仮想通貨を始めたい人の”味方”として暗号資産時代の”見方”を発信するブログ

【評判】Sweatcoin(スウェットコイン)は怪しい?収益モデルや信頼性を徹底検証

【評判】Sweatcoin(スウェットコイン)は怪しい?収益モデルや信頼性を徹底検証
  • URLをコピーしました!
初心者さん

・Sweatcoin(スウェットコイン)って怪しくないの?
・歩いて稼げるってどういう仕組み?
・安心して使えるアプリなのか教えて欲しい。

このような疑問にお答えします。

Sweatcoin(スウェットコイン)は「歩くだけで仮想通貨が稼げる」と話題のMove to Earnアプリです。

ユーザーはアプリをインストールするだけで、初期投資もなく無料で仮想通貨を稼げます。

そんな夢のようなアプリのSweatcoinですが、仕組みが分からないため「怪しい」と感じている方もいるのではないでしょうか。

今回は、Sweatcoinの収益モデルや信頼性について検証していきます。

本記事を読めば、Sweatcoinが安心して利用できるアプリなのかが分かりますよ。

ぜひ最後までお読みください。

本記事の内容

  • Sweatcoin(スウェットコイン)の概要と目的
  • Sweatcoin(スウェットコイン)が怪しいと言われる理由
  • Sweatcoin(スウェットコイン)が怪しくない理由

ちなみに、「そもそもSweatcoin(スウェットコイン)って何?」という方は、先に以下の記事をお読みください。

あわせて読みたい
【歩いて稼ぐ】Sweatcoin(スウェットコイン)とは?特徴や将来性・仮想通貨の使い道まで解説 ・Sweatcoin(スウェットコイン)ってなんですか?・歩いて仮想通貨を稼げるって本当なの?・特徴や仕組みを詳しく教えて欲しい。 このような疑問にお答えします。 歩く...
目次

Sweatcoin(スウェットコイン)とは?

Sweatcoinは「歩いて仮想通貨を稼げる」Move to Earn(ムーブトゥアーン)のプロジェクトで、日本では2022年の4月からアプリが提供されています。

無料のアプリをインストールして歩くだけで「Sweatcoin」というトークンを稼ぐことができ、貯まったトークンで協賛企業の商品・サービスと交換したり、オークションに参加するなど様々な利用法方があります。

元々アプリ自体は2016年にイギリスでリリースされており、世界的に多くのユーザーを獲得していますが、今回はそこに「仮想通貨を稼げる仕組みが導入される」ということで大きな注目を集めています。

ダイチ

海外ではすでに認知度も高いアプリのようです。

今後は獲得した「Sweatcoin」を「SWEAT」という仮想通貨と交換できる予定になっており、「SWEAT」は仮想通貨取引所に上場される見込みです。

Sweatcoin(スウェットコイン)の基本情報

先ほども紹介したとおり、Sweatcoinは2016年にイギリスで誕生したアプリです。

運営しているのは「SweatCo Ltd」というスタートアップ企業で、名前からも分かるとおりSweatcoinのプロジェクトのために設立された会社のようです。

現時点では、仮想通貨「SWEAT」が上場される取引所は明らかになっていませんが、基盤となるブロックチェーンは「NEAR Protocol(NEARチェーン)」になると発表されています。

以下がSweatcoinの基本情報です。

Sweatcoinの基本情報
アプリ名Sweatcoin(スウェットコイン)
対応OSiOS・Android
リリース時期2016年(イギリスでリリース)
日本でのリリース時期2022年4月
リリース国数世界30ヵ国以上
アプリ登録者数1億人以上(アクティブユーザー推定6,400万人以上)
シンボルSWC
トークンSweatcoin(SWEAT)
基盤のブロックチェーンNEAR Protocol
ライトペーパーhttps://drive.google.com/file/d/1IPklRcEQvgJkCaeYvGh43yjWl-Dj5_6i/view
運営会社SweatCo Ltd
公式サイトhttps://sweatco.in/
公式Twitterhttps://twitter.com/sweatcoin
※2022年8月時点

Sweatcoin(スウェットコイン)プロジェクトの目的

Sweatcoinプロジェクトは、健康を通した社会貢献を目的としており、それは公式サイトにも以下のように「ビジョン」として掲げられています。

現在、日本でも高齢者の増加と共に医療費の問題が度々ニュースなどで取り上げられています。

Sweatcoinでは稼いだ「Sweatcoin」を商品・サービスと交換できたり、仮想通貨「SWEAT」との交換など無償でユーザーへ還元していますが、多くの人がSweatcoinを利用して健康的な生活を手に入れることで、結果的に医療費の削減に繋がると考えているようです。

つまり、我々ユーザーが歩いて「Sweatcoin」を稼ぐという行為そのものが、間接的にSweatcoinが掲げるビジョンに重なっていると言えます。

ダイチ

稼ぎながら健康になれるなら一石二鳥ですね。

Sweatcoin(スウェットコイン)は怪しいのか?

Sweatcoinの概要が分かったところで、なぜSweatcoinは怪しいと言われるのかについて解説していきます。

また、「どんな会社が運営しているアプリ」で、「どのような収益モデルでサービスが提供されているのか」についても見ていきましょう。

Sweatcoin(スウェットコイン)が怪しいと言われる理由

そもそもですが、なぜSweatcoinは怪しいと言われるのでしょうか。

理由はいくつかあると思いますが、最も怪しいと思うポイントは「なぜ無料で仮想通貨を稼げるのか?」という部分かと思います。

ダイチ

これは確かに誰もが気になるところですよね。

また、最近になって話題になったアプリのため、「運営会社の信頼性」や「データを悪用されるんじゃないか?」といった部分も気になるポイントでしょう。

Sweatcoinと同じ様なMove to Earnアプリとしては「STEPN」がありますが、STEPNではアプリを始めるために数万円~十数万円の「NFTスニーカー」を購入する必要があり、初期費用が無料ではありません。

販売した「NFTスニーカー」収益の一部が運営資金に回されていると言われており、どこから財源を確保しているのかがある程度明確になっています。

では、無料で始められるSweatcoinはどのような収益モデルで運営されているのでしょうか。

Sweatcoin(スウェットコイン)の収益モデル

Sweatcoinの現在の主な収益源は「広告収入」と「有料プランの会費」です。

Sweatcoinでは、稼いだ「Sweatcoin」を使ってアプリ内のマーケットプレイスで様々な企業の商品・サービスと交換できるサービスを提供しています。

そして、交換画面には商品・サービスのページへリンクするボタンが設置されており、企業はSweatcoinを利用して新たなユーザーを獲得するためのプロモーション活動を行っています。

つまり、マーケットプレイスで商品・サービスを提供している企業は、Sweatcoinにとってのパートナーであると同時に「広告主」でもあります。

また、Sweatcoinでは有料の「プレミアム会員制度」を導入しており、マーケットプレイスでも「プレミアム会員限定」の商品やサービスを提供しています。

プレミアム会員になるには「1ヶ月550円」または「年間2,700円」の会費が必要ですが、歩いてカウントされる歩数が常に2倍になるなど、商品との交換以外にも特典が用意されています。

ダイチ

要するに「課金しているユーザー」がいるということですね。

さらに、「デイリーリワード」と呼ばれる動画広告を1日に3本まで視聴でき、広告を見終わるとランダムで「0.1〜1,000Sweatcoin」を獲得できる仕組みがあります。

この「デイリーリワード」にも当然ながら動画広告を流す広告主が存在し、ここからSweatcoinは広告収入を得ています。

つまり、これらの「広告収入」や「プラミアムプランの会費」による収益がSweatcoinの主な収益モデルになります。

Sweatcoin(スウェットコイン)の運営会社

Sweatcoinを運営するのはイギリスのロンドンに拠点を置く「SweatCo Ltd」です。

以下がSweatCo Ltdの基本情報です。

SweatCo Ltdの基本情報
会社名SweatCo Ltd
所在地イギリス(ロンドン)
設立年度2014年
共同創設者兼CPOOleg Fomenko
共同創設者兼CEOAnton Derlyatka
共同創設者兼CTOEgor Khemelev
※2022年8月時点

2014年に設立されたばかりのスタートアップ企業ではありますが、Sweatcoinの成功により現在では多数のVC(ベンチャーキャピタル)から出資を受けるなど急成長しています。

2022年7月28日には1,300万ドル(約17億円)の資金調達を完了したことを発表し話題になりました。

先ほども紹介したとおり、元々の収益モデルが確立されていることと、世界中に多くのユーザーを抱えている点などから、スタートアップとは思えないレベルで資金が集まる環境になっています。

そのため、ユーザーの歩行データが販売・悪用されるかもしれないという不安はないと考えていいでしょう。

また、その点については公式サイトでも以下のようにはっきりと明記されています。

つまり、ユーザーのプライバシーにもしっかりと配慮した運営が行われていると考えられます。

Sweatcoin(スウェットコイン)が怪しくない理由

Sweatcoinの収益モデルや運営会社について理解していただけたかと思いますが、それでもまだ不安が残るという方のために、ここからは「Sweatcoinが怪しくない理由」を解説します。

Sweatcoinが怪しくない理由は主に以下の5点です。

Sweatcoinが怪しくない理由
  1. 既にアプリとして成功している
  2. 「NHS(英国国民健康保険)」との協力体制
  3. 「Save the Children」の公式パートナー
  4. 出資しているVCに有力企業が多い
  5. 9月12日に「トークン交換イベント」を開催予定

順番に1つずつ解説していきます。

理由①:既にアプリとして成功している

Sweatcoinは既にアプリとして成功しているため、わざわざ詐欺まがいのプロジェクトを起こす理由がありません。

Sweatcoinは本国イギリスやアメリカを始め、世界30カ国以上の国でアプリをリリースしています。

アプリの登録ユーザーは全世界で1億人を超えていると発表されており、アクティブユーザーの数も6,400万人以上と言われています。

アプリの評価も高く、iOS版とAndroid版のどちらもストアの評価は4.5以上となっており、60ヵ国以上で総合No.1のアプリになっています。

さらに、2022年のアプリダウンロード数において「ヘルス&フィットネスアプリ部門」で第1位になっています。

このように、既にアプリとして世界中で大成功を収めているため、この地位を捨ててまで、わざわざ怪しげな動きをする必要性がないと考えます。

よく言われる「詐欺まがいのプロジェクト」は、アプリやゲームの開発状況が見えてこない場合が多いですが、既にアプリがリリースされており、基盤となるブロックチェーンも決定しているSweatcoinは、怪しい部分がほとんどないと言えるでしょう。

理由②:「NHS(英国国民健康保険)」との協力体制

SweatcoinはNHS(英国国民健康保険)と協力したプロジェクトを進めています。

このプロジェクトは、イギリス国内での2 型糖尿病を発症するリスクを抑えるために、国営機関であるNHS(英国国民健康保険)と民間企業であるSweatcoinが共同で進めている予防プログラムです。

VCから資金が集まるのも凄いことですが、国営機関から言わば「お墨付き」を貰っているような状況なので、Sweatcoinに対する信頼性は相当高いと言えます。

ダイチ

これで怪しいなら、ほとんどのプロジェクトが信用できませんよね。

理由③:「Save the Children」の公式パートナー

Sweatcoinは「Sweatcoin For Good(S4G)」という系列団体を通して様々な慈善団体と協力し、積極的に支援活動を行っています。

また、「Save the Children(セーブ・ザ・チルドレン)」の公式パートナーとして、世界中の子供たちを救うための活動にも取り組んでいます。

Sweatcoin For Good(S4G)はユーザーがスウェットコインを通じて支援するための「慈善キャンペーン」を特集しており、これらのキャンペーンにはアプリ内からSweatcoinを使って寄付できるようになっています。

Sweatcoinのビジョンにもあった「社会貢献」を実際に行い、報告もしているという点は信頼できる企業と言えるのではないでしょうか。

理由④:出資しているVCに有力企業が多い

出資しているVC(ベンチャーキャピタル)に有力企業が多いという点も、Sweatcoinの信頼性の高さを表しています。

先ほど紹介した「NEAR Protocol(NEARチェーン)」の開発をサポートしている「NEAR Foundation」をはじめ、海外の大手仮想通貨取引所「OKX」を親会社に持つ「OKEx Blockdream Ventures」など、暗号資産業界の有力企業からも多くの出資を受けています。

「Polkadot」や「Polygon」といった名前も見られるため、もしかすると「NEAR Protocol(NEARチェーン)」以外にも複数のネットワークで利用できるようになるかもしれません。

ダイチ

STEPNも最初は「Solanaチェーン」だけでしたが、後から「BSC」でも稼働するようになりました。

また、上記で紹介したVC以外にも600以上の企業や政府機関とパートナーシップを結んでおり、これらの経済圏がSweatcoinに価値をもたらしています。

これだけ多くのVCやパートナー企業から認められているSweatcoinに怪しい部分はないと言えるでしょう。

ダイチ

企業が出資するために行う「与信調査」は、私たち一般人とは比べ物にならないほど厳しいはずですからね。

理由⑤:9月12日に「トークン交換イベント」を開催予定

Sweatcoinでは、2022年9月12日に「トークン生成イベント(TGE)」が実施される予定になっています。

現在はアプリ内でのみ利用できる「Sweatcoin」ですが、「トークン生成イベント(TGE)」以降は仮想通貨の「SWEAT」と交換できるようになります。

上場時期が決まっていないため怪しいと考えていた方も多いかと思いますが、上場のための準備は順調に進んでいると言えそうです。

なお、このイベントでは、「Sweatcoin」と「SWEAT」が1対1のレートで交換されると発表されています。

公式からの発表によれば、「今後このレートで交換できることはない」とのことなので、現時点でSweatcoinを貯められている方や、これからSweatcoinを始めようという方は絶対に見逃さないようにしてください。

また、この「トークン生成イベント(TGE)」の前後で取引所へ上場される可能性もあるため、具体的な上場日程や上場する取引所が気になる方は、公式サイト公式Twitterで情報を集めておくようにしましょう。

ちなみに、上場後の価格について以下の記事で個人的な予想をしていますので、気になる方はお読みください。

あわせて読みたい
Sweatcoin(スウェットコイン)上場後の価格予想はいくら?日本円への換金手順も考察 ・Sweatcoin(スウェットコイン)が上場するらしいけど、価格はいくらぐらいになるの?・いつごろ取引所に上場されるんだろう?・日本円に換金するにはどうすればいいの...

【追記】
2022年9月14日に上記のTGE(トークン生成イベント)が行われ、保有しているSweatcoinの枚数に応じて仮想通貨のSWEATが配布されました。

また、仮想通貨のSWEATも海外の主要な取引所に上場されています。

現時点では「外部への送金機能」がありませんが、SWEATを日本円に換金する手順を以下の記事で解説していますので、事前準備の参考にしてください。

あわせて読みたい
【Sweatcoinの換金方法】仮想通貨SWEATを日本円に換金するやり方を解説 ・Sweatcoinを日本円に換金するにはどうすればいいの?・SWEATの取引所の中でおすすめはどこ?・はじめて仮想通貨を換金するから手順を詳しく教えて欲しい。 このような...

Sweatcoin(スウェットコイン)の始め方

ここまで読まれて、「今からでもSweatcoinを始めてみよう」と思われた方向けに、Sweatcoinの始め方について紹介させていただきます。

Sweatcoinは以下の手順で簡単に始めることができます。

インストールからセットアップまで5分もあれば完了するので、是非この機会に始めてみてください。

Sweatcoinの始め方
  1. アプリをダウンロードしてインストール
  2. ヘルスケアアプリと連携する
  3. 専用ウォレットを作成する

なお、具体的な手順は以下の記事で詳しく解説していますので、今回は簡単に流れを説明させていただきます。

あわせて読みたい
【簡単3ステップ】Sweatcoin(スウェットコイン)の始め方・セットアップ方法!稼ぎ方も解説 ・Sweatcoin(スウェットコイン)の始め方が分かりません。・初期設定やセットアップは何をすればいいですか?・どうやって稼げばいいのか教えて欲しい。 このような疑...

①アプリをダウンロードしてインストール

まずは以下のボタンをタップしてアプリのインストール画面を開いてください。

以下の画面が表示されるので、画面中央にある「Accept Invite」をタップします。

App Storeが開くので、「入手」をタップしてアプリをインストールしてください。

アプリがインストールできたら、「Apple ID」でサインインします。

これで、アプリのインストールは完了です。

②ヘルスケアアプリと連携する

次に、iPhoneの「ヘルスケアアプリ」と連携します。

画面の案内に従って「HealthKitを有効にする」をタップします。

iPhone側の操作で、Sweatcoinから「ヘルスケアアプリ」へのアクセスを許可します。

「了解しました」をタップします。

以下のような画面が表示されたら、セットアップは完了です。

あとは、バックグラウンドで自動的にヘルスケアアプリが歩数をカウントしてくれるので、そのままスマホを持って歩くだけで「Sweatcoin」が貯まります。

セットアップが完了したら、そのまま専用ウォレットを作っておきましょう。

Sweatcoinでは、歩くことで「Sweatcoin」というトークンを獲得できます。

このSweatcoinトークンはアプリ内でのみ利用できるトークンであり、後ほど「SWEAT(SWC)」という仮想通貨と交換できる予定になっています。

具体的には、先ほど紹介した2022年9月12日に「Sweatcoin」と「SWEAT(SWC)」を交換するイベントが開催される予定です。

その日までに専用ウォレットを用意しておかないと、SWEAT(SWC)が受け取れなくなってしまうので、必ず専用ウォレットを作成しておくようにしてください。

専用ウォレットは以下の手順で作成できます。

まず、Sweatcoinのホーム画面を少し下にスクロールし「Sign up to claim」をタップします。

「Learn more」をタップします。

説明が続くので「NEXT」をタップしていきます。

以下の画面が表示されたら「Get your wallet」をタップします。

赤枠で囲んだ部分に「メールアドレス」を入力します。

2箇所のチェックボックスにチェックを入れます。

チェックを入れたら「Send me the code」をタップします。

「I understand 」をタップします。

登録したメールアドレス宛てに「6桁の認証コード」が届くので、それを赤枠で囲んだ部分に入力します。

「6桁の認証コード」はメール本文内に以下のような形で記載されています。

認証が完了すると以下のような画面が表示されます。

これで、専用ウォレットの作成は完了です。

既に専用ウォレットの作成が済んでいるか確認したい方は、以下の手順で確認してください。

ホーム画面から「Learn more」をタップします。

以下のような画面が表示されたら、専用ウォレットの作成は完了しています。

あとは、トークン交換イベント(TGE)が実施されるのを待ちましょう。

【追記】専用ウォレット作成後は以下の内容を必ず確認してください。

専用ウォレットの作成後は、「SWEAT WALLET」という専用のウォレットアプリをインストールして連携しておきましょう。

このアプリをインストールしていないと、せっかく稼いだSweatcoinを換金や運用できなくなりますので、忘れずに設定するようにしてください。

SWEAT WALLETのインストールとSweatcoinとの連携方法は、以下の記事で解説しているので参考にしてください。

あわせて読みたい
【Sweatcoin】SWEAT WALLETアプリの作り方・連携方法や特徴を解説 ・Sweatcoinのウォレットってなんのことですか?・SWEAT WALLETでは何ができるの?・SweatcoinとSWEAT WALLETの連携方法を教えて欲しい。 このような疑問にお答えします...

補足:日本円に換金するには国内取引所の口座が必要

獲得した「Sweatcoin」は仮想通貨の「SWEAT」と交換できる予定ですが、上場後にSWEATを日本円に換金する場合は「仮想通貨取引所の口座」が必要になります。

上場後にSWEATをすぐ日本円に換金したい方は、今のうちに取引所の口座を開設しておきましょう。

はじめて取引所の口座を開設する初心者の方には、利用者数も多いをおすすめしています。

今ならお得なキャンペーンを実施していますので、是非この機会にコインチェックで口座開設して「特典のビットコイン」を受け取ってください。

はじめてのビットコインならコインチェック

今なら、口座開設&入金完了で1,500円分のビットコインがもらえる!

コインチェック

コインチェックがおすすめの理由

  • 初心者にも見やすい&使いやすいアプリ
  • ビットコインが500円から購入できる
  • レンディングや積み立てなどサービスも充実
  • 話題のNFTもコインチェックなら購入できる

ちなみに、以下の記事では上場後の価格を個人的に予想していますので、気になる方は参考にしてみてください。

あわせて読みたい
Sweatcoin(スウェットコイン)上場後の価格予想はいくら?日本円への換金手順も考察 ・Sweatcoin(スウェットコイン)が上場するらしいけど、価格はいくらぐらいになるの?・いつごろ取引所に上場されるんだろう?・日本円に換金するにはどうすればいいの...

まとめ:Sweatcoin(スウェットコイン)は安心して利用できるアプリです

今回は、Sweatcoinの収益モデルや信頼性について検証しました。

最後に本記事の内容をおさらいしておきます。

本記事の要点

  • Sweatcoin(スウェットコイン)は以前からアプリで成功している
  • Sweatcoin(スウェットコイン)の収益モデルは「広告収入」と「有料プラン」
  • Sweatcoin(スウェットコイン)は国営機関やVCからも認められている

Sweatcoinは明確な収益モデルがあり、世界中で多くのユーザーが利用しているアプリなので安心して利用できます。

今後は仮想通貨「SWEAT」の上場も控えているため、まだSweatcoinを利用していないという方は今からでも遅くありません。

以下のボタンから5分程度でセットアップできますので、是非この機会に「歩いて稼ぐMove to Earn(ムーブトゥアーン)」にチャレンジしてみてください。

Sweatcoin以外の歩いて稼げるアプリが気になる方は、以下の記事も参考になると思います。

ステラウォークの始め方については、以下の記事をお読みください。

あわせて読みたい
【どれくらい稼げる?】歩いて稼ぐアプリ「ステラウォーク」の始め方・稼ぎ方 ・初期費用なしで歩いて稼げるアプリはないかな?・無料版のSTEPNみたいなアプリってありますか?・ステラウォークってどれくらい稼げるの? このような疑問にお答えし...

運動仮想通貨げるMOVN」の始め方については、以下の記事をお読みください。

あわせて読みたい
運動して仮想通貨を稼ぐ無料アプリ「MOVN」はどれくらい稼げる?始め方や稼ぎ方を解説 ・歩いて稼げるアプリを始めたいけど初期費用が高いな…・無料で始められるM2Eアプリはないかな?・MOVNってどんなアプリ?稼げるの? このような疑問にお答えします。 ...

arucoの始め方や換金方法については以下の記事にまとまています。

あわせて読みたい
歩いて仮想通貨を稼げる無料アプリaruco(アルコ)はどれくらい稼げる?始め方や換金について解説 ・歩いて稼げるアプリが人気だけど初期費用が高いな…・無料で始められるM2Eアプリはないかな?・aruco(アルコ)ってどんなアプリ?稼げるの? このような疑問にお答え...

また、歩いて稼ぐアプリの安全性については、以下の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
歩いてお金を稼ぐアプリは安全なのか?仕組みや併用可能なおすすめアプリも紹介 ・歩いて稼げるアプリって怪しくないの?・どういう仕組みで稼げるのか分かりません。・おすすめの歩いて稼げるアプリを教えて欲しい。 このような疑問にお答えします。...

同じくゲームで仮想通貨を稼げる「放置型NFTゲーム」については、以下の記事をお読みください。

あわせて読みたい
【放置で稼ぐ】最新のおすすめNFTゲーム5選と始め方を解説【収入の自動化】 ・放置してるだけで稼げるゲームがあるって本当ですか?・たくさん種類があってどれを選んだらいいのか分かりません。・おすすめのゲームや稼ぎ方を教えて欲しい。 この...

また、今回紹介したSweatcoinは「歩いて稼ぐ」Move to Earnですが、歩いた後は「寝て稼ぐ」Sleep to Earnもおすすめです。

詳しくは以下の記事で解説していますので、興味のある方は是非お読みください。

あわせて読みたい
Sleep To Earnとは?特徴や始め方・おすすめゲームアプリまで解説 ・Sleep To Earnってなんですか?・寝るだけで稼げるって本当なの?・自分にもできるのか気になります。・おすすめのSleep To Earnゲームを教えて欲しい。 このような疑...
あわせて読みたい
寝るだけで仮想通貨を稼げるSleep Future(スリープフューチャー)の特徴や始め方を解説 ・Sleep Future(スリープフューチャー)ってどんなアプリ?・寝てるだけで稼げるって本当ですか?・評判や将来性はどうなのかな?・どうすれば始められるのか教えて欲...
あわせて読みたい
【寝て稼ぐ】Sleepagotchi(スリーパゴッチ)とは?特徴や始め方・稼ぎ方を解説 ・Sleepagotchi(スリーパゴッチ)ってどんなアプリ?・寝るだけで稼げるって本当なの?・評判や将来性はどうなんだろう?・ゲームの始め方を教えて欲しい。 このような...
あわせて読みたい
【寝て稼げる】SleeFi(スリーファイ)とは?仕組みや特徴・始め方を解説 ・SleeFi(スリーファイ)ってどんなアプリですか?・寝るだけで稼げるって本当なの?・評判や将来性はどうなんだろう?・SleeFi(スリーファイ)の始め方を教えて欲し...

今回は以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

仮想通貨のミカタでは、「仮想通貨やDeFiに関する情報を初心者の方にも分かりやすく」発信しています。

これからも有益な情報をお届けできるように頑張っていきますので、応援していただけると嬉しいです。

この記事が参考になったら、ぜひシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次