットと現物」をクリックします。

下記の画面が表示されるので、「出金」をクリックします。

フィアットの出金画面になるので、右上にある「仮想通貨の出金」をクリックします。

STEP
アドレスと出金額を入力

仮想通貨の出金画面が開くので、通貨は「BNB」を選択し、そのままメタマスクを起動します。

メタマスクが起動したら、「BSCネットワーク」が選択されていることを確認し、その下にある「アドレス(0xからはじまる英数字)」をコピーして、バイナンスのアドレス欄にペーストしてください。

アドレスをコピペできたら、ネットワークで「BSC BNB Smart Chain(BEP20)」を選択してください。

この際、利用するネットワークを間違えると、資金を失ってしまう恐れがあるので注意してください。

続いて、送金する金額を入力します。

送金する金額が入力できたら、「出金」をクリックしてください。

ネットワークを確認するアラートが表示されるので、「承認」をクリックします。

下記の画面が表示されるので、「OK」をクリックしてください。

STEP
セキュリティ認証と入金確認

出金する内容が表示されるので、「次へ」をクリックします。

セキュリティ認証を求められるので、「コードを取得」をクリックし、スマホのSMSと登録メールアドレスに届く「承認コード」をそれぞれ入力します。

承認コードが入力できたら、「提出」をクリックしてください。

これで、バイナンスからの出金手続きは完了です。

しばらく待つと、メタマスクに送金したBNBが反映されます。

これで、ようやくパンケーキスワップに接続するための準備が整いました。

ダイチ

結構長かったと思いますが、ひとまずはお疲れさまでした。

それでは早速、パンケーキスワップで運用をはじめていきましょう。いよいよDeFiデビューです!

ここからは、実際にパンケーキスワップで運用する方法と手順を解説していきます。

パンケーキスワップで仮想通貨を運用する流れは以下のとおりです。

ざっくり言うと、②メタマスク内のBNBを半分交換して「通貨ペア」を作り、③通貨ペアをファーミングしてCAKEを受け取り、④獲得したCAKEをステーキングで増やすという流れになります。

1つずつ順番に解説していきますので、手順通りに進めていきましょう。

運用手順①:パンケーキスワップとメタマスクを接続する

まずは、パンケーキスワップとメタマスクを接続します。

以下のリンクから、パンケーキスワップの公式サイトを開いてください。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)公式サイト

パンケーキスワップにアクセスできたら、はじめに右上にある「地球儀マーク」から日本語へ切り替えておきましょう。

次に、右上の「ウォレットを接続」をクリックします。

ウォレットの選択画面が表示されるので、「MetaMask」をクリックしてください。

メタマスクが起動するので、パスワードを入力して「ロック解除」をクリックします。

右上の表示が、ご自身のウォレットアドレスに変わっていれば、接続は完了です。

これで、パンケーキスワップで取引を開始できます。

運用手順②:バイナンスコイン(BNB)の半分を交換して通貨ペアを作る

次に、バイナンスコイン(BNB)の半分を交換(スワップ)して、ファーミングするための通貨ペアを用意しましょう。

パンケーキスワップでファーミングするためには、仮想通貨を「1対1」のペアにして預ける必要があります。

そのため、メタマスクに入っているBNBの半分を別の仮想通貨に交換(スワップ)して、BNBと1対1の通貨ペアを作りましょう。

パンケーキスワップで仮想通貨を交換(スワップ)する手順は以下のとおりです。

下記の手順は、BUSDの半分をCAKEに交換(スワップ)する手順ですが、BNBの場合でも手順は同じになります。

STEP
パンケーキスワップでスワップ画面を開く

まずは上部メニューの「トレード」から、「スワップ」をクリックします。

STEP
交換(スワップ)する仮想通貨を選択し交換枚数を入力

スワップの画面が開いたら、赤枠部分をクリックします。

交換元の仮想通貨候補が一覧で表示されるので、任意の通貨を選択してください。(今回はBUSDを選択しています)

任意の交換元に切り替わったら、交換する枚数を入力します。

交換枚数を入力したら、次に交換先の通貨を選択して下さい。(今回はCAKEを選択しています)

交換枚数が表示されるので、そのまま下部にある「(任意の仮想通貨)を有効にする」をクリックします。

すると、メタマスクが起動し、パンケーキスワップからのアクセス権の許可を求められるので、「確認」をクリックします。

STEP
交換(スワップ)の確定と通貨ペアの確認

メタマスクにアクセス権を許可すると、「スワップ」がクリックできるようになるので、そのままクリックします。

最終確認画面が表示されるので、「スワップの確定」をクリックしてください。

再度メタマスクが起動するので、ガス代などを確認して「確認」をクリックします。

しばらく待つと、取引のレシートが発行されます。

あとは、メタマスクに交換した仮想通貨が反映されたことを確認してください。

これで、ファーミングするための通貨ペアを作ることができました。

もし、交換した仮想通貨がメタマスクに表示されていない場合は、「メタマスクにトークンを追加」することで表示されます。

運用手順③:通貨ペアをファーミングしてCAKEをもらう

通貨ペアを用意できたら、実際にファーミングしてみましょう。

この手順が完了すると、ようやくCAKEを報酬としてもらえる状態になります。

パンケーキスワップでファーミングする手順は、大まかにいくと以下の流れになります。

パンケーキスワップでファーミングする手順
  1. 通貨ペアを預けて流動性を提供し「LPトークン」をもらう
  2. LPトークンを「ファーム」にステーキングする
  3. ステーキングの報酬として「CAKE」をもらう

LPトークンとは、「通貨の預かり証」のようなもので、通貨ペアを預けてパンケーキスワップに流動性を提供する代わりに発行されるトークンです。

このLPトークンをファームに預けることで、報酬として「CAKE」を収穫することができます。

具体的な手順は別の記事で詳しく解説しますので、今回は大まかな流れだけを紹介しておきます。(途中で何度かメタマスクが起動するので、手数料を確認したら「確認」をクリックでOKです)

STEP
流動性を追加する

まずは上部メニューの「トレード」から、「流動性」をクリックします。

画面が切り替わったら、「+流動性の追加」をクリックします。

通貨ペアの選択画面になるので、先ほど用意した通貨ペアを選択し、預ける枚数を入力してください。

入力ができたら「供給」をクリックします。

預ける通貨ペアと枚数を確認し、「流動性の追加」をクリックします。

受け取れるLPトークンの数量が表示されるので、「サプライの確定」をクリックします。

通貨ペアの預け入れが完了し、LPトークンがメタマスクに送られました。

このまま受け取ったLPトークンをファームにステーキングしましょう。

STEP
LPトークンをファームにステーキングする

上部メニューの「獲得」から、「ファーム」をクリックします。

通貨ペアの一覧が表示されるので、先ほど流動性を追加した通貨ペアを探してクリックします。

選択した通貨ペアのメニューが開くので、「有効にする」をクリックしてください。

メタマスクが起動するので「確認」をクリックし、その後「LPステーキング」をクリックします。

ステーキングするLPトークンの数量を入力し、確認画面で「確定」をクリックします。

ステーキングしたLPトークンの枚数が表示されたら完了です。

これで、パンケーキスワップにファーミングができました。

あとは、毎日CAKEが報酬として加算されていくので、お好きなタイミングで収穫しましょう。

運用手順④:獲得したCAKEをプール(ステーキング)でさらに増やす

最後に、ファーミングで獲得したCAKEを、プール(ステーキング)でさらに増やしていきましょう。

プール(ステーキング)は、CAKEを単体で預ける(貸し出す)ことで、利息を受け取れるサービスです。

もらったCAKEは、「ガチホ(長期保有)」や「売却して利確する」などの使い道がありますが、個人的にはステーキングして複利運用することをおすすめします。

複利運用とは、もらった利息を元本に組み入れて運用することです。元本が次第に増えていくことから、資金が雪だるま式に増加していきます。

パンケーキスワップのステーキングは自動で複利運用してくれるので、一旦CAKEを預け入れておけば、あとは放置しておいても自動でCAKEが増えていくので、とても楽に運用できます。

また、CAKEを預けて「別の仮想通貨」を利息として受け取ることもできます。

今回は、歩いて仮想通貨を稼げると人気の「STEPN(ステップン)」のトークンである「GMT」がもらえるプールにCAKEをステーキングしてみます。

STEP
CAKEをステーキングするプールを選択

まずは上部メニューの「獲得」から、「プール」をクリックします。

現在、預け入れられるプールの一覧が表示されるので、ステーキングしたいプールの「詳細」をクリックします。

選択したプールのメニューが開くので、「有効にする」をクリックしてください。

メタマスクが起動するので「確認」をクリックし、その後「ステーキング」をクリックします。

STEP
預け入れ枚数を入力してステーキングする

ステーキングする枚数の入力画面が表示されるので、預け入れたいCAKEの枚数を入力します。(すべて預ける場合はスライダーを「最大」まで動かしてください)

預け入れる枚数を入力できたら、「確定」をクリックします。

再度メタマスクが起動するので「確認」をクリックし、「取引を送信しました」という表示が出れば完了です。

これで、プールにステーキングすることができました。

もし、ステーキングを解除したい場合は、対象のプールから「収穫」をクリックすると解除できます。

なお、CAKEプール以外のプールは、全体でステーキングできる額が決まっているため、上限に達するとその時点でステーキングは強制的に解除されます。

また、CAKEプールの場合は自分で解除するまでは自動的に複利運用が続きますので、定期的にAPY(年利)を確認して運用を続けるかどうか判断してください。

ダイチ

ファーミングで収穫したCAKEをステーキングでどんどん増やしていきましょう。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)から資金を日本円に換金する方法

ここまで、パンケーキスワップで運用する手順を解説してきましたが、ファーミングやステーキングで稼いだCAKEを日本円に換金する方法も簡単に説明しておきます。

基本的には、これまでの流れを逆流する形になりますが、全体の流れは以下のとおりです。

パンケーキスワップから日本円に換金する手順
  1. パンケーキスワップで運用を解除(メタマスクに資金が戻る)
  2. メタマスクからバイナンスへ送金
  3. バイナンスから国内取引所へ送金
  4. 国内取引所で日本円に両替して出金

パンケーキスワップのファーミングを解除する手順については、以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【PancakeSwap(パンケーキスワップ)のやめ方】収穫・ファーミング解除とLPトークンを分解する方法 ・PancakeSwap(パンケーキスワップ)のファームからCAKEを収穫したい。・ファーミングを解除する手順が分かりません。・どうすればLPトークンを元の仮想通貨に戻せます...

なお、最終的に国内取引所へ送金する際は、その取引所で「取扱いのある通貨」を送金するように注意してください。

ちなみに、CAKEは国内取引所では取扱いのない銘柄なので、必ずパンケーキスワップかバイナンスのどちらかで他の通貨と交換してから送金する必要があります。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)を利用する際の注意点

DeFi初心者の方にも利用しやすいパンケーキスワップですが、利用する上ではいくつか注意点がありますので、そちらも解説しておきます。

公式サイトにアクセスできているか確認する

DeFiは本人確認なしで利用できるのが魅力の1つですが、それを狙った悪質な詐欺サイトが存在するのも事実です。

そのような「詐欺サイト」に間違ってメタマスクを接続してしまうと、最悪の場合ウォレット内の資産をすべて奪われるといった危険性もあります。

検索エンジンで「PancakeSwap」と検索した際に、「広告」と表示されるサイトには詐欺サイトが紛れ込んでいるため、検索エンジン経由でアクセスするのは絶対にやめておきましょう。

アクセスする際は、公式Twitterなどの信頼できるリンクからアクセスするようにして、一度アクセスしたらページをブックマークしておくようにしてください。

また、初回訪問時にはトップページ上部にフィッシングサイトに対する警告文と公式ページURLが表示されますので、必ずブラウザのアドレスバーに入力されているURLと見比べて、公式サイトであることを確認してから利用するようにしてください。

ダイチ

DeFiの仕組みを悪用する詐欺サイトには、くれぐれも注意してください。

ネットワークを確認して利用する

パンケーキスワップを利用する際は、必ずメタマスクのネットワークを確認してください。

このネットワークを間違えていると、仮想通貨が別のところへ送信され二度と取り戻せなくなる可能性があるため、接続しているネットワークには十分に注意してください。

パンケーキスワップのネットワーク:Binance Smart Chain(BEP20)

また、バイナンスとメタマスクの間で送金する際にも、このネットワーク選択には気を付けるようにしてください。

すべて自己責任の上で利用する

これはパンケーキスワップに限った話ではないですが、DeFi(分散型金融)は「非中央集権型」とも呼ばれる仕組みのため、中央に管理者となる存在がおらず、誰もユーザーを管理していません。

つまり、もしパンケーキスワップを利用して何かトラブルが起きたとしても、誰も保障や補填はしてないということです。

そのため、パンケーキスワップに限らずDeFi・DEXを利用する際はすべて自己責任での利用となるので、きちんと仕組みを理解してから利用するようにしてください。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)の利用に関するよくある質問

それでは最後に、PancakeSwap(パンケーキスワップ)の利用に関するよくある質問にお答えします。

ファームとプール以外の運用方法はありますか?

パンケーキスワップでの運用は、基本的にファームとプールのみになります。

ただし、仮想通貨を稼ぐ方法は他にもありますので、気になる方は以下の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
PancakeSwap(パンケーキスワップ)は儲かる?手数料負けしない?稼ぎ方を解説 ・PancakeSwap(パンケーキスワップ)って儲かるの?・手数料負けするって本当?・どうやってコインを増やせばいいのか教えて欲しい。 このような疑問にお答えします。 ...
ファーミングのAPR(年率)は変動しますか?

はい。ファーミングのAPR(年率)は常に変動します。

特に時価総額が低く、値動きの激しいアルトコインをペアとしている場合は、APR(年率)の変動も大きくなる傾向にあります。

そのため、ファームを利用する際は定期的にAPR(年率)を確認し、ステーキングを継続するか否かを判断するようにしてください。

「Burn(バーン)」とはなんですか?

仮想通貨をBurn(焼却)するとは、運営元が市場に流通している仮想通貨を買い戻し、誰も引き出せないアドレス宛に仮想通貨を送り込むことで、市場から取り除くことをいいます。

Burnする目的は、当該通貨の流通量を減らすことで、結果的にコイン1枚あたりの価値を高めることです。

まとめ:PancakeSwap(パンケーキスワップ)でDeFiデビューしてみよう!

今回はPancakeSwap(パンケーキスワップ)の始め方について解説しました。

最後に本記事の内容をおさらいしておきます。(もう一度確認したい個所までクリックでジャンプできます)

本記事の要点

パンケーキスワップは、ガス代も安く操作性もシンプルなので、これからDeFiデビューする方にはDEXの基本を学べる場として最適です。

DeFiの市場はこれからさらに拡大していくと言われています。

まずは飛び込んでみるのが最短の勉強方法だと思うので、お小遣い程度から始めてみることをおすすめします。

>> 今ならコインチェックで「1,500円分のビットコイン」がもらえるキャンペーンを実施中

また、パンケーキスワップで「CAKE」を収穫した後は、より高利回りな運用にもチャレンジしてみてください。

以下の記事ではパンケーキスワップと同じDeFiサービスである「アルパカファイナンス」でのレンディング(貸し出し)方法を解説しています。

パンケーキスワップを利用している方であればそのまま利用できますので、興味のある方はお読みください。

あわせて読みたい
Alpaca Finance(アルパカファイナンス)でレンディング・ステーキングする方法 ・Alpaca Finance(アルパカファイナンス)の使い方が分かりません。・レンディングやステーキングしたい時はどうすればいいの?・Alpaca Finance(アルパカファイナン...

今回は以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

仮想通貨のミカタでは、「仮想通貨やDeFiに関する情報を初心者の方にも分かりやすく」発信しています。

これからも有益な情報をお届けできるように頑張っていきますので、応援していただけると嬉しいです。

この記事が参考になったら、ぜひシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次